心が狭いな、と思うとき 

カテゴリ:今日のできごと

先日、中国正月があり、
ゾゾは、中国人の仕事仲間の家に誘われていたため
なんと、昼過ぎに切り上げて、さっさと帰ってきた。
シャワーを浴び、夕方でかけて、
さっさと飲み会に出かけていった。
友人は、新婚ほやほやで、行くと見せ付けられるそうなのだが、
奥さんの料理上手と、アジア的なもてなしが
ゾゾは大好きで、彼と一緒の仕事のときはホクホクとして出かけていく。
(帰りに夕食をごちそうになったりする)

私は今日のために、1つの予定を、泣く泣く諦めているので、
さっさか帰ってこられるなら、
あたしだって、夜の予定をじゃんじゃん入れてやる、という
少々ムカムカ状態になっていた。

まあ、家では家で、今日は映画ごっこにしよう、と
『長くつしたのピッピ』なんていうビデオを借りて、
子どもとポップコーンを作り、楽しんだりした。それはいい。

そして、案の定、帰宅しなかった。
もっとも最初から、招かれた友人たちは泊まるといっていたので、
私も泊まるだろう、と思っていた。まあ、それもいい。

帰ってくると、体中からにんにくと酒のにおいを
ぷんぷんさせて、臭いのなんのって。
まだ酔ってるようで、子どもや私に絡むので、腹立たしくて
もう、しゃべりません。

眠いというので、眠り、お腹減ったといって食事を催促する。

もう勝手にしてください。

…という自分の姿を客観的にみていると、実は、非常にいやなのである。
それも、子どもが家にいる状態だし…。
だから、問いには応えるようにするし、やることはやっているが、
全身に嫌悪感が漂うのが、自分でわかるから、自分の性格の悪さを
じわじわ味わわされる。

これが逆の場合は、ゾゾは、全然攻めたりしないからなおさらである。
私が、飲みすぎて帰ってきて、睡眠時間が少なくておきられなくても
「ゆっくり寝てていいよ」と言える人で、
そういわれて、「あたしってなんていやな女なんだろう」と
思うこと、もちろん、しばしばなんであるけれど、
なんだかね。

なにかこう、自分も発散しきれていないものがあって、
それがくすぶっているときはやっぱり、イライラしやすい。
って、バイオリズムももちろん大きく関係していて、
ここ2,3日前から危険なバイオリズムに入っているのであるけれど。

またくり返しだなぁ。
前にもこんなことを愚痴ったと思います。

そうだそうだ、オウムだと思わなければいけないんだっけな。
でもオウムは、酒臭くないし、にんにくも臭わないよなー。
絡まないしぃ。
スポンサーサイト

コメント

あー もう 分かりすぎるほどわかりますわ。うちも夫がべろべろになって帰ってきてえへへ~なんて抱きついてきたりするとアホかと思います。気持ち悪くてぶんなぐりたくなります。
しかし逆はないんですね。私が双子ママの飲み会で午前様になろうと次の日家事もせず二日酔いでねていようと私がとるような冷酷な態度は全くみせないんですよ。
つくづく私も身勝手だと思います。これって男女差?性格?
どーなんでしょうね。

ようやく「夫婦生活の秘密」って感じの記事じゃないですか~良かった!ウチだけじゃないんですね。相手にイラついたり嫌悪感持ったり、でもこちらの甘えも通させて頂きます。コレが夫婦ですよ~上出来です☆

あ~、分かるなぁ。
私もそういうとき、よくありますよ。
最近は、ちょっと減ってきたかなとも思うけど...。
私なりに考えてみたところ、夫のみなさんは、なんだかんだ言って、ふだんから妻にいろいろ頼ってる部分が多くないですか?
だから妻がそういうときに、ふだんの行いがあるから、悪いなぁって思ってて、いろいろ言わないんじゃないかしら...とか。

友人に教えてもらったことをひとつ。
「あ~、私、夫に腹立ってるな~」と思っていいんですって。
そういう気持ちを押さえるんじゃなくて、「ああ、自分が怒ってるな」とか「イライラしてるな」とか、その気持ちをそこにふっと置くようにする。それだけ。
手を離す、って、友人は言ってましたけどね。

映画館ごっこ、楽しそう。
そういうことをちゃんと考えて、できちゃう今日子さんはエライですよ~☆

ミャンマー人の特性なのでしょうか??
私も妙に一人で怒ってるときとかあるんです。
でも相方はそれをちゃんと受け止めちゃう。。自分だけアンポンタン。。。
んで後で私一人後悔・・・。

嫌な自分丸出しなことが多いです、ほんと。。

いやー、みなさん、本当ですか?と思うほど、
旦那さんにイライラし、そして、受容されているんですね?! 
私だけではないのだと、勇気づけられ(?)る反面、でもきっと、私ほどひどくないだろうと思うのが本心です(汗)。

