スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本を読めて、理解できるようになるリミットは… 

カテゴリ:今日のできごと

娘の塾の講師との個人面談があった。

4年生の夏ごろから近くにあって、
評判のよかった塾で、仲のいい子も通っているし
少人数なのでいいのだろう
娘も楽しんで通っているし、積極的に勉強をするようになった。

面談の相手は算数担当の講師。

4年生になって足すと二桁になる足し算に指を使うことが気になる、というと、
4年生ではまだする子も少なくないと言った。
手のひらを自分のほうに向けておもむろに指を使わなくても、
手のひらを下に向けて卓上において、指を数える子もいるのだそうだ。
でも、それもいろいろな計算を重ねていけば、まあ、
指なしでもできるようになるとのこと。

文章題も、シンプルなものもつっかえる、と言うと、
これは、国語の読解力にも通じ、娘が読書をしないことが指摘された。

私も気になっていたのだが、漫画すら読もうとしない。
学校からの宿題の音読も、つっかえつっかえで、いやいや読む。
どうしたらいいのだろうか。

講師が言うには、本を読むには順序があって、

1.字面に慣れること
2・物語を理解する


の順になるのだという。本を読まない娘の場合は、まずは①の
文字に慣れることが必要。
で、1,2の力をつけるのは小学校4年生がギリギリのリミットで、
今そうした読解力の基礎をつけておかないと、5,6年生、
そして中学校になったときにお手上げになってしまう、と。

娘と図書館に行く機会も少なくない。
検索コンピュータで、なにやら検索しているだけで
肝心の本は、借りなかったりして。

本屋でも、選ぶのは、工作キットが付録になった
雑誌ばかり。

本を読まない子どもは、
おもしろい本に出会えば、読むようになるんでしょうか?

どんな本を「おもしろい」と思うのか、
彼女の読解力のレベルもあるし、と思うと、
なかなか選ぶのはむずかしい。

あなたは、子どものころ、どんな風に本を選んでいたか覚えていますか?
どんな本から、本を読むようになった、とかあります?


もう、あせりまくりです。

子ども個性があって、得意不得意があっても不思議ではないのだけど、
日本語はもちろん、英語やミャンマー語などの
文字を読むことって一生ついてまわることだから…。

講師からのアドバイスは…
「最近、10行以上の文章がダーッて並んでいるのを見ると
気持ち悪くなっちゃう子がいるんですよね。新聞みると
吐き気がするとか…。そうならないように、
とりあえず、まずは、本屋で、好きな本を選ばせて買ってあげてください。
挿絵が少しあってもいいけれど、やはり文字だけのものを」

…というわけで、さっそく本屋で1冊選びました。
娘が選んだのは「オズの魔法使い」。
学校の学芸会で取り上げた内容なので、親しみやすかったのかもしれません。

買ってすぐは、意外や意外、集中して読み始めましたが…
お風呂入ったり、ご飯食べたりしたら、
もう見向きもしません…とほほ
スポンサーサイト

コメント

やはり興味のある分野から

僕も数字は非常に苦手で、自分の会社の当月の売上みたいなちょっと大きめの数字は3歩歩くと忘れてしまうほど頭に入りません。
友人からもしかしてそれは学習障害かも、といわれたことがあります。例えばハリウッドの有名な俳優でそういう人がいて、字が読めないわけじゃないけど、活字に対し完全に頭が拒否反応起こしてしまい、台本が読めず、人に読んでもらってセリフを暗記するんだそうです。
お子さんの場合そこまでひどい状態ではないと思いますが、先に書かれた字面に慣れる訓練がいいのかな、なんて思います。
僕も小学校の時は絵本ばかり見てましたが、少年探偵団みたいな推理小説に少しずつシフトしたりして、その時々の興味に合わせて本を読んでみたら、活字の本も好きになってきました。数字に慣れる訓練もその時しておけばよかった、と思うのですが(泣)。。ま、そこはステップバイステップでいいと思いますよ~!

