スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長年の懸念・足の裏のホクロ 

カテゴリ:今日のできごと

気持ち悪い話でごめんなさい。

ちょっとひと段落した昨日。
ひそかに最近決心していたことを決行。

雨が降っていて患者さんも少なかったから、
ゴリ押ししたら、当日の手術をしてもらえました。

手術っていうとギョッとしますが、
ホクロの切除です。

夫と結婚してミャンマーに行ったころから、
右足の土踏まずのところに、ホクロがあるのに気づきました。
ミャンマーの人は
「足のホクロは、旅行が好きな人間」と考えていて、
そのころ私は、旅の記事などを書いていたので、
「へえ、あたってる」なんて、半分嬉しい気持ちで聞いていました。

写真はとっていないんですが、(今思えばとても残念)
そのホクロは着実に大きくなって
最初に診療を受けた5年前は7㎜、昨日の時点で10㎜になっていました。
悪性ではないことは見てもらった医師も口をそろえていましたが、
0.5%の確立で悪性になったら、ということで、
切りましょうということに。

ということで、倒れそうなほど麻酔の怖さで心臓が鳴りますが、
想像以下で、ほっとしました。
先生がお上手だったんでしょう。2、3分、息が荒くなり、うめいただけですみました。

手術はそれから20分ほど。
切開した部分は長さ2cm、幅8㎜程度でした。
黒い糸で縫われていた長さは2~3センチに見えました。
心残りはbefore- after用の写真を撮らなかったこと。
まさか先生の前で、写真とってもいいですか、なんて、言えませんよね…。

ともあれ、15年来の気になっていたホクロがなくなりました。
夜明けて今朝は痛いです。切ったんだから当たり前ですよね。

足の裏のホクロは、メラノーマといって悪性の癌に進行することが
まれにあるそうなので、もし気になっている方は、一度見てもらったほうがいいですよ。
良性ならそれで安心ですし。

スポンサーサイト

コメント

ついにほくろ切除ですか!
母方のおばで鼻の横にあったほくろを美容上?の目的でとったら、出血量が普通のほくろではないと皮膚科の医師が急遽機転を利かして細胞検査。

結果は基底細胞がんだったそうで、こんどはクリニックではなく地元の公立病院で本格的に切除してきました。

悪性腫瘍になる前に低リスクといっても切除できてよかったですね!私も、20年かかっていぼにないそうなほくろが。。。気になります。

秘密

今日子さんにホクロの秘密があったなんて~
ぜひ見ておきたかったです(^。^)
今は痛くて大変なんでしょうね。
ご家族に甘えて、あまり無理な動きをされません様に…
たぶん~ことある毎にホクロのこと心配されていたのでしょう。
スッキリして良かったですね!
ちょっと寂しい気持ちもあるかも(笑)

大きくなるほくろがあるんですね。悪性のものとかも。私、ほくろについて全然知識がないことを知りました....。まだ痛いですよね。お大事にされてくださいね~(T_T)

うわっ!!

足の裏のほくろは要注意っていうのは
ホクロ占いでも基本だったような記憶があります
メラノーマって怖いですよね
大事になる前に切除できてよかった
ただ・・・
足の病気の時は
今いる場所で今一度踏みとどまりなさいと言うサイン
だそうです
私も足を骨折して手術した時は人生の大きな分岐点
でした
実は、足を骨折しなければ
今のダンナと巡り合えませんでした(爆)
今思えば、足のケガも人生の中には
大切なきっかけなんだな~なんて思います
もっと怖いことに私の子供にも影響がでています
(ははは)

u-zeekwyet さん
おばさん、早期発見(?)ができてよかったです。
ホクロを取ろうと思ってよかったですよね。それも
運命ですかね。でもよく考えると怖いお話。
いい先生に処置をお願いしてよかったですよね。

u-zeekwyet さんのイボになりそうなホクロ、
気になりますね。場所はどこですか?
戦車ツマさんの占いじゃありませんが、
ホクロって、人に見えるところにあると
人生を左右する、って、占いの先生が言ってました。

