「海外旅の写真術」受講♪ 

カテゴリ:今日のできごと

以前日記を書かせてもらっていたサイト「恋するアジア」には、
ウェブ以外にミニコミ誌があるのだが、
その表紙を撮影をしている写真家・日比野宏さんが教壇に立つ
東京写真学園のセミナー「海外旅の写真術」(3日コース)を受講してみた。

日比野宏さんて、旅先での人との出会いをテーマに、
写真と文でつづった本を何冊も出している方。
(ちょっと野球の古田敦也に似てる♪)

旅に対しても、写真・文に関しても、もちろん人に対しても
ふか~い愛情と知識を持って向き合っていることが、
尽きることない旅の話から伝わってきた。また話もうまいのである。
(著書からだと、そのソフトな外見からはうかがい切れない、
激しさや熱さなども感じられるんだけどね)

3日間の講習から、カメラマンとして、また物書きとしてやっていくのには
堂々と「撮るぞ」という姿勢で被写体に向かうこと、
出版社に持ち込むときは「熱意」あればこそであるということを
改めて学ぶこととなった。

そこで知り合ってランチをした女性が、
趣味のボクシングを10年やっていて、そこに今年からカメラを始め、
途中で投げ出さないために高価なライカを買った、と話してくれた。
しかし、趣味って継続するのって、簡単でもあれば、難しくもあって、
彼女の場合、飽きたりしてくると、モチベーションをあげるために
キャパなんかのドキュメンタリーを見たりして、
自分に渇を入れるのだそうだ。

今回、日比野さんの話を聞きながら、
「よし、私もがんばろう♪」って思えたのですね。
だからすぐ何を、というのではないのだけど、
これが「モチベーションをあげる」ってことなんだな、って思ったわけです。
そういうことから最近ずいぶん遠ざかっていて、
日々淡々と仕事をこなすか、ネットを見ているか、
という怠惰な生活になりがちだったので、いい刺激になった。

スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)