息子の場合

小学校時代の愛読書はゲーム攻略本でした。(今でも・・・)
感想文の宿題があるときは、ダレンシャンとか、読んでました。
高校では、月1冊ペースで指定の本を読まされてます。
小川洋子とか、吉本ばななとか、結構楽しんで読んでますよ。
マンガはずっと、好きです。

私も3歩で忘れますっ

Ling-Muさん
貴重なご経験をありがとうございます!
実は私も数字は苦手~。デジタルの「アドレス帳」なるものが登場してからは、
覚えやすいといわれる電話番号すら
覚えられません…(涙)

推理小説は楽しそうですね…。
娘が喜んでチャレンジしてくれるといいんですけどね…
暇さえあればディズニーチャンネルの
ドラマとかばかり見てるんですよぉ。

ダレンシャン!

ダレンシャン! おもしろそうですね。
実は私も読んだことはありませんが、
娘と一緒に読んでみようかな。

高校生だとおもしろい本、勧められるんですね。

塾の先生、活字に慣れるには、やはり
「漫画じゃダメなんですよねぇ」と言うんですが、
読まないよりは読んでほしいんですけど、
漫画も…よみませんねぇ。
それに、「読みなさい」と言われて
しぶしぶ読むってことが、
いいのか悪いのか。でも最初は
促さないと、だめなんでしょうか…。
ああ、読書家のエインドラさんの
つめの垢でも煎じて飲ませたいし、
飲みたいです♪

ラジオ

雷でも落ちてテレビが観られないといいかもしれません。(強引ですが)
テレビがなかったら、ラジオとか活字に興味が向くかも!
ラジオは映像がないので、言葉を聞いて想像しますよね。読書は自分のペースで言葉を追って楽しめるもの♪
言葉だけでも楽しい、おもしろい事に気がつけば読書家になると思いますよ~

息子は中学生になってから~文字中毒です。内容は伴いませんが通学の友は文庫です。ダレンシャンも大好きで何回も読んでいます。家にあるよくわからない文庫も持ち出しています。なんだかタイミングなのかも???ちなみに、幼い頃から読書に対して全く意識していませんでしたが~なぜか国語の得点だけで生き延びている息子(謎)

本好きにするのは

本好きにするって、難しいですよねぇ。
うちは、息子はまんまと私のワナwにはまって、好きな分野の虫の図鑑と電車の本、あとはマンガでさくさく読めるようになりましたが、娘はぜんぜん。
いろいろ買って与えても、なかなか読もうとしないんですよねぇ...。
つっかえずに読めるようにならないと、中身の楽しさを味わうところまで行けないと分かってるので、もっと読んでほしいなぁ、と思うのですが。
うちは5歳になったばかり、最近のヒットは「ミッケ!」の小さい子向けバージョンですが、お嬢さん、小4だから、参考になりませんね...。

私自身は小4のとき、浴びるように本を読んでたのですが、当時好きで楽しかったのは、赤毛のアンのシリーズとかかなぁ。
今の子だと、ハリー・ポッターとか。
もうちょっと楽に読めるのだと、テレ東でやってるアニメの原作本で「デルトラクエスト」シリーズは読みやすくて面白いです。

図鑑系は、分野がはまると結構読むんじゃないかと思いますよ。
ドラマとか見てるのであれば、ストーリーを理解するのには抵抗ないんじゃないかと思います。
コバルト文庫とか、どうですか?
高校生のころ、よく友達と回し読みしてましたが、今思うと、もっと年齢低くても読めたなぁ、とw
古いですが、「なんて素敵にジャパネスク」とか。
体裁は小説ですが、中身は少女マンガですから、読みやすいし、女の子には楽しいんじゃないかなと思いますよ~。

KUKOさん
本当ですよねぇ。
夫がいればすぐテレビをつける。
私も気づくとテレビをつけるようになっています…(汗)

本は、確かに「自分のペースで言葉を追って楽しめる」ものですね!
スローで、マイペースな娘には向いている媒体かもしれません!
ひそかにじわじわ応援していきますっ。

まははさま
電車に乗る時間って、本を読むのに最適かもしれませんね。
でも息子さんは、もともと読解力があるから
本が楽しめるんですね。
訳の分からない本に手を出そう、という勇気はなかなか持てるものではありませんよ。
スゴイ! 

