スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤンゴンでの葬儀 

カテゴリ:今日のできごと

先々週義父が逝去し、急遽葬儀のために家族でヤンゴンに行き、
今朝、帰国した。

ミャンマーの小姑から連絡が入ってから出発まで、およそ72時間。

その間に、期限が切れていた娘のパスポートを新規に作り直し、
航空券を手配して、
ミャンマー大使館から超特急即時発行のビザをもらった。

そのほか、学校や、仕事のクライアントさん、
学校のPTA関係者や、
子どもの習い事の先生への連絡、
郵便局不在届けとか、新聞を止めるとか、
カレーレッスンをキャンセルするとか、
ふだんの200倍くらいのスピードで時間が過ぎていった。

いやしかし、
パスポート管理の担当者も、ミャンマーヴィザの担当者の方にも
額を床につけたいほど、温かく迅速な対応をしていただいた。
人を送ることの重要さをひしひしと感じた。

ちなみに、パスポート翌日発行のためには、
ミャンマーの病院からの死亡証明書が必要だというのだが、
そんなのミャンマーにあるのかな、と思って慌てて電話すると、
「もちろんあるよ」とのこと。
すぐにファックスして入手。すごっ。

すべてがすべて順調で、葬儀前日のセレモニーが開始したところに
私たちは滑り込みセーフで到着。

お義父さんが導いてくれたんだねぇと、
家族も私たちもみんなでうなづく。

皮肉にも、ミャンマーは国内最大のお祭り水掛祭りを迎える時期で、
その後に新年が控えていた。

「お父さん、水掛祭りにみんなが会えるように、呼んでくれたのかもしれないね」
そんなことをみんなで話し合ったりした。

ミャンマーでは、人が亡くなった日から7日間朝も夜も、
霊がまだ家にいると考えて、出入りできるようにと玄関を開け放っている。
家族は7日間葬儀の用意に加え、夜のろうそくの管理や
弔問に訪れる人の対応に追われる。

あまりにもバタバタした10日間だった。

また少しずつヤンゴンでの葬儀について
ご紹介したいと思います。




スポンサーサイト

コメント

ホントにホントに大変でしたね。
お義父さんも喜んでいたでしょうね
子供さんも今日子さんもお疲れでしょうからしばらくゆっくりしてくださいね
ヤンゴンでのことまた教えてください

お疲れ様でした

大変だったんですね。
温かく迅速な対応だったとのこと、本当によかったですね。

落ち着かれたら、葬儀のことなどやはりお聞きしたいです。

お疲れ様でした

大変だったんだね。
旦那様は気を落としてないですか?
子供たちも疲れたでしょうね。
今日子さんも、疲れたでしょ?
まずはゆっくり休んでね。
ご冥福をお祈り申し上げます。。

偶然かもしれませんが・・・

実は、ついこの間ミャンマーの水掛け祭りのことを思い出して、
「今日子ちゃん家族はミャンマーに今年は行かないのかぁ~?」
って考えて連絡しようかな、って思っていました。


っで、思いながら…
「新学期早々だから行くわけないよな…」と否定して…
なんか、ほんとお義父さまがきっかけを作ってくれたのかもしれませんね。

ほんと、セレモニーに間に合ってよかったね。

落ち着いたら、ぜひまたいろんな話を聞かせてくださいね。

お帰りなさい!

いやはや、本当におつかれさまでした。

どうされたかと思いましたが、
セレモニーに間に合いましてよかったですね。

お義父さんが会わせてくれた、本当にそうかもしれませんね。心があったかくなりました。

また落ち着いたら、ぜひお話を聞かせてくださいね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

お義父さま、ご愁傷さまです。
お亡くなりになったことは本当に残念なことですが、お見送りに間に合って良かったですね。

しばらくは、ご主人のそばにいて、慰めてあげてくださいね。

皆さんありがとうございました。

戦車ツマさん
さっそくありがとうございます。
いや、帰国してやることいっぱいあるのに
1日動けず寝てました…年には勝てません…

エインドラさん
ありがとうございます。
ほんと、ミャンマーの大使館の対応は本当にうれしかったですねぇ。
窓口の女性はとても感じがよい方で、
以前もビザを取るときにいらっしゃいましたが、
ミャンマー大使館の印象がアップしました(笑)
また葬儀もろもろの話もゆっくりアップしますね。

なおか☆さん
ありがとうね。
夫は大丈夫。夫の話になったら書ききれませんっ。
私は、体調が悪くてさ、
周期表を見たら、ミャンマー滞在期はまさにPMS期。
荒れるわけだわ(苦笑)。それもおいおいアップするね!

Youmeさん
メッセージありがとう。
そう、まさかのまさか。
行こう行こうと思ってもなかなか学校や仕事の関係で
行けなかったので、
「おい、いいかげんに来い!」という感じだったのかもしれません。
でも3日で葬儀に間に合えたのは本当に奇跡的。
お父さんありがとう、という感じでした。

いわよしさん
ありがとうございます。
本当に到着したとき、まさにお坊さんが
お経をあげはじめていたときだったのですよ。
速攻で服を着替えさせられて、
祈りの席に加わりました。
ドタバタの10日間でした。またいろいろ書いていきますね。

もにかさん
ありがとうございます。

葬儀に間に合い、お義父さんのご遺体を拝むこともでき、
納骨も見て、お見送りができたこともそうですが、
いろいろ勉強になりました。
義父は中華寺院の納骨堂に納めました。
日本の慣例とやはりよく似ているものだと思いました。







お疲れ様でした

帰国後もまだまだ気が抜けないでしょう。
どうぞゆっくりお疲れをとってください。
急なことでしたね。
お義父様のご冥福をお祈りいたします。

お疲れ様でした

御愁傷様でした。ミャンマーの家族のきずなの深さには
いつも深く感心しますが、ご主人様のお気持ちも察するに
余りあります。。

年代的に家族のこともいろいろと考えることが多くなって
きました。今日子さんも強行軍でお疲れになったと思い
ます。皆さんのお体も休めてくださいね。

急なご帰国、お疲れさまでした。
今の気持ちを上手に文で書けないのですが、なんか今日子さんの文章がとても温かく感じられました。お義父さまも家族みんなに見守られて安心して旅立たれたのでしょうね。心よりご冥福をお祈りします。

メッセージありがとうございます

まははさん
ありがとうございます。
やることはいっぱいあるのに体がいうことをききません。
悲しいですぅ。
また今後ともよろしくお願いします。

u-zeekwetさん
ありがとうございます。
家族の絆、いいところも悪いところも今回見てきました。
家族となると甘えも出るのか
悲しみと疲れで、むき出しの感情を
ぶつけ合っているような風景もありました。
今日は、伯父の訃報が届きました。
続くね、と妹と話しましたが、
確かにこれからは見送ることが多くなるのでしょう。
しっかりした冠婚葬祭のマナーを覚えたいと思いました。

のりちゃん
メッセージありがとうございました。
温かいって思っていただけたのは、
ミャンマーの人たちとの関わりだからかもしれません。
あちらの御家族、本当にあったかい人たちなんですよね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。