スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミャンマー流 恨み、仕返しの方法は? 

カテゴリ:ミャンマー(ビルマ)の話題


ネイマールに骨折を追わせた選手に、強迫状などが届いているというニュースを見た。

私も、この選手、襲われるんじゃないかと思っていた。やっぱり保護の対象になったんですね。

この間、ヤジを飛ばした議員の事務所の入り口に、生卵が投げつけられたという記事もありました。
私も、夜中に爆走するバイクに生卵をぶつけることができたらどんなに幸せだろうと思うことがあったので、生卵に込められた思いが分かる気がする。

冷蔵庫に垂れてしまった生卵が乾くと、なかなか落ちないので、後処理も大変である。

と、ネイマールのニュースを見ながら家族で話していたら、

「でも生卵はミャンマーでは貴重だから絶対投げたりしない。
投げたら、貧しい人がうわーっと集まってきて、卵の黄身だけすくい取って焼いて食べる」と夫。

高いといっても生卵は10円くらいである。が、それを安いと思うのは日本人と、裕福なミャンマー人かも。

で、誰かを非難したり、恨みをぶつけたりするのにどんな方法をとるかな、と考えた。

日本では事件として火をつけたり、刺し殺したり、過激になるとそうなるけれど、その一歩手前だとどうだろう?
無視、仲間はずれ、今ならネット上への書き込みとか、村八分?
ウソの噂を流したり、ものを隠す、というのもありますよね。

ミャンマーではどうか、と夫に尋ねると、近所じゅうに悪口を触れまわったり、それ以上になると面と向かってケンカする、ということだった。

「昔、タウングー(という町が国の中央あたりにある)で聞いた話は、人のウンコを嫌いな人の家の前に置く、ということかな。野良犬や猫のウンコもあるけど、人のは汚いから、嫌がらせといえばそんな感じかな」ということ。

確かにイヤである。

だが、あまり例はないようだ。まだ近所づき合いが濃い国だから、あからさまな態度で相手にこちらの思いをぶつけるのがふつうのようだ。実際はわからないけどね、夫が知る範囲のことだから。
女性に話を聞けばいろいろと出てくるはずである。

ネイマールの腰が早く治りますように!

ブログランキングに参加しています。
ぽちっとしていただけると更新の励みになります<(_ _)>
 ↓

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。