気になるなら形成外科の先生に診てもらってもいいかもしれませんね。
大半はなんでもない、といわれるようですが、
おばさんのような件もありますし。

まははさん
うふふふ秘密でしたよ、
いつもプールのときは、平泳ぎを指導されるのが
恥ずかしかった私。
ホント写メとらなかったのが、一生の不覚。
縫い後はアップしましょうか?(笑)

おっしゃるとおり、すっきりしましたが、
2日目は痛かったから…(涙)
取らなくても大丈夫だったのかな、なんて思ったりも。

のりちゃん
のりちゃん、ホクロないんですね。
うちは、私が多いせいか、娘も息子にもホクロが多いんです。
息子の右足の土踏まずには小さなホクロが。
大人になると私と同じように大きくなるのかなと
思ったりすると怖いです。

戦車ツマさん
あららー。足のケガが転機ですか。
ケガをしてご主人と、v-10とは
うかがっておりませんでした。素敵♪

足の傷は今のところに留まれ、ということですか。
私が、このタイミングで切除を決心したというところに、
何か意味があるのかしら。

切らなくてもよかった、という選択ももちろんあったわけで、
何かが変わるのかな、と思うと、
ちょっとハラハラドキドキです。

戦車ツマさん、
それが事故だったとしても、自分が選んだ傷だったとしても
「そこに留まれ」
「今の状態をキープする」(ということ?)と
「今のまま突っ走れ」(ってこと…?)

どう捉えたほうがいいのしょうか。

師匠、鑑定お願いします!

ほくろ切除

足の裏のほくろは要注意だそうですね。
これですっきりして、よかったですね。お大事に。
私は顔のほくろを切除したことがあります。
眉の近くのが、いぼ状に大きくなってきたので、
切って、縫いました。
手術の後、ホルマリン液に漬けたほくろを見せてもらいました・・・

エインドラさん
顔のホクロですか。
切除には勇気いりますよね。
切除の後、痛かったでしょう。
私は足でも、萎えていますから。

でもお互いに悪性じゃなくてよかったです!

右肩にアザ

私は右肩にアザがあります。赤ん坊の頃から出現、本体の成長に合わせてすくすく大きくなりました。
大きさは子供のにぎりこぶしぐらい、大小のほくろの集合体で、毛も生えてるようなのです。もう、ほっといてますけど(笑)
今は、本体の老化にあわせて、白髪も生えてます(苦笑)

それはそうと、足の裏のほくろなんて…なかなかきづかないですよねぇ!?
大事にならずになによりですね^^

また、足の怪我のメッセージ、気になります。
数年前、東京駅のナガ~~~いエスカレーターをいつものようjに歩いて登っていたら、何もないところでスカッと転んでひざを痛めて、しばらく不自由した事があるんですもの。
その頃なにがあったかなぁ?ステキな出会いなど、ありませんでしたが…(爆)

いわよしさん
あざとかホクロって親戚みたいですよねぇ。
結局私のはメラニンの集まりだったようです。
悪性ではないし、きちんと取り切れていたとのこと。

いわよしさんの肩のあざ、
一緒に人生を歩んでる感じですね☆
ホクロも、石川さゆりみたいに、
愛着をもって大切にしている(?)人も少なくありませんよね。
私、まだ首にも大きいほくろがあるんです。
気になるの対象がそっちに移りました(笑)

良かったですね!

 お久しぶりです。まさかそんなことになっていたなんて!でも、気になることは早めに対処したほうがいいですよね。我が家も次女の膝の診察をもっと早くに受けておけばよかったと思いましたよ。

 四十路目の前の私も自分の体の変化には敏感でいないといけないなーと思います。

 しばらく傷口傷むと思いますが、大事にしてください!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。