>バンビさん
あの酔った勢い、というか、あのノリって、
いやですよねー。私は結婚の前にミャンマーに1年半くらいいたんですが、
そのとき、ある結婚式で泥酔をした夫が、
帰ってきたら前歯4本がなく、なんとも間抜けな顔。あたしの結婚した人?と目を疑いました。それ以降も、さらに酔った姿に嫌悪感すら感じます!!!
でも、妻にやさしいのはミャンマー人だからではないことが、今回わかりました。

>オーラの母さま
えへへ。本当はこんなことばっかりアタマにあるんですが、
あんまりにもこんなんばっかりじゃ、
なんか情けないですよね…(汗)
しかし、母さまもですか? ときどき言葉の端々に
うぐぐ、というオーラ(!)を感じていましたが。
でもやはりご主人はやさしい。やはり、男は優しい生き物なのか。

>彗星さん
確かに、妻はかなりがんばってますよね。
特に、男方が外国人だと、対外的には(というか戸籍もだけど)私が世帯主だし、
自治会の会合とかも、私が主に動くし、
もちろん保護者としても私が……
と考えても、普通のお母さんも同じですね!

…そうかー。怒っている、怒っていると思えばいいんだ。
彗星さんそれって、仏教の真髄ですよ。
ミャンマーの上座仏教が教えるのはそれです。
感じていること、思っていることをただ受け止めて、流れる。諸行無常。
って、それが一番難しいんです、私。
我が強いからですよね…。

子どもには、害はありませんから。
最近は映画にも行っていないんで、雰囲気だけ楽しもうと☆
でも暗くしてTV画面見ると、疲れますね。

>マイセンさん
これは驚きました! 
あのマイセンさんが、怒っていることがあるなんて…。
しかし彼は限りなく優しいでしょうねぇ。

いや、みなさん、旦那さんに愛されているんですねぇ…。
こう思うと、男の存在って、偉大ですねぇ。
偉大じゃない?
偉大なら、怒らない。そうとも思う。そうだそうだ。

うちは血の出るほど、私が殴ります(爆)
割った皿も数知れず。
皿の後片付けをするのは、必ず鼻毛です。
それでも私が好きだと言う鼻毛は、
筋金入りのMではないかと。

Mayupaさん
彼は、ちっとも手をあげませんか?
忍耐があるんじゃないですか?
Mってことも、一理あると思いますが。

私も5年位前かなー…へべれけになってきたから、
腹たって、新聞紙丸めたもので殴ったら
突き飛ばされましたよ。酔ってるもんだから
「やるかー! 力で勝てると思うか~!?」
なんて気も大きくなってるから。
突き飛ばされて力の強さにビビりましたよ。
それからは、言葉の暴力です!
あの時は女の力の弱さが悔しかったなー…。

愛されているんですね、ma yu pa さ♪ん♪

 こういうことあるある!そこで自己嫌悪してしまい今日子さんはえらいですね。私はつい自分が頑張っていること、我慢していることが思い浮かんで、父饅頭を攻めてしまいます...。
 他の皆さんのコメントもなるほどと思いながら読ませていただきました。まだまだ未熟な私です。
 ちなみにスリランカの男性って奥さんに手を上げることもあるらしいけど、家では私に手を上げた時点で離婚だと結婚時に言ってあるので、かなり憤っても握りこぶしを震わせて気持ちを抑制していますね(笑)。

 映画ごっこ、私もやってみよっと!絵本ごっこは良くやります。

>母饅頭さん
いやぁ、我慢、というか、言ってももう変わらないし、
子どもの前では、さんざんぐちゃぐちゃ言ってきたので、もうそろそろやめないといけないだろうと、必死に堪えてます。
夫が近くに来たときに、独り言程度の声で
チクチク攻めてます。でも、耳があまりよくないので、聞こえないみたいで、それも悔しい!!!

スリランカの男性は手をあげるんですか。
まあ、ミャンマー人もするようですが、
基本的には穏やかですよね。
ご主人のご両親は、手を上げる、たたかれるという状況があったのかしら?
そういうのを見ていると、自然に体に入ってしまうことがありますよね。

映画ごっこ、お勧めですよ。
ほら、大人って、つい家事をしながら見たり
するじゃないですか?
そうでなく、「一緒に映画を見る」モードになれます。
楽しかったのでまたやろうと思います。
子どももすごく楽しみにしています。
絵本ごっこって、子どもたちと、
読みあったりするんですか?
もしかして、スリランカの絵本とかも?!

 絵本ごっことは、絵本のストーリのようなことを真似事でするんですよ。日本の保育所で先生がされているのを聞いて本当時々だけどやります。読みあったりもしますよ。桜餅が日本語を忘れないように。
 スリランカの絵本はどこか宗教色があってなじみにくいです。

>ハシャーニさん
絵本を演じちゃう、ということですね。
すごーい楽しそう。私もやってみよう!
日本語の先生は母饅頭さんだけですもんね。
たっぷり日本語の雨を降らさないと!

確かにミャンマーの絵本も宗教っぽいです。
何かと仏陀の話に絡んでいたりします。

日本語を忘れないようにか…。
うちはすでにミャンマー語は…だめかなぁ。
旦那ががんばる気持ちは伝わってくるけど、
日本語うまいんで、ダメです(汗)。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)