彗星さま

不思議ですねぇ。うちも1年生の息子は自分から本を開いているし、
音読も上手。でも、娘は真逆。

彗星さんのわなにはまったというより、
もともと本を楽しめる性質(?)だったんでは? 血ですよ♪
浴びるように本を読んだ彗星さんなんですから。
でもお嬢さんもまだ5歳でしょー!?
もうっ。4年生になったら、
お母さんと同じように、浴びますよ・笑。

確かにテレビのドラマから入るといいのかもしれませんね。
オズの魔法使いも、学芸会でやったものを、
確認しながら読むので親しみやすかったようです。
なんてすてきなジャパネスクもおもしろそう♪
まず私から読もうかな♪

うちの場合

うちの小3のお兄ちゃんの場合は、ハリーポッターをDVDでしこたま見たあとに、あの電話帳みたいな日本語の本を読んでいました。それまでは普通のマンガ昔話とかだったのですが、なんだか急に針ポッターのもともとのお話に触れてみたくなったようです。

で、年長さんの妹はやはりお兄ちゃんが読んでいる姿を見て、自分も、自分も!の自己主張の中で読み始めました。狐が仮面?みたなのをつけているマンガを読むのが大好きです。

これはばっかりはどうしたらいいですかね。。。うちの場合は、そろそろテレビをなくす話をしていますが・・・。あと、前に住んでいた場所のそばにあった学研教室の先生が本好きな方で、よく子供たちの年齢に合わせた本を貸してくださったものよかったようでした。親の言うことには反発ばかりしてた時期(反抗期?)があったお兄ちゃんも、他人である先生から「個のホン面白かったよ」と言われると、素直に手に取っていたようです。

ハリーポッター、大作ですよね。

u-zeekwyetさん

さすがu-zeekwyetさんのご子息。
娘は本屋であの厚さを見て、
手に取ることもしませんでした。

テレビをなくしてしまうのは、いいですね。
うちは夫が帰ってくるとすぐテレビ、という家なので、
イライラしまくりです。
今日も同じ状況だったのでぶちきれました(汗)

u-zeekwyetさんのお近くにいた先生、
いい先生になりましたね。
なかなか子どもにびしっとあう本を見つけるのはむずかしいものですから。
そういう大人が近くにいないのがいけませんね。
はい、もちろん私も未熟者です。
リサーチしないと。
ハリーポッター、買って置いておこうかな。

私も試行錯誤です

私は活字中毒なのに子供はあまり興味ないみたいで、最近はようやく英語の物語を読むようになりほっとしています。日本語の本位もなれて欲しいと思いつつ本人のきょうみの沸くものを選択できないというデメリットのせいでなかなか前に進みません。

最近は少女マンガを進めています。(私が愛読していたものなのでストーリーは古臭いけど)私も漫画で多くの漢字を学んだ子供の一人ですから、漫画は否定しません!

とにかく今の段階では本を読む時間を作ってあげることと、一緒に楽しんであげることくらいですよね。

読む時間

母饅頭さん

お母さんが本を読む姿を見ていれば
だんだん読むようになるかもしれません。
実は私も、仕事で必要な資料には山ほど目を通しますが、
家で暇なときにはビデオを見てしまうほう…(汗)なので、
娘の読書苦手は私のせいかも。
(でも夫は大の本嫌い。こっちに似たのかな)。

でも英語の本を読むなんてスゴイ。
まずは英語は安心、ってことですかね。

マンガ、いいですよね。
なぜ塾の先生がマンガがよくないというのかというと、
やはり「字面」に慣れることにポイントをおきたいから、と言っていました。
できれば挿絵も入っていないものを
読むようになってほしいな、と。

母饅頭さんがおっしゃるように、
まずは本を読む時間を作ることって大切かもしれません。
学校から帰ると宿題、習い事、塾、と続いているので、
子どもたちはボーっとする時間は少ないですからね…。

だからこそテレビはいらないんですね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。