スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ところ変われど遊び変わらず 

カテゴリ:旅の覚書

7歳の息子はベーゴマやコマが大好き。
そんな息子が今回の帰省でであったのは、
ミャンマーのこどもたちが遊んでいた「ジン」と呼ばれるコマ。

jinnnn.jpg


タイヤの素材(?)を使用したような本体と、
ヒモの端っこにビンのふたが結び付けられて滑り落ちない工夫がある。

IMG_jin.jpg


ベーゴマは、ヒモを巻いて、横に向けて投げるようなスタイルなのに対し
(私が知っている投げ方ですけど…)
ミャンマーのジンは、上から地面に投げつけるように投げて回す。
それをすくって手の上にのせたりするのは、
日本のコマと同じスタイルですね。
でもその形や色がキュートで。1セット(コマと紐)100K。ほぼ10円でした。

そんな、ちょっと私たちにも懐かしい遊びがあると思うと、
日本のゲームセンターからの流れ品(?)をそろえた遊び場も人気で、
連れて行ってもらいました。

IMG_3033.jpg


説明書きが日本語だから、ミャンマーの子供たちはあてずっぽうにゲームを
楽しんでいました。
太鼓の達人のほか、ぬいぐるみキャッチャーとか、キャンディ落とし(?)とか、
まあ、日本のゲームセンターにあるものが揃っていました。
しかしその奥のエリアでは、ルーレットが2台置かれて、
大人の男たちが6~7人揃って、真剣なまなざし。
そこだけカジノになっていたんですね…。ガードマンもいて、
目を光らせていて、「no camera」と制止されてしまいました。

料金は日本のゲームセンターよりもちろん安くて、1000チャット(100円)で、
20枚くらいのコインがもらえて1枚か2枚で1ゲーム。

ま、こういう遊びもみんな好きで。
楽しいことは子供も大人もみんな好きなんですね。
まだDSまではいっていない所でまだみんな健康的(?)と言えるかもしれません。



スポンサーサイト

コメント

ミャンマー旅行

随分長い間行ってきたんですね!
しかも地元の遊びを子どもたちは満喫。
素敵でとってもうらやましいです。
是非、今度行くときでは一緒に連れて行ってぇ~。(^^)

事件後のミャンマーは落ち着いていますか?
ゾゾのご両親他身内の方は怖い思いをしかったのでしょうか。
今日子ちゃんの明るい文章を見て、きっとそんなことは
なかったんだろうな・・・と思います。
旅の記憶、どんどんUPしてくださいね。
楽しみにしています♪

わ~すごい!日本のゲームがあるんですね~!お値段も私たちのとってはありがたい金額だし。

お子さんはとっても楽しまれたのでしょうね。すんなり溶け込めるのは子供ならではですよね。

Youmeさん
お久しぶり(笑)♪
楽しんできたよぉ。こどもたちは、
宿題や習い事から開放されたのが一番だったのかも…(苦笑)

知らないところでいろいろなことが動いてはいるのでしょうが、
ミャンマーはいつもと変わりない様子に思えました。
でも帰国するまで、「何が起こるかわからない」ということではドキドキでしたけれどね。

ぜひ一緒に行けるときは行きましょう!

母饅頭さん
そう!ゲームの料金は安くてたっぷり遊んでいました。
でも、日本のゲーム機よりゲーム時間が
短い、と夫が言っていました。

こどもたちは、
そうですねぇ…遊びの中では溶け込んでいましたが
やはりきょうだいがいると、
二人で固まって日本語で遊んでいるので、
現地の言葉になかなか慣れませんでした。

へぇ~。不便な生活とはまた別の面もミャンマーにはあるのね☆
太鼓の達人があることにビックリ。
いやその前に、ゲームセンターがある事にまずビックリです。

sunaoさん
そうなのよ。私もゲームセンターにはびっくり。それに子どもたちもうまい!
娘は負けてました…(汗)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。