スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イチロー?が野球のコーチにやってきた 

カテゴリ:今日のできごと

息子がお世話になっている地域の野球チームには、
参加している子どもたちのお父さんが数人、監督とコーチとして
めんどうを見てくれている。

普通監督・コーチもだいたい子どもと同じチームのユニフォームを着ているんだけど
まあたまたま自分のスポーツウエアなどを着て参加している。

いや、今年は寒いから辛いのなんのって。
それでも母親たちは試合がある日だけ応援に行くくらいなんだけど…
お父さんたちには本当に頭が下がる。

と、昨日は練習試合があったので、応援に行ってみたら、
ファーストとセカンドの間に立つ審判は、イチロー!

見れば見るほどそっくり。細身の長身。
上下シルバーのトレーニングウエアに、
サングラス。角ばった頬の感じもまるでイチロー。

と、応援者のママを見渡したらKくんのパパだと判明。

パパイチローのママに
「ちょっとぉおお、パパ、イチローに似てる~」というと、
「うんもうぅ~、アノヒト、形から入る人だから、狙ったのかもねぇ
昨日もフラリと出かけたと思ったら、シューズとか買ってきてたのよぉ」

そんなふうに、案外パパは外見からスポーツを始める人は少なくないようだ。
(うちの夫は真逆。家にあるものなら何でも着る)

そしたら、もうひとりのコーチのママも、
「うちのも結構形から入るわよぉ。
出かける前にアレ着たり、コレ着たりして鏡の前で悩んでるからさ、
子どもばっかりのチームなのに、なんでそんなに気にするの、って
言ってやったわよぉ。まあ、かっこいいつもりなんだと思うわ~」

というママの伴侶コーチは、まさかそんなに気にしているとは思わなかった、
という風貌のヒトである。

外から入る、というのは、彼らのこだわりなんだろうなぁ。
その世界にぐいと自分を集中させるためのおまじないじゃないけど、
アイテムみたいなものなのかな?
自分で「キマッタ」みたいな格好していると、気持ちも堂々とできる、からね。

うちの夫みたいに、寝巻きか分からないような毛玉のついたズポンなんか
絶対に許されない。「キメル」という考えは、これっぽっちもない。
ミャンマー人がそうなのか、といえばそうではなく、
ミャンマーでも、無理のない超自然体で、周囲の笑いを取る。

だからトキメかない。

やはりパパイチローはかっこいい。

3回戦目と5回戦目のはじめに審判にお茶を持っていくのが
応援ママの主な仕事なのだが、
ワタシが行きましたよぉ。彼は、少量のコーヒーをさっと飲み干して、
「ああ、ありがとうございます」と、さわやかに言ったのに、
アタシは何も気のきいたことも、天気の話すらできなくて
オバカだよぉー。



スポンサーサイト

コメント

カタチから入る、、、って賛成です
ってな訳で
1拍手!

まははさま
けっこう、力が湧いてきますよねっ。
拍手ありがとうございます!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。