スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“頑固者” 

カテゴリ:夫婦生活

先日インターナショナルな皆さんが集まる新年会があり、
そのときに、日本人のご主人がいるタイ人の奥様と話をしました。

そこで同意を得たのが、
「ミャンマー人はニコニコ感じがいいが、頑固だ」ということ。

「頑固」という言葉が、ぴったりでした。
なんで、いままで気付かなかったんだろう。

自分がどこに住んでいようと、
住んでる場所の習慣なんか、クソくらえ。
我が道をゆく。

人当たりはいいから、
私が何と言おうが、周りの人はもちろん夫の味方をします。
「何いってんのよ~、いつも仲いいクセして~」
「いいパパじゃない~♪」なんて言われると
カクッとなります。

今まで腹を立て続けたのは、このせいだ、と
気付くのが遅いんだけど、気付きました。

私が育って、身につけてきたやり方や、
一般的にこうだろう、と思われる日本のやり方を、
「アホらしい」
「くだらない」
「見た目ばかり気にする」
なんていわれるから、カチンと来るのですよ。
やっぱり郷に入れば郷に従えでしょ?
(前にも何度も書いたナー、この言葉。)
そんな言葉も、彼の前には、何の意味もありません。

ああ、間にいる子ども達に申し訳なくて
自己嫌悪な母親です
スポンサーサイト

コメント

おぉ~^^
ほんとそうですね

「頑固」
かたくなで、なかなか自分の態度や考えを改めようとしないこと。また、そのさま。

ミャンマー人のダンナを持つ私も
毎日ツライ。

いっそのこと私も頑固になって応戦するしかないです(笑)

>人当たりはいいから、私が何と言おうが、周りの人はもちろん夫の味方をします。

家族も友人も、ほとんどが、私が悪いというか…
「ダンナさんにやさしくしてあげて」と

真っ当なご意見ですが、私も苦労してないわけじゃ、ないんですがねぇ~^^;

なんですかねえ、あのミャンマー人の鉄板の笑顔は、武器ですよね(爆)

あ、なんだか「頑固」からズレてしまってすみません。。。

うううん…。

>人当たりはいいから、
私が何と言おうが、周りの人はもちろん夫の味方をします。

私もその一人だね。(^^;

「頑固」な人にはその「頑固ぶり」を持ちあげてうまくハンドリングしちゃえばいい・・・
と思うのは、やっぱり他人の絵空事なんだろうね。

仕事であれば、割り切れることも夫婦のこととなるとやっぱり感情論。
私と実母の顔をあわせれば繰り広げられる親子喧嘩を想い出しました。v-40

産まれ持った相性は御二人さん、いいはずなんだけどねぇ~。v-8

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

戦車ツマさん

毎日ツラいですか?! 
ああ、何ででしょうねぇ。

やっぱり、どちらの生まれ国ではない、
どこか別の国に住むのがいいんでしょうね。

日本のことをとやかく言われればいやだし、
家族のこともあれこれ言われるのもいやだし。

お互い頑固になると、うちみたいになりますし(汗)。

外国人になりたいですよ、もう。

いわよしさん、
そうでしょ、そうなんですよ。
かなり向こうに原因があることが多いのに、
一緒に暮らしていないと分からないんですよ、みんな。

もうしゃべることば1つ1つがカチンときます。
カチンv-31カチンv-31カチーンv-31です。

切れそうv-395

youmeさん

持ち上げるほどの器量があればいいんですよねぇ、
私に。
それもやってみようと思いましたが、
挫折しています。
生まれ持った相性がいいっていうのは、
きっとどちらかの誕生日、日時に間違いが
あるんだと思う。だって、そういう証明書が
見つからない、っていうんだもんv-12

旦那ではないですが、同僚にミャンマー人が居ます

やっぱり私が毎日毎日悩んでいた、この同僚の性格、当たっているのですね・・・
日本に帰化しているのに、全く上司や同僚のアドバイスを聞かない、自分だけで独断専行で進む・・・ 何をしてあげても恩も感じていないように見える。
でも、余計ごとは言わないし、普通に話してるときには優しい笑顔なので、深いところまで知っている私だけが一人頭痛がするくらい悩んでいるのです。相手は女性。私も女性。
課が同じですし、私とペアを組まされているので、本当に辛いです。出ていって欲しいくらい・・・

聡子さん
コメントありがとうございます。

なんだか想像つきますねぇ…。

ミャンマーの人は、
確かに人当たりがすごくいいんですよね。

帰化は事務的なことなので、
人柄は変わらないですよね。

ミャンマーの人が、あまり感謝の気持ちを表さないのは、
お互い様と言う気持ちが強いといいます。

自分が人に何かをしてあげられるときは
全身全霊でつくし、見返りはもとめないそうです。
だから、逆に、助けられる時も、
それが普通だと思うのかも。
そんな風に、夫と話したことがあります。

毎日のお仕事で一緒だと大変ですね…。

私はそういうのが辛くて(ずーっと前)、
ミャンマーのお寺で修業しようと、
頭を丸めたことがあります。
結局は、何も変わらなくて、
今もイライラすることいっぱいですが、
山あり谷ありで、毎日が過ぎていきます。

聡子さん、あれこれ気を紛らわしながら
過ごしてくださいね…。




承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。