スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自転車同士の衝突事故 

カテゴリ:これってあり? な夫の話題

ふだん自転車で会社まで行っている夫から、家から出て15分くらいして携帯に連絡が来た。

工事現場の壁があったため、視覚が遮られて、左側からきた自転車が見えず、直進しようとした夫の自転車の前輪に衝突。
夫は、なにか荷物を載せていたということで、バランスを崩し、倒れこんだという。

相手は夫が起き上がるのを確認して、去って行ったという。
夫は「大丈夫ですか」と声をかけたが相手は無視して行ってしまったと。

起き上がって、自転車にのろうと思ったら、前の車輪がゆがんでいて、走れない。
で、「会社にも間に合わない、どうしたらいいか」という電話だ。

もちろん会社に電話するように言い、会社の人が車で迎えにきてくれて、出勤はできた。

社長が、そういうときは相手を止めて、名前連絡先を聞かないといけないと教えてくれたらしいが、夫はもう、遅刻してはいけないというのと、倒れたショックもあって、パニックしていたんだろうな。

体は大丈夫かと思ったらやはり、倒れる自転車を支えた足や手、腰が痛いという。

もしこれで大きなケガでもしていたらどうなるんだろう?
やはり本来ならそこで相手を止め(止めて、というより普通止るよね)、連絡先を聞くのが大事だろうな。
この間は、まあ自転車対人だけど、子どもが老人に自転車でぶつかって賠償金1億円という例もあった。
まったく夫が動けない体になったら、こども2人はこれから大学だし、大変なことになる。

この間まで、車があって、自動車の任意保険には、車に乗っていなくても、自転車などで人にケガをさせてしまったときなどの保証を、オプションでつけていた。
でもこの間、車を手放してしまったので、そういうのが、ないのである。
どうしようか、考えていた矢先である。保険屋さんに聞いてみないといけない。

会社から帰ってきた夫は、痛そうに足を引きずっている。

病院にいったほうがいい、といっても通院するのが面倒だから行かない、というし。

すごいのは、曲がって、もう走れないとみんながいう壊れた自転車を直そうとしていることである。

会社の同僚達が「新しいのを買った方がいい」というのにはまったく耳を貸さず、部品を買うとか、車輪を引っ張ったりして直そうとしている。
部品といっても4000~7000円。
それでも、高い、といって譲らない。もうこういうところは、私たちの間にはぶ厚い壁がある。

私も7000円で部品が買えるならさっさと買って直してしまうだろう。

でも、夫はそれがたとえ3000円でもお金を出そうとしない。

「自転車屋に持って行ったら、車輪を替えるように言われたよ。自転車屋は何のための自転車屋なんだ? 日本の修理は修理じゃない、ただの交換だ。」と憤慨している。

というわけで、今度の休みにミャンマー人の友人と直すらしい。
お友達も付き合わされて気の毒だと思うのは、私だけかな。。。

明日、あさってになって、体が動かないなんてことにならないことだけを願う。

ブログランキングに参加しています。
ぽちっとしていただけると更新の励みになります<(_ _)>
 ↓

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

Re:自転車同士の衝突事故

相手の人には良心のかけらもなかったんですね。
自転車の事故も場合によってはオオゴトになっちゃいます。
明日になって怪我が痛んだりしませんように。ぜひ病院には行ってもらいたいところなんですが、ご主人さまは嫌がるでしょうね(~_~;)
自転車の修理がうまく出来ますように、、、

Re:自転車同士の衝突事故

ぽちっと主婦さん

ご心配ありがとうございます。
やはりたくましい、というか、財布のヒモは決して緩めないというか。。。
痛いところを子どもに踏ませて「よくなった」と言っていました。
本当なのかな。。。
自転車、今日直すと言っていますがどうなのかな(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。