スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミャンマーの夏のごあいさつ♪? 

カテゴリ:ミャンマーの食べ物

ミャンマーから食材の包みが届いた。

DSCN2242.jpg
 ミャンマーのお茶菓子のひとつ、フルーツの砂糖とうがらし漬け。
甘くてすっぱくて辛いのが、ウーロン茶に
よく合うのです♪
左から、
マンゴーの漬物と、メヤンティというすっぱい実の漬物。そして
一番右は、シャウティというみかんの皮を乾したもの。


DSCN2240.jpg


ゾゾの妹さんが作ってくれたとうがらしのふりかけ。
にんにく、タマネギ、とうがらしが主な材料で、
カライけれど、味わい深い一品。この品、薬の容器(?)に
入れて送ってくれるところが、ミャンマーらしい…。

DSCN2239.jpg DSCN2247.jpg


これも、ミャンマーのお茶請けになったり
ご飯のおかずにもなるお茶の漬物。
緑色の物体が、お茶の漬物で、積んだお茶の葉を
蒸して、密閉して発酵させたものです。
にんにくを揚げたもの、ゴマ、干しえび、そのた
ナッツ類などとあえて食べます。お好みでトマトやキャベツを入れて
ピーナツ油をドボドボ、味の素をパパパパとかけて食べるんです。

これまたウーロン茶やビールによく合います。
ういっ♪ 

スポンサーサイト

コメント

マンゴーの漬物って初めて見ましたし、初めて聞きました。
いや、知らないことっていっぱいありますね。
漬物というけれど、マンゴーの甘さは残っているのでしょうか??

うちも同じタイミングで、シャウティのお菓子を送ってもらいました!子どもたちが速攻で取り合い。あとは抜け殻の山・・・。

マンゴの漬物、果物というより野菜の状態でカレー味のような唐辛子味のような、甘ずっぱいなんとも言えない味わいで、なかなか御飯が進みます。。

raymie-ye さん
ミャンマーでは、マンゴーは、甘い熟した果実を
デザートのみならず、おかず(!)にして食べるんですよ。
それから、このように、甘辛い菓子にする以外に、
油につけて、福神漬けみたいな感じで
煮物に添えて食べるんです。
それがおいしいんですよ。
甘さも残っているし、辛いし。
すっぱいので、お口直しみたいな役も兼ねてるみたい!

u-zeekwyet さんのサイトにも、
詳しく紹介されていますよね!
お子さんたちは、喜んで食べられる(can eat)
んですね。
うちは、辛味がまだ苦手(もう小4なのにー!)で、
ミャンマーの味わいを喜べません。
やはり、お母さんが、ミャンマーの人だと、
小さいうちからミャンマーの味にも慣れることができて
いですよね。
もちろん、ミャンマー語も、日本語も、ぺらぺらでしょ?
うらやましいです!

どれもこれも珍しいものばかり。全部ビールに合うのですね?(笑)遠く離れたFAMILYを思いやる気持ちは世界共通ですね!

向こうは暑いから、食材を漬物にしてもたせるのかな?
そぉゆうの多くない?でも美味しそう!
夏バテ防止、食欲増進!って感じだねv-221

オーラの母さま
ほんとう、ミャンマーの家族に感謝です。
こちらは電話ばかりで、なにも送っていない不義理な嫁…。
反省。

sunaoさん

そうですね、けっこうなんでもトウガラシにつけてる
ミャンマー。
暑いと食べたくなくなるからね、この甘辛さは
食欲増進用だね。
でも、歯が痛くなるんだよね…。
中国に近いから、どんな材料を使っているのか心配。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。