子どものころの思い出 

カテゴリ:今日のできごと

やかまし村の子どもたち』を観た。
スウェーデンの田舎の子どもたちの様子を描いた映画。

大きな事件が起こるわけでなく、
子どもだけで遠く離れた町にお買い物にいくとか、
大人が「いる」といった水の精を探しに、
夜中に川にでかけてみたり、
干草の上で寝てみたりという、
子どもたちの、日常のワクワクがいっぱい。

私なんかは、埼玉の片田舎の出身だから
梅の木の林を駆け回ったり、
ザリガニつりに行ったり、菜の花の畑に秘密の基地を作ったり、
「こんなようなこと、あったなー」なんて
郷愁に浸りながら観ていたんだけど、
実はゾゾも、「ぼくも~」と感じていた。

「ああー!ぼくもこれやったー!」と叫んだ。
というのは、
早朝に起きてどこかへ行く、というときに、
早く起きた子が、隣りの家の子どもを起こすのに、
足の親指に結んだ紐を、軒下から引っ張るシーン。
(子どもは足を窓に向けていて、
紐を窓から外へ、長くたらしている)

「やったよ。朝5時ごろ、友達が紐をひっぱって
起こしてくれて、一緒にシュエダゴンパゴダ(ヤンゴンにある
ミャンマーのパゴダを代表するパゴダ)の裏にある
林で歩いたり、木に登ったりして遊んだよ。
あのころは本当に楽しかったなぁ」と目を細めた。

夫にも幼年期の甘酸っぱい思い出があるのだな、と
ときどき思う。ミャンマーなどは、スウェーデンより
はるかに面白そうな思い出がありそう…

またおいおい聞き出してみます♪ 


スポンサーサイト

コメント

興味深いですね~

ミャンマーの生活。想像できませんが(勉強しますね)足の指に紐を~というところ???埼玉も山口もたぶん同じ時が流れていたのでしょうね~この私でも幼い時には手に虫を乗せてましたもん。

私は相方の高校までの話を聞くのが好きです(笑)
日本ではやれないようなことをしてきているので(笑)
大自然の中で裸足で鼻水たらしてかけまわっている相方少年を想像するのがおもしろいです。

ぜひぜひ聞き出してください♪

素敵だね♪

隣りの家の子どもを起こすのに、 足の親指に結んだ紐を、軒下から引っ張るなんて素敵なシーンね。

私も田舎育ちで毎年春になるとセリを田んぼに取りに行ったりしたっけ。
祖父母の家の田んぼの畦ではどじょうが取れたいい時代でした。
今はありえないけどね。(^^;

お金を出して経験しようとしないとできない自然とのふれあい。
その自然とのふれあいを共感できるご主人ときっと里帰りで
味わうことができるミャンマーという田舎があることが羨ましいわ。

ゾゾの話はもっと聞きたい!
是非聞き出してね♪

そうそう、ミャンマー行きはどうしました?

初コメントです☆
きょうこさんこれからこちらでもよろしくね♪

ゾゾさんのお話し。まるで映画のワンシーンを
見ているような気持ちになりました。
素敵な思い出ですね。

私も近所のS公園にザリガニやクワガタ取りに行ったり、ちょっとした洞窟?もあり
そこにコウモリがいたことなど思い出し
懐かしくなったわ~。

足からたらした紐の先に、大きめクリップをつけておいたら
新聞屋さんが新聞挟んでくれるかも!(笑)

ミャンマーならではの光景ですね。
鼻毛の家は一階なので、クリップで物売りから買い物が
できる、3階くらいの部屋に住みたいです。

こんばんみ♪
コメここでよいのかにゃん??
ゾゾさんのいい思い出☆
そして今日子さんのいい思い出☆
う~~んいい話だ!!

オーラの母さま♪
山口も、スウェーデンのようじゃないかと
想像しますが(足に紐はつけませんよねー、日本は)。
虫を手にのっけてたとは。おてんばお譲様だったんですね!

マイセンさん♪
相方さんは、それこそ秘境でお育ちだから
のびのびと自然のなかで遊んだでしょうね。
相方さんの話に頬を染めて聞き入る
マイセンさんの姿が目に浮かびますよん。
ヤンゴンは公園や林がないから
わずかな林や緑地を見つけて遊んだという
ことですよ。

youmeさん
あのへんは、私たちが子どものころは
かなり遊べたよね。高校周辺も、いまでさえ
建物ないもんね。
今は自然があっても外で遊ばないかもしれませんね。
家にはテレビもゲームもあるし、快適だし。
外で子どもは外で遊ばないから、
さらに子どもは家にとどまる。
いやはや。

ましゅりんさん♪
初コメントありがとう!
近くに洞窟があって、コウモリ!?って、
この辺の話~~!?(じゃないよね?)
それもすごいです。楽しそう♪♪
私たちが子どものころに味わった
ワクワクドキドキって、子どもにも伝えたいよね。

Mayupaさん♪
あれですよね、ほら、ミャンマーは
1階を購入するのがステイタス(というか
一番使いやすい)だから、3階は無理ですよ(笑)。
あの紐は結局「めんどくさいから」の紐ですからねぇ。
郵便物とか、2階の洗濯物とかに引っかかって、
結局、2階の家に取りに来たりしてたし(爆)。そんな笑えるシーンも、いいよね、ミャンマーは。

なっち☆さん!
初コメントありがとう~。
いい思い出よねぇ。昔のことだねぇ。
あの梅林もないみたいだしな。
おばあちゃんも亡くなっちゃったから、
もうあの町に行くこともないし。
ちと、さびしいな。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)