スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国人ママは、保護者会が苦手 

カテゴリ:今日のできごと

(この日記、「学童クラブ「縁日」シリーズパート2」
学童クラブ「縁日」長くなったので2つに分けました。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

前記の「縁日」が終了した後、反省会が開かれた。
親、子どもに、感想と反省点を聞いていった。
私は、6年前に夫婦で来日した中国人の奥さんと座っていて、
反省点が述べられているとき、奥さんにぐいと手をつかまれた。

「日本の集まり、いっつも1人1人に話をさせるからいやですよ、
保護者会でも、自己紹介とか、ひとことあいさつとか、
いっつも! ワタシ日本語上手じゃないからもうドキドキー!」と
目を丸くして眉間にしわを寄せていた。

中国でも保護者会はあるけれど、1人1人話すなんてないという。
先生にも威厳があって、文句をつける、みたいなことは
できないらしい。今の保護者会(たとえば先生が若いと特に)
ママ達は結構、怖くて、
「それでさ、いいのよ、先生、それでも」なんて
先生を慰めちゃったりするから結構、
「えー…」とか思ってしまうのだが、そんなのは、絶対ないらしい。

「中国は人間関係が複雑だから、あまりおいそれと話しできないよ」とも。
そんな人間関係がいやで、来日したというが、日本はそれはそれで
人間関係なさすぎで悲しい、つまんない、とか。
ちなみに、中国では奥さんは公務員、旦那さんは銀行員だったから
生活もそこそこよかったらしいが…
「日本ではさっぱりよ」と彼女。よっぽど人間関係が難しかったのかね。

中国の人ならビジネス得意じゃない? と聞いたら、
「一昔前の人はみんな自分の商売をしていたけれど、
ワタシタチの世代はサラリーマンよ、だいたい」。

話を聞くと、日本の職場でも、アパートの自治会でも
人間関係に苦労しているようである。
私は、娘と、彼女の息子さんが同じクラスで、
学童クラブの保護者会でも顔を合わすから、仲良くなったのだけれど
オープンマインドで、とてもおもしろい。
でも来日して6年間、笑って話せる友達ができなかった、
というのだから、辛かったろうなーと思う。
「お茶に誘われたから友達ほしいし、行ってみたら、
お寺に連れて行かれて、御札、買え、って言われたよ、
だから、あまり簡単に人を信じられなくなったよ。
お茶しよう、って言われたら、まず疑うようになっちゃった」だって。
それで、
「やっとアナタとか、●●さんとか、××さんとしりあって、
やっと友だちできたのよ、うれしいよ♪」と手を握った。
(中国の人は、スキンシップが積極的で、
ちょっとドキドキします。手を握られ、彼女の太ももとかに
もって行かれて、そのまま話をされると、
「私の手、ど、どうしたらいいんだろう」って迷っちゃいますよね。
ま、それが男ならなおさらまずいけど、
女の人に握られても、ほら、日本人は友だちでも手を握ったり
しないもんね。歩くときちょろっと腕に手をかけることはあってもさ。
でも、彼女の安心感や、うれしい気持ちの表れなんだろうなーと思うと私もうれしくて、手を握り返しました♪)

でもたいへんよ、と続く。
「アナタのうち、旦那さん外国人でも、アナタが日本人だから
大丈夫、でも、うちは、2人とも外国人だし、
言葉できないから、ホントたいへん。この前はアパートの人に
お金騙し取られたよ」と話して肩を落としていた。

確かに夫婦2人とも言葉が不自由だと、たいへんだろうなー。
会社の転勤とかで、サラリーも保障されて、会社に行けば
同じ国の人がいる、というのでもなければ、
自分で仕事を探し、なれない言葉で生活をし、
その国のちょっとした習慣に、なれていくのも時間がかかるし。

特に、お母さんが外国人の場合、保育園や学校に関わると、
毎日毎日これでもかこれでもか、と言わんばかりに
クラス便りや学校便りや、園便りや、PTA便りや、アンケートや、
行事の感想を書けとか、とにかくプリントが多い。
連絡も多いから、ミャンマー人のママはほとほと呆れ、
「もう、プリントも読まないよ」とグチをこぼしていた。
本当、確かに、面倒です!
日本人の私だって、「こんなに読めるか!」って思う。

