スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

車山で脳内トレ体験(*^^)v 

カテゴリ:レジャー・遊び場

友人の脳トレ体験の取材に、モデルとして
長野県の霧が峰の主峰、車山まで着いていった。

脳トレはゲームがたくさんあるし、話題になっているけど、
車山には、脳ゲームとトレッキングをあわせた
脳トレーニングツアーなどというのもあって、
これができるのは日本で、車山と近隣の観光施設合わせて3箇所しかない
ということで、観光の目玉にしていきたいという話だった。

プログラムは第1回目ゲーム→ 車山自然体験ツアー(2時間程度)→ 
お茶の時間(ハーブティ)→ 第2回ゲーム。

自然がストレス解消にいいといわれるのは昔からだが、
それが数値として証明されてきたのがこのごろで、
車山の脳トレはそれを実体験できる、というわけだ。

普通、第1回を受け、散策をしてリフレッシュしてリラックスすると、
たとえば、脳年齢が45歳だった人が、30歳になったりする。
散策を楽しんでぐっと年が若返るのは女性に多くて、
それは好奇心旺盛で、あはは、おほほやるのがうまいからだと、
施設の人は言っていた。

私もまず第1回をやってみた♪ もともとゲームが苦手なので、
とても恥ずかしかったのだけれど、意外な展開に↓

DSCN1835.jpg


一緒に行った友人も、やはり27歳(実年齢は4#歳)。

案外ゲームは真剣にやってしまうので、集中力が必要で
かなり疲れる。

ゲームの後は、車山のトレッキングである。
渋い俳優のようなガイドさんにくっついて、リラックスの散策にでた。
今年は紅葉が遅いといっていたが、ここではずいぶん赤や黄色の
葉が目立った。車山には、日本で最南端の湿原があり、
霧が切れたときに眼下に広がる草もみじが優雅だった。
ここだけでも700種類以上の植物があるということで、
深みのある色が重なっていて、ペルシャじゅうたんのようであった。

DSCN1819.jpgDSCN1830.jpg


トレッキングのあとは、脳はリフレッシュしたが、
足はかなりダメージが来て、ガクガクである。

そして第2回のゲームに入る前にティタイム。
これは、企画をスタートしてあとから加えたものらしい。
はじめ、昼食前にプログラムをおえてしまう人の第2回目の成績が
どうしても上がらなかったので、原因を考えたところ、
原因は「空腹」。なので、2回目ゲームの前には糖分を取るようにした
ということだ。

で、第2回目テスト。↓こんな感じ
DSCN1832.jpg


で、テストの結果はなんと31歳
もう一人は、23歳にアップ。
(ここで、同行したカメラマンさんが初めて受けたところ、なんと…61歳)

友人は、モノごとに動じないと推測され、
私は、かなり2度目にいい成績を出さないといけない、と
プレッシャーを感じたのだろう、と言われた。
(カメラさんは、散策中、撮影をすることで疲れたのだろうと、
慰められていた)

私は、2度目のゲームはかなりリラックス度が高く
気軽にできて、6種類のうち、3,4種類は前よりスピードもあがり、
間違えも少なかった。でも、あまりにほよほよとしてしまい
記憶力を試すゲームがいけなかった。

グラフの形を見てみて欲しい。
DSCN1838.jpg


1回目より、判断力は伸びた一方で、注意力、記憶保持力が落ちている。
まさに地が出た、といった感じである。
リラックスにもほどがあるということだ。

脳トレは今の脳の健康診断といったもので、
理想は20歳。年をくっていたら、若くなるように努力すればいいのだ。
努力の仕方は、いつもと違うことをするようにする。
たとえば、歩きながら前方にあるかんばんを逆から読んだり
踏み出す足と前に振る手を、右なら右、左なら左、と同じにするとか
(ちょっとはずかしいけど)。
それから、ケラケラ笑うこととか。

あなたの脳は何歳くらい? 
ちなみに、車山のスタッフのおじさま方(推定年齢60~65歳)は、
つねに20歳だとか。これはゲームへの慣れもあるが、
毎日好きなことをしているから、ストレスゼロ状態のため。
(↑と説明を受けた)
このご時勢になんて幸せな


秩父は長瀞ピクニック 

カテゴリ:レジャー・遊び場

日記が前後してしまったが、
日曜日にゾーのミャンマー人友人夫婦と、M人友人親子と、うちの家族で
荒川の岩畳が有名な
秩父の長瀞に遊びに行った。

DSCN1804.jpg


好天に恵まれたこの日、車には大人5人と子ども4人が乗り込み
ぎゅうぎゅうのミャンマームードであった。
関越の花園インターから一時間かからず長瀞に到着。
子連れの日帰りピクニックにはなかなかいい具合の距離である。

