スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

携帯をめぐる世代間衝突? 

カテゴリ:今日のできごと

姪っ子が家族に加わってから、はや3か月以上がすぎた。

ちょっとしたすれ違いも、修正しつつ、
もはや、もう「自然」な暮らしになっている。

それもこれも姪っ子が気遣いのできる子だからだろうな、と
思うこのごろである。
私のような怠け者の癖に、要求だけは人一倍の
日本人とよく一緒にいてくれるものだ、と思う。

最近、姪っ子は、携帯を変えた。
今までうちの娘の携帯を使わせていたのだが、
「自分のが欲しい」と言い、契約をしてきたのだ。

うちの娘のなら、無料で使えるのに、と夫は最初反対をした。

「勉強もきちんとして、仕事もしているし、ひとつくらい自由があってもいいんじゃないの?」というと

「今日子がそんなことをいうから、ボクは彼女に何もいえなくなる」と切れるのである。

夫の気持ちもわかる。

「なぜお金を使いたがる? 借金もあるし、
稼いで仕送りをしようという気持ちがないのか?」

「僕が来たころは、何が何でも日本で稼いで、親を楽させて
一旗あげて帰る、という意識が強かったから、
100円の缶ジュースさえ買うのを惜しんだんだ」と。

でも、それは彼女には通じないんだよね。

世代も違うし、育ってきた環境も違うし、日本に来たときの苦労も違うから。

携帯を変えたい理由を、私は、
自分の携帯じゃないから、電話やメールを使うのに気を遣うからかな、と
思ったのだけど、そうじゃなかった。

「写真がきれいに撮れる、もっといい携帯を使いたいの」

私は噴出してしまった。

私たち夫婦は、携帯は、使えればいい、というタイプ。
そうきけば、なるほどな、とも思った。

若いし、今流行のものを使いたいのだろうね。

私は、自分できちんとお金を払って使うんだし、いいと思うけど、
まだ夫は釈然としないようで、延々と言い続ける、と言っている。

「彼女の考えは僕とは違うけれど、
いい続ければ、少しは考えもきちんとしてくるはずだ」ということである。

すごい根気(?)である。 

こんな感じで、私も何かしら感化されてきているんだろうか、と思うと
恐ろしい。



スポンサーサイト

コメント

>僕が来たころは、何が何でも日本で稼いで、親を楽させて一旗あげて帰る、という意識が強かったから、
100円の缶ジュースさえ買うのを惜しんだんだ

この言葉。涙がでますね・・・
ウチの旦那と同じです

私と結婚する時には
銀行口座には105円しかなかったんですよ
全部親に送金してました

今、親が住んでる家も、隣の家も
全部旦那が購入したもの。

今日子さんのご主人も御苦労されてますよね(涙)

私は旦那の前では無駄使いの話は禁句です(爆笑)

戦車ツマさん
いやっ、ご主人の話も泣けますっ。
戦車ツマさんのご主人、
ハンサムだから苦労が見えませんがv-392
やはり大変な時代を送ってきたのですね。

そんな夫たちの時代を知っているし、
私の場合、新しいものに疎いから、
うちの夫婦は、そういうところでは、苦労はないですが…
戦車ツマさんは、お好きなんですね☆
ご主人の前では禁句、というのが、
やはりデキた妻という感じだわー!


今は昔~~~?

うちのダンナもそんな感じです、お二方のご主人ほどではないでしょうけれども^0^;
来日したころはミャンマー人のための色んなもの…法律の知識、健康、日本語のボランティア組織、ネット、ケータイ、日本人のミャンマーへの認識など…が何もなくて、いちばん大変なころだったと思います。

10年経つとひと世代違うんですね。
それはわかるんですが、周りのミャンマー人たちを見ると「ミャンマー人たちと関わりたくない(="=メ」という声もちらほらきこえてやるせなくなります。
少し前に来日した、苦労して努力してつつましやかにくらしてきた、日本人が手本にしたいような善良なミャンマー人たちはどんどん追い返されちゃったのに。
一方、ここ2,3年の間に来日したミャンマー人たちは楽して儲けようっていう甘い考えで、ミャンマー人のよさが見受けられない人たちが多くて。そういう人たちがのうのうと暮らしているので、悔しいですよ、やっぱりv-35

…って、日本人も見るところから見ればそうかもしれませんけどね(苦笑)

確かに

いわよしさん
今は昔ですねぇ~。
昔は、一昔前、は、ほんと、大変だったですよね。
週末になると、いつもの約束の電話を
ミャンマーの家族にかけていた友人の姿を思いだします。
今は時間を合わせてネットに向かえば、
好きなだけ話していられますからねぇ。
(時間を合わせるのがかなり大変ですが…)

今の(今の、というたびに年取った気がする…笑)
若いミャンマーの人たち、なにが違うのかしら。
ミャンマー人と関わりたくないミャンマー人が増えているんですか?
ぎょぎょ、それはショック。

姪っ子と、夫は、世代の違いで、
根底にあるミャンマー人っぽいよさはまだあると
思うのですが、
日本に来ても、さほど驚かない、というところが
若い時代なのかな、と。

ミャンマーにないものがたくさんあって、
すごく便利で、
変わった格好している人がいても、
「それはそれ」で流している。そんな感じ(笑)

いわよしさんは、いろんなミャンマー人の人たちと
関わっているから、変化が身近に感じられるのでしょうね。
また聞かせてくださいねっ。

(^^ゞ

怠け者のくせに要求は人一倍、、って私の事かしら(笑)

でも姪っ子さん、若いし、日本人の感覚だと、新しいタイプの携帯が使いたいっていう気持ちもわかるなぁ。。

ゾゾさんは、お国でも無駄遣いしない世代だったのでしょうね。

それはそうと、今日子さんも、言い続けられて感化されてたりして(^0^)/

たぶん

なおか☆さん
そうそう、若さの特権を、”思い出して”きましたよ、最近。
自分もそうだったかも~って(笑)。
夫ももともと締まりやだったし(彼の家族はみんな締まってる・笑)、
私も、あまり物を欲しがるほうじゃない(とはいえ締まりやって感じじゃないからぶつかるのかもね)から。
でもジワジワ感化されていると思うわ…おそろしいぃ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。