スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夫婦が似ること 

カテゴリ:夫婦生活

朝方、開け放っている窓から入る風が涼しくて目を覚まし、
タオルケットを引き寄せて胸の上にのせた。

普通日本人って、「お腹だけは冷やすな」といって
お腹にタオルケットや、バスタオルをかけて寝る。
もちろん私もそうだったのだけど、今日は胸、だったのだ。
で、ぼーっとした頭で考えた。

夫婦が似てくるというのは、こういうことなのかな、と。

ゾゾ(夫)は、暑いとき、「胸を冷やすと咳が出るから」と
胸ばかり気にしており、寝るときは、タオルを胸の上だけにのせて寝たり、
家で動いているときも、ランニングシャツをそのまま着ずに、
腕を通す左右の穴(袖?)に首をつっこんで
胸だけ冷えないように、身頃部分を胸にたらしていたり(想像できるかなあ、この姿…?)と、
とにかく変なことばかりするので、呆れてみていた。

しかし、結婚して10年近くになったせいか、そういう姿を気に止めなくなり、
その代わり、私が同じことをしているではないか。

最初は、変な習慣を見て、文句を言ううち、文句を言うのに疲れ、
諦めて暮らし始め、知らぬ間に、相手のペースに巻き込まれていた、
というようなことが、生活を振り返ると、けっこう、ある。

最初は蚊が入るからいやだった窓も(網戸もなしに)一晩中開け放って眠ること。
1年中四六時中蚊がいるミャンマーだが、網戸というものはないし、
まず、網戸をすると風が入らないから、と設置しないし。

玄関のドアを開け放っておく。
私は向こう棟の住人や、廊下を歩く人に部屋を丸見えにするのは
いやなのであるけれど、夫の言い分は上記と同じであり、
確かに開け放っておくと風が通り、料理の臭いも残らない。

あとキューリを生で、何もつけずにぼりぼり食べる、とかね。
ミャンマーの人って、おかずの味が濃いから、ときどき生野菜を食べて
お口直しをしながら、食べる。その食べ方は日本にいても変らない。
そのうち、子どもや、いつしか私まで、バリバリ食べてるし…。

と、日々、「あやや、丸め込まれてしまった」と気づくことがある(今思いつかない…けど)。
「やだ、ゾゾと同じことやってるじゃない、私」と。

日本ではやらないから、とか、男は(女は)どうだとか、
そういう考えをとっぱらってしまうと、
案外、人のことを、受け入れるのは、難しくないのかもしれない。
難しくないとはいえ、そう思えるまでに、私は10年かかったけど。
(まだ今も進化途中だし)

そうやって巻き込み巻き込まれしていくうちに、
なんとなく、お互いのいろんな習慣や、
考え方の違いを受け入れ、理解しやすくなるんだろうか。
ちょっと秋を感じる朝の風のなかで、そんなことを思ったのである。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。