スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初・Billboad Tokyo  

カテゴリ:今日のできごと

東京ミッドタウンにある
ビルボードライブ東京に行ってきた。

いままでは音楽の好きな友達と、こっそりブルーノートに
行ってみたりしたけれど、ビルボードライブは初めて。
それも、家族でだし。

昨晩のアーティストはダン・ペンさん。
サザン・ソウルという音楽の立役者といわれる大御所だそうだ。

ダン・ペンさんがギターと、相棒のボビー・エモンズさんの2人の舞台。
私たちの席は、ステージのまん前。

息子(10歳)も娘(13歳)も、ライブレストランはもちろん初体験。
演目は渋すぎるし

もちろん夫も初体験。

ライブレストランというものは、かしこまって聞かないといけないという
イメージがあったらしく、
普段はがぶ飲みするビールもチビリチビリと背筋を伸ばして
おしとやかにしているのが、隣にいてちょっと笑いたくなった。
でも、贅沢なひとときを味わえたのは、嬉しかった様子。
「こういうことがあると、生きててよかった、って思うよな」とひと言。
いつもご苦労様です、という感じでございます。

さて、子供は、
夜のステージだし、英語はチンプンカンンプンだから、
コーラやポッキーを食べて1時間半を過ごす。
夏休み明けたその日だったから、久々に早起きをして眠そうでもあった。
(こんな家族が、最前列に座ってていいのだろうかとハラハラしつつ)

会場は、六本木という場所柄、外国人のお客さんもいたようで、
ヒューッ! イェイ! オーケー! 
みたいな合いの手が飛ぶ。なんだかカッコいい。
そんなふうにうまく音楽を聴けるようになったらいいな、なんてことも思った。

最後には、ステージ後ろの暗幕が開き、
六本木の夜景が背景になった。なんと優美なライブ☆

外に出ると、水花火というのが行われていた。
六本木の空を噴水とレーザー光線が彩るといえば分かるかしら。
水が吹き上がる瞬間はかなり迫力があり、
遠巻きに見ている観客も水しぶきを受けていた。

時計は9時過ぎ。
まだまだ眠らない六本木でした。

スポンサーサイト

コメント

いいですね~
ダン・ベンさん見てきたら
ダスティンホフマン似で渋かっこいい!

六本木や麻布って流れてる空気が全然違いますよね
どうしてなのかな~^^

戦車ツマさん
そうそう、ダン・ベンさん、渋かったですよ。
夫はリチャード・ギアに似てると
言ってました。
声は映画「クレイジーハート」のジェフ・ブリッジスという
感じでした。

最前列で子供がかぶりついていることに
演奏者はちょっと違和感を感じていたように、思うのは、
私の自意識過剰かしら…(汗)

しかしどうみてもわが家は六本木に
似合わない家族の気がしました。
とにかく夫は声デカいし…

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。