中国へGo!  Part 1 

カテゴリ:今日のできごと

ご近所づきあいの縁で、中国は福建省の福清の田舎に滞在する機会に恵まれた。

福建省は、お義父さんの故郷でもある。
まだお義父さんが生きていた頃に、一緒に中国に行こうという話をしたことがあるが、
病気がちになってしまったことから、願いはかなわなかった。
そのとき、お義父さんは、私に古い手紙の封筒をくれたのである。
そこには、福建省福州の住所と、兄弟の名前が書かれていた。

その手紙を、今回のホストファーザーに見せると、
役人に知り合いがいるから探してくれるというのである。
もしかしたら、遠い親戚に会えるかもしれない。そんな期待もあった旅であった。

残念なことに、夫は、4月にもミャンマーへ行くために休んだので、
休みが取れず、子供2人と、私が行くことに。
成田から飛び立ったのは、娘の同級生の女の子ちーちゃんを合わせた4人。

うちは、もちろん誰一人中国語が分からないので、
言葉は、このちーちゃんの通訳が頼り。

成田から約3時間20分で、福州の空港に着く。

ちーちゃんのおじいちゃんが迎えに来てくれていた。
以前日本でもお会いしたことがあり、笑顔のステキな白髪の80歳。

ミニバンに乗ると、後部座席でおもむろにスイカを切り出すおじいちゃん。
豪快である。
食べ残った皮を手に持っていると、
「ここは日本と違うから、窓を開けて捨てていいんだよ」という。
後ろめたい気持ちで、外に投げさせてもらった(ごめんなさい)。

空港からおよそ1時間半で、福清の高山というエリアに到着。
海岸にほど近い、高台の1軒である。
車が家の前に入ると、爆竹がパンパンパン。
帰宅を歓迎する印なのだという。

自宅では、ホストマザーが満面の笑顔で迎えてくれた。

この家のおじいちゃんは、この村では、評判の名士で
風水師として名をあげたのだという。
村の道路や集会所、遊び場の建設のために多くのお金を寄付していることから
一目置かれており、政府の役人とも親しいのだとか。

この日から家にいるときは、朝昼晩、食事からお風呂まで、本当にお世話になってしまった。

IMG_9165.jpg

みんなで食卓を囲む。

IMG_9164.jpg

海がすぐそばだから、海の幸が山盛り!

IMG_9157.jpg

これが、薬味。真ん中のは、葉セロリ、っていうのかな? セロリなんだけど日本のよりも茎が細くて
と~っても香りがいい。

IMG_9138.jpg

これ、朝ご飯のメニュー。メインにおかゆが出たり、ピーナツスープがでたり、ゆでピーナツが出たり。
あるいは豆乳と一緒に食べたりも。

IMG_9128.jpg

貝のスープとか。ビーフンとか。お腹がすくことがなかったほど。
スポンサーサイト

コメント

いいな~。

美味しそう。
いいな~。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ゆうさん

おいしかったですよ~~。
食べても食べても減らないくらい
山盛りのお食事をいただいて
感謝しきれませんでしたv-10

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)