タンタン かっこいい!! 

カテゴリ:ドラマ・映画

早稲田松竹の2本立て、
本命は「長ぐつをはいたネコ」だったのですが、
「タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密」すごかったです。

原作は、ベルギーの作家の『タンタンの冒険旅行』シリーズ。
これをスピルバーグがモーションキャプチャという技術で作ってるんですが、
迫力満点。モーションキャプチャというのは、
俳優の動きをデジタル的に記録して映像にしていくらしいんですが、
「アバター」もそうでしたが、
タンタンは、アニメなのか、現実なのか、区別がつかないような不思議な感じ。
パイレーツオブカリビアン的な雰囲気も。

という技術的にも素晴らしかったのですが、
なんといっても勇敢でひるまないタンタンの男らしさにパンチをくらいました。
とことん追及したい好奇心、怖じ気づかない強さ、あきらめない根性。

息子にタンタンの髪型をさせようと思っているバカ親です


タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密 ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密 ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]
(2012/04/16)
ジェイミー・ベル、アンディ・サーキス 他

商品詳細を見る

長ぐつをはいたネコ  

カテゴリ:ドラマ・映画

早稲田松竹で2本立て。
息子を連れて見にいく。
小学生の子供を同伴している場合は、大人も800円。それで2本♪
今日は両方とも見たいと思っていた「長ぐつをはいたネコ」と
「タンタンの冒険ユニコーンの秘密」。

「長ぐつをはいたネコ」は「シュレック」に登場したネコが主人公で、
吹替えは竹中直人さん。もとはアントニオ・バンデラス(これも見てみたい)。

吹替えがうまいからだと思うんですが、
ネコのプスのアップのときの口の動きに、不自然さがないんです。
「ここ原文はどんなだろう」という英語の言葉遊びらしい部分も、
とっても自然でおもしろい。オススメです!

長ぐつをはいたネコ ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]長ぐつをはいたネコ ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
(2012/07/20)
アントニオ・バンデラス、ザック・ガリフィアナキス 他

商品詳細を見る



臨場感大爆発のIMAXシアターで「MIゴーストプロトコル」 

カテゴリ:ドラマ・映画

モスクワ、ブダペスト、ドバイ、インド。巡ってきました。
ブタペストで仲間がやられ、
モスクワではクレムリンの爆破に巻き込まれ
ドバイで超高層ビルのダイビングをし、砂嵐に飲み込まれ、
インドの雑踏を駆けました。

まったくもってすごい臨場感。

ユナイテッドシネマのIMAXシアターというのは、
前方画面全面がスクリーンになってて、
3Dさながらの臨場感で大迫力が楽しめます。
3Dメガネがいらないのは、楽ですね。
各都市も、その場の暑さや、匂いまでが伝わってくる感じ。
砂あらしに至っては、おもむろに手で口を覆ってしまう始末。

ミッション・インポッシブル/ゴースト・プロトコル

トム・クルーズがどこまでも駆けます。
諦めずに追いかけまくる姿に心をわしづかみされます。

単純にアクションを楽しみたい人おすすめです。
渋くなったトム・クルーズも相変わらずいい男♪

字幕は戸田奈津子さん。
さすがにうまいですー。

しかし、さすがに歳を感じます。
2時間半テンション高いままですから、見終わったらクタクタ。

映画を見るというより、アトラクションに参加したという感じの方が近いかも。
特に、この映画は、次々、インポッシブルなミッションが重なりますからねー。

しかし、次にみたいのは、やはり「アメイジング・スパイダーマン」。
予告編だけでもスゴかったです。
ピーターを演じるのは、アンドリュー・ガーフィールド。
「ソーシャル・ネットワーク」で、
マーク・ザッカーバーグと組んだFacebookの共同設立者を演じた彼。

カッコいいです~!

食欲の秋、映画の秋: 「猿の惑星~創世記」 

カテゴリ:ドラマ・映画

猿の惑星~創世記ジェネシス」を観た。

ちょっと前に「127時間」で話題になった
ジェームス・フランコが主演。
といってもヒーローはチンパンジーのシーザー。

昔の「猿の惑星」の創世記として描かれた映画だそうですが、
いやほんとに見事なチンパンジー。
それが、パフォーマンス・キャプチャーという手法のCGの一種らしいんだけど、
さすがに本物には見えないけど、かなりリアル。

というのも、最後のエンドロールを見るとわかるように、
それぞれの猿を実際に俳優さんが演じてるんですね。
それを、CG化してるんでしょうか。もうハイテクすぎて、
年寄にはついていけません。
詳しい作りかたがアバターのサイトにあったんで、
御興味がある方は、見てみてください。
パフォーマンス・キャプチャーの作りかた:アバターのオフィシャルサイト
このなかの特別映像、パフォーマンス・キャプチャーを見てみてください。
手間がかかってるんですね。

人間たちに虐げられたチンパンジーが
サンフランシスコを占拠する姿は恐ろしいものがありました。

だって実際に、クマやイノシシがハイカーや民家を襲うとか、
対1頭だって恐ろしいのに、巨大で武器を手にしたチンパンジーが群れになって
町に下りてくるんですから。そりゃもう。

それもすべておごった人間たちがまいた種によるものだけど。

ヒロインのキャロラインちゃんがかわいいーと思っていたら、
やっぱし「スラムドッグ・ミリオネア」のヒロインでした。

↑↑ これ、すっごくオススメですよん。
一途な愛が生み出す奇跡の物語 
最初から終わりまで目が離せません!!