スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピアノとフローリングって、同じってわけか 

カテゴリ:これってあり? な夫の話題

私は趣味で、今年ピアノを始めた。で、「大人のためのピアノ教本」というテキストのレッスン曲を
早朝とか、夜中とか、料理の煮込みの合間とか、みんなが集まる食事の前とか、
食事を早く食べ終わっちゃったときにとかに、練習している。

ゾゾ(夫)や子どもたちは、私が何度も弾くもんだから、
メロディーと、曲名を覚えて、テレビなどでBGMに流れていると
「お、カノンだ!」とか「ドナウ川だ!」とか言えてしまう。
(すごいね♪ ちょっと、英才教育っぽい

この次のレッスンのためにここのところ連続して弾いているのが、
ノルウェーの国民的作曲家グリーグという人の曲で
山の魔王の宮殿にて」という幻想的な曲(momo-mid.comさんのサイトから)。
スタッカートで弾くのが難しくて何度も何度も弾くと…

「今日子ほどの人(ゾゾはいつも私のことをデキル女と言ってくれたりする♪ ふざけてるが)が、
そう何度も何度も弾かなければいけないってことは、
ピアノはかなり難しいものなのだな」という。

「そりゃそうよー、初心者だし、レッスンで合格しないといけないし」

「いや、だからボクも、フローリングがうまくなるためには、何度も場数を踏まないといけない、というのと同じことだと思ってさ。ピアノも、フローリングも、いや、みんなそうだけど、
うまくなるには、大変な練習が必要というわけだよ」

なんて、一人納得しながらしゃべっている。
彼は、あることを、自分に関係する事柄に結び付けて考えるのが好きで、
別に何ということのないことを、お説教くさく語ったりする。
(ちょっと今他の例が思い浮かばないけれど…)
今日も、なんで、グリーグの曲が、フローリングになるわけ…?と
途中で、コケた。

スポンサーサイト

コメント

いやいや、うまくなるには何でも練習が必要ですよ。
ゾゾの言うのは正論だと思いますが・・・。
確かにピアノもフリーリングも一緒か?
って言われると内容が違うので、「???」が
飛びかう気もします。
でも心根は一緒ということで。(笑)

ピアノかぁ、いいなぁ。
私は音符を読めない人なので、音楽が出来る人って尊敬します。
いつか弾いてみせてね、楽しみにしています♪

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。