スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自治会長補佐、とまどう 

カテゴリ:今日のできごと

結局、自治会長を引き受けてきた夫は、毎日仕事に出ているので、
家にいる私は補佐として、雑務をこなす。

昨日はちょっと微妙なご相談を受けた。

Aさん
「私○号棟のAと申しますが、来年役員になるんです。
私は母の介護をしてしまったもんで、結婚もできずに終わってしまったんですが、
同じ棟のBさんからいかず後家とか陰口をたたかれて邪険にされていてるんで、
来年の引継ぎのときに、Bさんから引継ぎ書類をもらいたくないので、
会長さん、預かってもらえますか?」 ときた。

不思議な人である。近隣の人とうまくいかず、滅入っているのかもしれない。
だって、今年は4月。引継ぎは、1月だからまだ8ヶ月も先の話だ。

さらに

Aさん
「私の隣がチャイナで、私はチャイナと一緒に役員になるんですけど、
チャイナは、言葉がよくできないから、知らん振りしてるんですよ。
この棟にも、チャイナ、多いんでしょう? どうですか?」

「チャイナ」という言葉は、聞いていると居心地が悪くなる音だった。
うちは隣の中国人の家族とうまくいっているし、中国人の友だちもいるし、
そもそも夫も華僑なので、嫌悪感を込めて「チャイナ」といっているAさんに、
もう、好感を持つことはできなかった。

だからといって、近所のトラブルに悩んで、誰かを味方につけたいという
思いも伝わってきて、邪険にするのは気の毒なので、
私はただ
「はあ…。はい…」とあいづちを打ってばかりいた。

実際自治集会に出るのは夫なので話を伝えたら

「へえ、日本でもそういうことがあるんだ。
ミャンマーではそんな意地悪よくあることだよ。
親戚のアンティ(おばさん)たちはいつだってそんなことに巻き込まれてる」

「日本でもそんなことあるのか」だって。
夫がどんだけ日本の実態を知らないかよくわかった。
ま、そもそも、外国人の夫だからではなくて、
ふだん会社勤めをしている「夫」は、
妻の人間関係のいざこざには無関心なことが多いのだろう。

しかし、Aさんのような人は要注意だな、と感じている。
もし何かこちらが彼女の意に沿わないことをしたらまたどこで何を言うかわからない。

うううう、いやな胸騒ぎがするのである。
スポンサーサイト

コメント

メンドクサそうな人ってどこにでも…あははは…^^;

でも今日子さんのだんなさまやミャンマー人男性に限らず、男性はそういうところありますねぇ…鈍感なのか逃げてるのか?もうっ!
  • [2008/04/29 21:10]
  • URL |
  • ファーレンハイト
  • [ 編集 ]
  • TOP ↑

ファーレンハイトさん
ねぇ。そもそも男と女が気にするところも違うし
生活圏(?)も違うからわからないんだろうと
思うんだけど、
どうしてもこっちがいろんな面倒を抱えてしまっていると思うと、
イライラ~っとね…
…というと、ファーレンハイトさんも、ですか? いろいろと?

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。