長瀞駅周辺の駐車場に車を停め、
みやげ物屋が並ぶ路地を抜け、炎天下の岩畳。
日曜で晴天とあって、カヌーや、川くだりを楽しむ観光客も。

私は、デジカメを持ってきたのに電池を忘れ、
土産屋で、電池を買おうとしたら、また夫が「いくらだ? え?」と
にじり寄ってきてた。…一発触発。しかし本日は不発で終わり。
単三電池2本で350円なり♪

それから岩畳の木陰に陣取って、
土産屋からいろいろ食べ物を買って来て広げた。
ミャンマー人の奥さんの希望で、
カキ氷
浅漬け(きゅうり、なす、みょうが)
焼きダンゴ(→醤油が嫌いということで、味つけなしの白だんごも)
焼きとうもろこし
鮎の塩焼き
などをほおばった。不評だったのは、砂糖醤油のダンゴのみ。
味のついていない白いダンゴは私以外のみんなが喜んで食べた(~_~;)

デザートは、奥さんが作ってきてくれたターグーピョウというもので、
タピオカに白玉と、サツマイモが入ったものを、
ココナツの汁と、ヤシ糖、砂糖で甘くしたものを食べた。


2時間ほどピクニック気分を味わって帰途に着く。
お土産には秩父名物の漬物、しゃくしな漬。
これもM人奥さん、気に入ってくれた。

104_isikawa01.jpg


おいしいよぉ、と勧めたものが口に合わないと、
ミャンマー人は「嫌い」とはっきり言うので、
勧めるものは、これまでの経験値から、ミャンマー人が
好きそうな物を選ぶ。気に入ってもらえると
ほっとするものである。

そうだ、黒糖干し梅も、おいしかった。コレはおススメ。

hoshiume2.jpg


長瀞は、大好評だったので、場所決めをした私はこれまたほっとした

ただ、友人夫婦が楽しみにしていたぶどう狩りは、
「もう終盤だからどれも熟して甘い」と店の人の言葉に反し、
イマイチだったのが心残り。来年は勝沼だ

赤城山でようやく気分転換 

カテゴリ:レジャー・遊び場

DSCN1668.jpg


なんだかんだ忙しく、「もうどこにもいかないでいいよ」と
投げ出したい気分になっていたゾゾのお尻を叩き、
ようやくちょっと遠くにドライブに出かけたのは群馬の赤城山
練馬インターから関越で赤城ICまでおよそ1時間半。
そこから緩やかな上り坂を上がること30分くらいで
カルデラ湖の大沼に着く。
温度は21度。すずし~く、風が吹いたら寒いくらいだった。

ここでお土産を買い、釣をし(1匹、ゆうりがゲット!)。
昼の時間が近づくと、湖畔はバーベキューを楽しむグループで
いっぱいに。バーベキュー日和であった。

私たちは、前橋市に下ってドイツ村でソーセージを食べることにした。

大沼から車で5分くらい下ると、小沼がある。

DSCN1676.jpg


大沼より小さく静かな池。
夏なのに、ここだけしんと秋のようなムード。


赤城高原牧場ドイツ村クローネンベルクは、
ドイツの町並みや、ドイツ仕込の料理が味わえるのが目玉だというので
立ち寄る。

バーベキューはセルフサービスで、好きな肉野菜、飲み物を選んで食べる。
売り物のソーセージは、確かに美味。ジューシーで、しつこくなく、
お代わりをした一品であった。


牧場とはいえ、雰囲気は小山の中に遊び場が点在する
西武遊園地っぽいのだが、エンジン付ゴーカートや、
ボンバー砲、アーチェリーなど、ちょっとしたスポーツ施設(?)が
あるのがおもしろい。ゾゾも私もアーチェリーの初体験をし、
つくづくロビンフッドのすごさに感じ入った。

DSCN1694.jpg


しかし、私たちをイラだたせたのが入園料。
大人1000円、子ども500円払って入園して、またレジャー、食事で
当然別料金を払う。
しかし、しかしである。5時からの入園者はゼロ円。
しかも、花火つき。
私たちが入ったのは、3時半。しかも、料理を食べているうちに
羊追いのイベントや、乗馬体験は終了。
しかも、花火大会を行うため、入場不可能な場所が大半。
それをきちんと入園時に説明されなかったので、
ゾゾも不満、私もちょっと不満。なので、クレームを言いました。
すると、こういう客が多いのだろう、
すぐに、「はいすみません」と係員は言って、
「返金はできませんが、招待券を差し上げますので、
またきてくださいね」ですって。

もし行かれる方があったら時間、遊べるエリアを確認してから
どうぞ。
でもホント、ソーセージはおススメです♪

帰宅したのは、夜9時。
疲れていたのだけど、
「楽しかった人~!?」というと、子どもたち+ゾゾが元気に
「は~~~~~い!」。

ゾゾはことさら、
「今日子、よかったよ、赤城は。
こういう旅行をすると、また働こう、って気になるよな」って
大満足のようである(というか、実は涼しければゾゾは幸せ、なのである)。

赤城山・大沼は紅葉が有名で、10月中ごろが
見ごたえがあるそうですよ。行ってみようかと思っている。

と、まあ、
山越え、谷越えで、やっと山一つ越えた、って感じ?

