傷の手当て、消毒とガーゼは厳禁ですって! 

カテゴリ:今日のできごと

包丁で指を切ったり、転んでひざをすりむいたら、消毒をして、
バンドエイドを貼ったり、ガーゼを貼って包帯を巻くのが常識って、
思ってますよね?!
でも、それ、実は傷を悪化させる最悪の治療だったんですって。
長野の治療センターのセンター長夏井睦先生の
ホームページを見るとくわ~しく解説されていますが(新しい創傷治療
消毒は、自然治癒を促す成分を殺してしまって、滅菌どころか、化膿させるし、
ガーゼは、傷口を乾燥させたり、交換時に新たな傷を作っちゃうんですって。

傷が治るときのじくじくしている様子が、実は健全な体の反応で、
それをラップで覆うことで、じくじくが盛んになって、
傷がどんどん治り、痛みもなく、傷跡も少なく、早く直る、とか。
ひどいやけどで、皮膚移植しかないとわれた患者さんなんかも
この療法で全然きれ~いに直っちゃうそうです。

今日はこの夏井先生の特別講演を聞いたのだけど、
いや本当に、目からうろこがボロッて感じで、
不適切な治療を受ける患者の悲惨さを思い知り、
医師や病院、治療法を患者自身がしっかり選ぶべきだということを改めて感じた。

娘が3歳のころ、保育園で遊んでいる最中にまぶたの上を
滑り台の角にぶつけて切ったことがあった。
そのとき連れて行かれた整形外科では麻酔もなしに、
看護婦と保育士が娘をがんじがらめにして、まぶたの上を4,5針縫った。
私は同席させてもらえず、待合室で泣きわめく娘の鳴き声を聞いて泣いていた。
この夏井先生のいるセンターでは、縫わずにテープで止めるという治療をしており、
2歳の子どもの治療も痛みなしに済ますという。
それでも数日後にはほぼ傷が閉じている。
私は、それを知っていればどれだけ娘の治療が軽くすんだかと
胸が痛んだ。

傷の治療に大切なのは、消毒をしないこと、乾燥させないこと。
傷口を水道水で洗って、白色ワセリンを塗ったラップを貼って包帯を巻く。
(クレラップより、サランラップのほうがいいそうです)
カンタンな治療法なので、知っていれば
子どもの擦り傷や、切り傷に適切な処置ができるし、
病院で誤った治療を受けることを避けることができる。
(医師の治療を拒む勇気があればだけど…)

ちょっと前にゾゾが電動のこぎりで指を切ったら…と怖がっていたのだが
指を切断した人の例も取り上げられ、
なんと、第一関節から上を切り落とした人の指が、
数週間後にはほとんどもと通りに指が再生していた! あぜん
人間の治癒力というのはすごい! 
さっそく家に帰ってゾゾ(夫)にも話しておいた。
緊急事態でも消毒とガーゼの治療は受けないように、と。

この講演は、「城北・埼玉南部耳鼻咽喉科学術集会」の特別イベントで、
参加者は、耳鼻科の開業医の先生方。なので、みなさん豊かさを物語るような
上質なジャケットやワンピースを着たおじさま(おじいさま)やおばさま(おばあさま)が
大勢いらっしゃってて、ちょっと緊張してしまった

しかし、「新しい創傷治療」の夏井先生の話は本当におもしろくて、ためになって、
医療に携わる人たちだけでなく、もっと普通に人たちにこそ聞かせてほしいものだと思った。
少年マガジンの超人気連載「ゴッドハンド輝」の作者は先生のお友達ということで、
この新しい治療法なども話に反映されているのだとか。
ちょっと読んでみよう~っと♪

とりあえず、まずはこの治療法、知っておいて絶対損はないはず!
ご自分がけがしたときのために、と思って、
サイトを覗いてみてくださいね。

スポンサーサイト

コメント

えー!!!!

びっっくり!
最近の出来事の中でいちばん驚いたかも!!
今まで信じてたことっていったい!?
常識ってなに!?

友達の旦那さんでオキシドールにかぶれちゃうっていう人がいて、消毒しようとすると余計傷がドロドロになって悪化してしまうんですって。

その話を聞いた時はそんな人もいるんだなーくらいにしか思わなかったんですが、それって正しい反応なのかもしれないですね。

読んでて興奮しちゃいました(笑)
今日子さんありがとうございます~!

今更なコメントですが、私も消毒液にかぶれたことがあります。昔、ピアスを空けたときに、「ちゃんと消毒してくださいね」と言われてしていたら、耳たぶがじゅくじゅくに...。
ふさがってしまってずっとしていなかったのですが、去年空け直したときは、前回のことを思い出して、消毒薬は付けずに(だけど不潔にはしないように気をつける)いたら、キレイに空きました。
なんでもかんでも消毒すればいいってもんじゃないんですね。

バンビさん
最近、保育園なんかでも消毒はしないで、という
プリントが配られて、へえーと思ったんですけど、
上記で紹介したセンセのページ、それから、
講演を聞いて症例をバンバンみたときには
本当にびっくりしました。

彗星さん
私も思い出しました、そっくり同じ経験しましたよ。
あれは消毒のせいだったんですね(いまさら…)。
私もピアスの穴が、今でも時々ぐじゅぐじゅする
体質なんですけど、
今は、傷ややけどにいいステロイドをちょいと
塗っちゃうんですけど、
本当はよくありませんね。
この次は私も放っておこう。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)