夫の変化は喜ぶべきか 

カテゴリ:夫婦生活

最近、土曜日に出かけることが多くなったら
夫が仕事を調整して休んで留守番してくれるようになった。

餅つき大会みたいな学校の行事に代わりに出てくれたり、
学芸会を見に行ったり、
野球部の応援や試合会場への送迎なんかも買って出る。
(前なんか、「父親は仕事して家族を養うのが役目だ」なんていって
絶対土曜日仕事を休んだりしなくて、それで私はイライラしたりしたもんだったから)

夫いわく
僕は考え方を変えたんだ。
今までは金、金だったけど
子どもといられるのは今だけだから
子どもと付き合うことにした

とのこと。

行事に積極的になるのはうれしいけど
ある意味微妙である。

だって、働かなくて済むほどの仕事してきたわけじゃないし
お金がかかるのはこれからであるから
ここから緩まれちゃ困るんだけどな…
という気持ちも、もちろんある

ましかし、
前は「なんで日本の学校は」「なんで日本の保育園は」なんて
文句ばかり言っていたから、
日本の学校の活動に、興味を示し、どんどん出て行っているのは、うれしいことである。
本人も、みんなに喜ばれてうれしいみたい。

餅つきでは、校長が直々に近くに来てくれて、ほめられたらしい。
初めてなのに、ずいぶんうまくなりましたね」と。
(朝より、うまくなった、と成長を認められたとか)

それに喜んだ夫は…
ありがとうございます。
園長先生もスピーチがうまかったです!
あ!すみません、校長先生

校長に園長なんて呼び掛けるなんて前代未聞よねー(汗)


スポンサーサイト

コメント

だんなさん、ほめられて喜んだりして、おちゃめというのでしょうか、呼び間違いも笑って許してもらえそうな^^

それにしても、その切り替えのあざやかさが、さすがミャンマー人…(笑)

固まったそうで

いわよしさん
それでも、校長先生、固まっていたみたいですよ、一瞬。
だって、どう見たって園長っていう柄じゃなくて、
太陽にほえろに出演してもおかしくない
たくましく、なかなか凛々しい武道派なんですよっ。
それが…園長でしょー。

変わり身の早さか。そうかもしれない。
そもそも根拠がない文句だったんでしょうね、前から…

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)