またまた、だから、毎日
「連絡は!? プリント出して!」って娘に言わなくちゃならん。
結構たいへんなのである、毎日だからねぇ。
それをふっと忘れていると、
「絵の具代の集金、忘れたー!」とかなってしまう。

ので、スミマセン、プリント減らしてください~。
(明らかに読まないようなプリントも来るんですよねぇ、
あれは、ちょっと、やはり、考え物です。
学校のプリントコーナーを作ってほしい人だけ
持っていくようにしたほうが、
紙の節約にもなると思うんだけどなー)

学校、学童の話ばかりですみません(>_<)
ともあれ、縁日が怒涛のイベント月間10月は無事終了!
明日は、家の掃除をするぞー!

スポンサーサイト

コメント

私も

保護者会が苦手です。みなさん、一言ずつの場面ではお話がお上手ですね~
学童の保護者会はもっぱら父親に参加させていました(なぜか夜の会合←飲みは母親参加)
夏休み前にあった高校の保護者会では、すっごく語るお母様がいたのですが、ずばり『時間もないですし、みなさんどのような意図で今日の保護者会に参加されたのか聞きたいので手短にお願いします』と発言されたお母様がいまして、、、その他大勢は、、、ドン引きしてしまいましたぁ(苦笑)

私も

苦手でしゅ・・・人前で話すの・・・まして言葉が違うとなると
大変でしょうね~。。

オーラの母(怪気炎)様!発見しましたのでさっそくコメントさせていただきました~v-10

それにしても凄いタイトルv-12惚れました!!

うちらがミャンマーの学校で、子供の保護者会でミャンマー語で
話せって言われたら、どんな気持ちがするだろう。
でもおおらかなミャンマーのこと、多少こちらの発音がおかしくても
言ってることが伝わらなくても、ニコニコと許してくれるに違いない。
だけど日本人ってどうだろう。
外国人を理解しようとする人も実際少数派だと思うし、「日本は人間関係なさすぎで悲しい、つまんない」っていう
中国人ママの言葉、身にしみてわかります。

私が夜ネットをずっとやってて、鼻毛が
「あなたミャンマー行ったら、そんなにネットできないよ」
って言うから、「別にミャンマーではやらないもん。
だって実際に会って話する人がたくさんいるでしょ」
って言ってやった。
近くのティーショップに行けば、いつもの面々が集まってるし、
実家に行けばみんながやっぱりそこにいる。
今この東京のアパートには、私は一人だけ。
だからネットに向かっちゃうんだと思う。
やっぱり私もさみしいからなのかな。

>オーラの母さま
ええええー、母! 苦手ですか?
母様こそ、お上手そうですよ。
保護者会よりも、飲み会ですよね、やっぱり。
遠い輪になっても、交流なんかできやしませんね。
やはり車座になって飲まないと!
でも確かに場をわきまえず、とうとうとしゃべって
しまう人はいるので、
はっきりと、意図を聞いてくれる、頼もしいお母さんも
結構必要だったりして♪

>imai-naoさま
よき同胞よ!!
書き込みありがとうございます<m(__)m>
naoさまは、ええーとか言いながら
ぱしり、といえる強さがあるので、憧れています♪


>mayupaさん
そう、私やはり、アジア系の人が好きなんですねぇ。
だから、中国人のママたち、大好き、だから
相手も、慕ってくれて、うれしいです。
でもこのママ、なんというか、オープンマインドでいたら、
ザクザク心臓を突き刺されてきた、みたいな
経験が多いみたいで、ホント応援したくなりますよ。
自治会中のトラブルで、引越しすらしたそうです。
心細い境遇を理解して、助けてあげる、というより、
排他するんですよねぇ。知り合いではない、ということは、
この国でも、辛いものです。

mayupaさん、Mに行ったら、そりゃ楽しいですよ。
家にいたら日記一行も書けませんよ。
次々人は来るし、同居の家族だっているでしょ、
向こうへ行ってまあ、1年は、親戚がしょっちゅう
訪ねてきますしね。
自分のペースで生活できるようになるのは
1年目くらいかな?
楽しみですね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。