スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

葬儀の日 

カテゴリ:ミャンマー(ビルマ)の話題

葬儀の日は朝7時ごろから安置所へ行き、
お義父さんを引き取ることからはじまる。

救急車で亡くなったために、
家族が亡骸を確認する前に職員が保冷室に安置してしまった。
彼らは亡骸の目や口を閉じるという基本的な配慮を怠った。

そんな処置に対して家族は怒っていたし、
家族の確認もなしに保冷室に安置し、対面を許さなかったことももってのほか。

だけど、目を開けていたお義父さんのご遺体は、
生前のお義父さんを身近に思わせて、
話しかけると、ああ、と言って微笑みそうな雰囲気だった。

保冷室から葬儀を執り行う広場に面した部屋に移され、
家族との最後の対面のひと時がもたれた。
きょうだいや親族が代わる代わる挨拶をした。

お義父さんの介護をしていたお姉さんは、
「目を開けているのは、
私がお義父さんの言いたいことをわかってあげられなかったらだ」と
号泣した。

「それは違う」と伝えた。
「お義父さん、ゾゾや私たちの顔を見るために
目を開けて待っていてくれたんじゃない? 
だから私たち、今日お義父さんに会えたんですよ」って。

そしたら、「そうかもしれないね」とお姉さん、ちょっと笑ってくれた。


そんなことをしているわずかな時間に、
インド系の係りの人が2人で、ご遺体の服を黒い服に着替えさせてくれた。
一瞬のことだった。
話題の「おくりびと」の儀式のように厳かなものではなかったようだ。

支度が済むと棺桶に納められ、外に設置された葬儀場で葬儀が始まる。

IMG_6320.jpg

通夜のときの僧侶が呼ばれ、お経をあげる。
家族や親族は、地面に座って手を合わせる。

お義父さんを見送る大切なときで、不謹慎なのだが、
砕けたブロックの地面で正座をするのはきつかった。


祭壇には、お義父さんの写真と、
豚肉や果物、菓子類などのお供え物が並べられる。
ゾゾの家族の配慮で、
私の両親の名前もお供えものに挿されてあった。
お供えには、鶏肉は使わない。鶏肉は
お祝い事のときに使うのだそうだ。

家族、親族、それから姉妹の伴侶、知り合い~の順で
線香をあげていく。

周りには、何かの係りなのか、葬儀場の近所の人なのか、
見物人が取り巻いている。

IMG_6328.jpg

新年を迎える水掛祭りをあと3日に控えたこの時期は、
すでに雨季のはじまり。
葬儀が9割がた終わったころ、風が吹き始め、雨が降り始めた。

葬儀の連絡が入ってからゾゾが通夜から参列し、
今の今、葬儀が終わるまで雨が降らずにいることも、
お義父さんがすべてうまくセッティングしているのだと、
みんなが思っていた。
なんだか私もそう思えた。
不思議な感じ。お義父さん、ありがとう、って。
スポンサーサイト

コメント

どこかで聞いた話ですが仏像は半眼半口で成仏の人相をしているとか。お義父さんのお顔もそうですね。
お義父さんの取り計らいで
全てがうまく進んで行くってすごい!私も死ぬ時はそうでありたいです。

こんにちは~

葬儀の事、細かに覚えててすごいね。
では葬儀の当日まで、お義父様のご遺体との対面は出来なかったのかしら?
もしそうなら、ご家族も寂しかったでしょうね。。
葬儀は屋外で行われるんですね?

なるほどー

戦車ツマさん
いつもありがとうございます。
半眼半口での成仏姿とは。なるほど、なんか
お義父さんに重なりますっ。
優しいお義父さんだったからなぁ。

私も、うまい具合に葬儀が進んでもらうといいな。

ひどい話ですよね

なおか☆さん
いつもありがとう=!
そうなの、お義父さんなくなってから
遺族にも会わせてくれなかったんですって。
だから妹さんはすごく怒ってた。
そのうえ、目や口をケアしてくれなかったから。

葬儀は野外。
100年くらい前から使っているようなテーブルを
2台並べて、そこに祭壇を作ってやるの。
お祈りは地べたに正座するから…って、
正座できませんでした。
半正座状態v-395

見物人がいるというのも、なんだか微妙な気持ちでしたよ。

初めまして、ブログ拝見いたしました。
日本とはやはり雰囲気違いますね。
またお邪魔します。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。