スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワタシがお母様かいっ!! 

カテゴリ:今日のできごと

もちろん、私は、わが子の母親でございます。
しかし、友達といて、
「このブラウスは、お母様がお選びですか、お嬢様ですか」ってなに??

それは私より5つくらい下の知人とショッピング中のとき。

ブティックの女性が、
「いいですねぇ、仲がよくて。
うちの母は、私の買い物が長いから付き合ってくれないんですよ。
今日はお休みで、お買い物ですか?」

というので、私たちの仲がよいことを言っているのかと思っていた。

そして、知人が1枚ブラウスを決めて、
私は春らしいサブリナパンツを試着して出たときのこと…

「すみません、このブラウスはお嬢様がお選びになりましたか?
お母様ですかっ?」

って…誰に向かっていってんじゃーい!?

しばし目が点。

私「ワタシが、お母さん?」
店員「あ…はあ、このブラウス…あ~~~~失礼しましたー
  あやややほほほんとにごめんなさいー」

…って、さっき自分の母子関係を話していたのは、
すでに私たちを母子だと思ったからなんだなーと、そのとき思った。
それにしてもわずか5歳の年の差の彼女と、親子と見られるとは、
なんだか重大なミスを犯してきた気がする。
顔のシミのせいか、白髪が目立つせいか、メガネのせいか、
地味な服装のせいか。どうしよぉ。
どうせなら何歳に見えるか聞いて、リサーチしておくんだった。

なんてこった。
スポンサーサイト

コメント

私もおんなじです

でも、昔からなので、もう慣れましたよ。

小学生の時、大人びた格好をして妹と歩いていて、親子に見られた経験があります。どんだけっ!笑

中学入学のときは、近所のおじさんから、「今日、入学式だったよ」と言ったら、「そうか、○○ちゃん、もう大学生か」ですって。

大人になっても、なかなか実年齢との差がなくなりません。悲…

店員は何をもって、勘違いしたんでしょうかね??謎ですね。

私は高校の頃、大学受験のために図書館で勉強していたら、おじいさんに
「中学受験??」て聞かれました(笑)
若く見られすぎるのもいかがなものかと思いました。。

黙っていればいいもの

chenさん
そうですか! 小学生のときにー???
ほんと、どんだけっ!ですね。

というか、関係がわからなかったら
口にするな、って感じですよね…。
それに昨日の子は店員ですよ。
まあ、別に憤慨しているわけではないけれど、
買おうかな、と迷っていたカットソーは、
やめました。
さらに、
夫のほうが1歳年上なのに、
しょっちゅう姉さん女房に見られて
落ち込みます…。

若すぎるのも確かに

マセインさん
確かに若すぎるのもねぇ。
って、「中学受験]!?って、
小学6年生に見られたって事ですか?
その方は自分の老いた姿しかみていないから、
マセインさんが初々しく見えたんですね、きっと。

しかしなぜ、そこで、人を、判断したいんでしょうねぇ…。ふう。

若いころからフケ顔の

わたくしが来ましたよ☆

私も23歳のとき、同い年の女の子と親子に見られたときが。夜目・雨・傘の内に加え、ファッションの違いという条件はありましたが…

学生時代は社会人に見えたり、とにかく5歳から10歳くらいは上に見られましたねえ。

それにしても、「落ち着いてるんだよ!^^;」とか「若いうちに年上に見られると、年取ってから若く見られるんだよ!」とかいう周囲からのフォローもなんとなく薄ら寒いでモノですねえ(苦笑)
  • [2008/03/01 00:54]
  • URL |
  • ファーレンハイト
  • [ 編集 ]
  • TOP ↑

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。