中国へGo! Part4 ~ 福州とアモイ、コロンス島編 

カテゴリ:今日のできごと

IMG_9414.jpg
福州の観光の目玉、三坊七巷。古い建物を再建築、修復して、
お店やレストランなどが入っている。屋内を見られる博物館的な建物も。
スゴイ観光客の数であった。ここでは、欧米かららしい観光客も2~3カップルみた。
勉強不足かもしれませんが、
中国らしいお土産を買いたい時は、ここでないと買えないという印象があります。
だからショッピングにはもってこい。かわいいものがいっぱいで、
一日いても飽きないでしょう。


IMG_9503.jpg
旅も終わりに近づいた1日のアモイへの旅。
ここでは、中国高速鉄道に乗りました。片道1時間半。
アモイは、貿易港として栄えた町です。
アモイから船で渡る小さな島コロンス島が、私が一番行きたかったところ。
いよいよかと、コロンス島にわたる船に乗ったかと思うと…
島を旋回し始めた。なんと100分の遊覧ボートだったのである。

私達は、地元の観光ツアーに参加してしまったので、ルートはお任せ。
内容は、ガイドさんが言っているんだろうけど、私はちんぷんかんぷんだし、
ちーちゃんは、中学2年生どうし娘と盛り上がってて、
船に100分乗ろうが、ルートなんてお構いなし。
貴重な100分を無駄にした。
この船は、ごく近くに望める台湾の領土を見に行く遊覧船だったのである。
乗船は68元(約800円)なのに、このテーブル1席が200元(2400円)。
いい商売である。100分のるから、乗船者はいいカモ。
次々にお菓子やお土産、煙草の売り子さんが回ってきて、疲れた(笑)。


IMG_9559.jpg

100分ボートが終わったら、船を乗換えて、ようやくコロンス島に到着。
ここには、各国の領事館や商社が置かれたために、異国情緒いっぱいの
中国らしからぬ雰囲気の島なのである。
古い屋敷は、おしゃれなカフェやホテルになっている。
いい感じでしょ?

私はここに数日宿泊して、のんびり回りたいと思っていた。

しかし、ちーちゃんのおじいちゃんは、私達だけの旅では
危険だということで、現地のツアーを手配してくれたのである。
ありがたいのは山々なのだが…
そのため、私の願いはかなわず、早足でガイドさんにくっついて回ったわずか2時間で
島を離れることに
それでもやっぱりステキな島だった。また自分で来よう、とひそかに心に思う。

そしてまた、中国高速鉄道。アモイ→→福清。問題なく着いてよかった。


IMG_9631.jpg
ところ変わってここは「湄州島」の、カート(?)。
(カートの広告に出ている女の子は、映画「サンザシの恋」の主役で
脚光を浴びたチョウ・ドンユィ(周冬雨)ちゃん。)

莆田近くの湄州島は、おじいちゃんが言うには、新しく開拓された観光地で、
目玉は台湾、福建省一円であがめられている媽祖(まそ)の祠。
この辺りでは珍しい海水浴が楽しめるビーチもあって
しばし海遊び。


IMG_9661.jpg
前方に見えるのが媽祖廟。

IMG_9670.jpg
で、これが媽祖廟を上った途中から見下ろした景観。

というわけで、これが、中国観光のフィナーレとなりました。
引き続き、田舎の暮らしをアップしていきたいと思います☆
おつき合いありがとうございました!

スポンサーサイト

コメント

きれいで興味深いお写真をたくさん、ありがとうございます!
続きも楽しみにしています!!

すごい勢いでアップされているので、どうコメントしようかと迷ってしまいます。

それにしても皆さん楽しいたびだったみたいですね。風景が、私の思っている中国とも又違っていて、中国の深さを感じます。子度たちは何が楽しかったのかな?

 この先の記事も楽しみにしています。

エインドラさん
コメントありがとうございます。
忘れないうちにと…(汗)。
月日が経つの早いので(笑)

母饅頭さん

ガンガンアップしてしまって
なんだかひと段落してしまいました…
4月のミャンマーのように
これで終わりそうな…(汗)

子供が喜んだこと

母饅頭さん
書き忘れました…
中国で子供たちが喜んでいたのは
親の目を離れて、親しい友人と過ごせる時間でしょうか。

それから、ショッピング。
驚くほど物価が安いというわけではありませんが、
家からすぐのところに
ショッピングができる町がありました。

普段時間がなくて、
あまり買い物に連れて行ってあげられないので
狂ったように買いまくっていました(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)