スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

禁ニンニクからのストレスフリー 

カテゴリ:ミャンマーの食べ物

今ゾゾ(夫)は、韓国人の親方の元で働いているが、
以前サラリーマンのときに、重くのしかかっていた
「ニンニク食べたろう、臭いぞ」攻撃からのストレスから開放され、
気が楽だと、喜んでいる

ゾゾの希望で、お弁当には野菜箱をつけていて
そのなかには、99ショップブランドのたけのこの水煮(ゾゾ指定)と、
ニンニクが1,2かけ入っている。ときにはキューリやしょうがなど、
とにかく、青物がないと、「物足りない」というので、これらは欠かせない。

私としては、たけのこの水煮(味付けしてないのよ)やニンニクなんか
を、入れるのは、違和感があるのだけれど、
ミャンマー人のゾゾにとってはいたって普通。ミャンマーのビルマ料理のレストランに入れば、
キューリ、にんじん、大根、ハーブなどが、洗って切っただけで
盛られた皿が必ず出てくるから、料理+青物は切り離せないのだ。

たけのこはゾゾが食べても、「変なもの食べてるね」で終わるが、
ニンニクは、ニンニクを食べていない周りの人間には、臭くてイライラするのだろう。
「日本人はタバコや酒の臭いには何も言わないくせにニンニクについてだけうるさい。
酒やタバコは体にも悪いのに、体にいいニンニクについてなぜうるさい?」と
いつも静かに激怒している。

でも、やはりキムチ王国の韓国人は、まーったく気にしないらしい。
それどころか、一緒にお弁当を食べていると、
「1つくれよ」と、ニンニクを横取りして食べるらしい

生のニンニクだから食べた後の口臭や体臭は強烈である。
でも、一緒に食べれば怖くない♪し、
韓国の人は、「ニンニクが臭い」という意識すらないのだろう。

ゾゾが家に帰ってくると、こっちは臭くってしかたない。が、
ここは、毎日がんばっている夫なので、小声で「臭い…」とつぶやくだけにとどめている。
どうしても、臭くて耐えられないときは、私も夕食にニンニクを一口食べる。奥の手である。

ともあれ、毎日ストレスフリーで仕事ができるのはいいことだ!
スポンサーサイト

コメント

ごくっ

1週間後に控えたミャンマー行きに備え、お料理記事をおさらいさせていただきました。
どれもこれも、おいしそうっ!
ガイドブックなどには、「ミャンマー料理は油っぽい」と書かれていることが多く不安でしたが、
これは自分で確かめて食べるしかない。
虫歯の治療も今週中に終わる予定なので、
安心していっぱい食べてきます。
では。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。