毎年恒例のイチゴ狩りレポート 

カテゴリ:レジャー・遊び場



ほほ~♪
おいしそうでしょう、おいしかったです!
秩父の横瀬というところに、毎年1月末にイチゴ狩りに行くのですが、
今年は特に豊作で、幅が5センチもあるような大振りな「とちおとめ」が
まっかになっていました。
P1010403.jpg

ここは、いつも行く「みかど農園」というところのハウスの中。
 
P1010415.jpg

(写真:ゴッドハンド・Yさん提供)

好きなだけ食べて満足した後は、腹こなしの「餅つき」です」
参加者(イチゴ狩り&食事付=2600円コース)が20人以上になると、
お餅つきが無料になって(20人以下だったら7000円)、
大人も子供もみ~んなでペッタン、ペッタンを楽しんだ後、
自分の手でイチゴ大福なんかを作ったり、
カラミ餅、きな粉餅なんかをほおばります(*^_^*)

それが終わると、ジンギスカンのバーベキュー。
「え~、そんなに食べられな~い」と思うでしょ?
私たち参加者も毎年、そう思うのだけど、
またジンギスカンがおいしくて野菜いっぱいなので、ついつい
箸は進み、すべて食べきります。

毎年恒例で行くこのイベントは、0歳から2歳までの子を預かってくれる
乳児園のときの仲間。
気の合うママと子供たちが集まったせいか、そのころの子が8歳になった今も、
時々会ったりします。
とはいえ、学校も別々であまり多くのイベントも企画しなくなったのだけど、
大人も子どもも楽しくて、おいしいこのイチゴ狩りのイベントは、
まだまだ続ける予定♪

グループでなくてももちろんファミリー、個人でも行けるので
おススメで~す!

年末のサマーランド 

カテゴリ:レジャー・遊び場

DSCN1181.jpg


今年はゾゾの連休が取れず、泊まりで遊びに行けなそうなこともあり、
近場で遊ぼう、ということで、
また、関越→圏央道でサマーランドに行った。
子どもも前々からプール、プールと騒いでいたので大喜び。

サマーランドは、当然閑散期なので、
駐車場も、更衣室も、プールもガラガラ。
プールの滑り台も滑り放題、屋外の乗り物も1秒も待たずに乗り放題、
というか、ほとんどプライベートプール&遊園地のノリであった。
でも思ったよりは人はいた。
「年末に、八王子までプールに来る人なんかいないよね」と
思いながらやってくる人が、私たちのほかにも、けっこういた、というわけ。

でも、プールの水も比較的きれいだったし(閑散期だったからかな?)
子どもも十分遊べる作りになっているし、1歳前後の子も楽しめる
ベビーエリア、その上の、2,3歳の子も遊べるというように、
全部の年齢を考慮して作られた作りがいい。
地下には洞窟を模した温泉風のプール(??)もあり、温まったりもできる。

まあ、巨大ではないけれど、私たちは半日たっぷり楽しめた。

また意外なことに、売店で売っているチキンバッグ(500円)が
ケンタッキーフライドチキンのようにカリカリに揚げられてて
おいしかったし、クレープ(400円)は具やクリームがたっぷり入って
味もよかった。レジャー施設での売店での食べ物には
うんざりすることが大半だけれど、ここはかなり高得点でした♪

ゾゾは、スライダーを8歳のみかこと一緒に繰り返し滑っていた。
「ミャンマーでは、こういう遊び場がないからやったことなかったけど、
おもしろいなぁ。さ、みかこ、もう一度行くか!」みたいに。

そして、天井を支える柱が一本もないのに、
巨大なドーム型になっている屋内プールの構造をしばし見上げて、
「こんなに人が入らないのに、こんなに巨大なものを作って…。
真冬だから暖房代だって相当なものだと思うよ。利益、でるのかな…?」
と頭を悩ますゾゾ。確かに、ほんと、そう。
お店の人に「夏は混むの?」と聞いたら、
「そうだね、夏だけだね、今は」と苦笑い。
でも、寒い時期に、フリーパス券(4500円)を買って来よう、と
思うほどの魅力が…いまいちなのかもねぇ。もったいない。

でも、私たちは閑散期の味を占めて、
来年も年末サマーランドにしようか、なんて楽しみにしてます♪



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。