背筋が凍るとはこういうこと 

カテゴリ:今日のできごと

お世話になっている知人の方が、
賃貸住まいのわが家を思って、格安物件を紹介してくれた。

閑静な住宅地で、考えられる価格のほぼ半額で、
私達の手が届きそうな物件だった。

物件は築4~5年で、まだぴかぴか。
喉から手が出るような物件だった。

ところがそれは競売物件。知人の方は、
つてで、その情報を得たのであった。

競売の入札をする気持ちを確認されて、
初めて住所を確認し、自宅に帰ってググってみたら…

過去に一家5人惨殺のあった番地と一番違いであった。

事件のあった番地は、いまだ欠番。
だから、買おうとしていた番地こそ、その現場の一部なのでは。

インターネットの情報に感謝。

今の家の持ち主の方は、購入時にこの事実をしっていたのかしら。

「事故物件というのは、気持ちの問題なんだよ」というのはよく聞くセリフだが、
それが「気持ちの問題だけではない」と思わされる出来事だった。

知人にも、夜分にもかかわらず電話。

あごが外れそうなほど驚いていた。

マジで全身が鳥肌だった出来事である。

今日、事実が分かってよかった

スポンサーサイト

コメント

夏向きの話題!?

ひぃ~v-12
おっとろしい、、、v-40

気持ちの問題といっても、気持ちでどうにかなることとそうでないことが、、、v-39

この間、部屋さがしをしていた友人も「隣にお墓がある以外はいい条件だがどうしよう?」と聞いてきましたが、そうして聞いてくる時点で気にしてるんだからやめとけばv-355といいましたよ。

佐藤愛子&江原啓之の本に、数百年前のいくさの影響でポルターガイストが発生している団地、ってのが出ていましたし、わからんものですねえ、、、


ともあれ、危機一髪、ってことでしょうかv-343


実家の近所にもワイドショーを騒がした殺人・事故物件がありました。数年後に引っ越してきた方がいて、それを承知で住んでましたね。奥様フィリピーナで明るい人だからホントに気にしないのかも???

ググって正解ですね。

すごいですね~

ネットの情報ってこういうときに役に立つ!

ここで人が・・・と思いながら生活するのって
怖いし。

とにかくよかった!買わずにすんで(ホッ)

いわよしさん
本当にオカルトですね…(汗)

>>佐藤愛子&江原啓之の本に、数百年前のいくさの影響でポルターガイストが発生している団地、ってのが出ていましたし


確かに。今は、あるだろうな、と思えます。

一度、気にしてしまったら、もうかなり難しいですよね。

ちょっとしたケガをしても、家のせいにしそう(汗)、とかね。

ともあれ、よかったです(ほ。)


KUKOさん

まったく気にしなければ大丈夫なのでしょうかね。

フィリピーノのママなら、ケラケラと笑い飛ばせるかも。

私が買おうと思っていたお宅は、
奥さんとお子さん2人が残された家でした。
知人には、供養だと思えばいいんじゃない?とも言われましたが、
もはやそんな風には思えません。

じっさい知人も、この事件のことを知らなかったんです。
知人に物件を紹介した不動産担当者さえ。

ググればすぐ出てくるのに…。

住所を確認してよかったー。

戦車ツマさん

ほんと買わずによかったです。

でも知人の方がずいぶん勧めるので
あわや、というところまでいきました。

不思議に住所を聞かなかったので、
最後の最後まで、例の事実が発覚せず…。

まさか住所を知らずに契約書にサインできませんものね。

妙なめぐり合わせでした。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)