スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保育園の民間委託の説明会に出席してみた 

カテゴリ:今日のできごと

今日、めずらしく朝から新聞を読んでみたら、
「日本道路公団発注の鋼鉄製橋梁工事をめぐる談合事件」で、
同公団理事が逮捕された後に、総裁が記者会見している写真の横に
「出ても答えられず」と見出しが出ていた。
それでね、あれ、お役所関係の人って、みんなそうなんだ、と
思ったわけです。
というのも、日曜日に、保育園の関係で保育園民間委託についての
説明会に出たので、同じように「答えられない役人」の顔を見せられたのです。

去年のお盆休み中に突然、練馬区の3園の保育園が、
「民間委託になります」という手紙が配られた。
(詳細はこちらを参考に)
利用者に何の連絡もなく、突然だったために、該当園は大揺れ、
もちろん、順次民間委託にする、ということなので、
他の保育園も急遽、民営化大作委員なんぞを立てることになったりした。
私が行ってみたのは、該当園の人がどんな活動をしているかを聞く
説明会。この日は、民間委託の話が持ち上がり、
しかし利用者の根強い運動により、利用者の期待に沿う結果が
得られそうになっている文京区の方もゲストで登場した。

当然該当園の人たちは、もう移行へのお尻が決まっているので
とにかくできる限り保育の質を守ることを区に訴えている。

その運動の中心を担うのが、お父さんたちだったことは
印象的であった。彼らは、去年の夏から、毎週水曜日に
夜の11時から翌日2時まで、更に週末に集まり、対策を練り
区にぶつけている。というのも、区の役人は、
民間委託推進が本業だけれど、お父さんたちは仕事が本業で、
民間委託委員の仕事に十分時間が避けない状態で、
それでも勉強して、子どもをいい環境で育てたいという
気持ちで区に働きかけているわけである。

1時間半、話を聞いた後に、結局のところ、
保育の質が守られて、本当に経費節約になるなら、
利用者からは文句はでないのである。
なのに、区からの、無謀で一方的な通達で始まったこと、
費用の削減効果はほとんど期待できないこと、
役所の担当者が保育園や人口動態をまったく把握していないこと、
担当に保育に詳しい人間がいないこと、
そのため、協議の場で納得できる回答がされない、とか
そういう、さまざまな区側の無責任さに対して、
怒りを募らせていることがわかったし、
私も、同じ区民として、胃のあたりがメラメラしてくるのを感じた。

確かに、父兄が撮った協議のビデオを見せられたら、
役所の担当者は、父母たちの質問に明確に応えておらず、
「スケジュールを進めることが責任」なんて言っている。
「誰に対しての責任なのか?(父兄)」
「…」
「利用者の保護者に対しての責任を取れないのに、
他に誰に対しての責任があるんだ!」と罵声が飛んでいた。
本当に、そうだよなぁ。利用者のためでなくて、
誰のためなのか、本当に、考え直してください、と
確かに言いたくなる思い。

税金払いたくないよ~! って思っちゃいますよね。

民営化の件については、AERAにも取り上げられて
話題になっているとか。興味のある方は、こちら
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

民間でできることは民間に・・・

小泉さんのスローガンがいろんなところで、
現実になっているんですね。
私自身は様々なものが民営化されているくことに対して
反対ではないですが、その内情(子供たちの安全や生活の質の確保)が守られていることが約束されていいることが、重要だと思っています。

そういう意味では担当者がきちんと質問されたことに答えられないなんて論外ね。
きちんと問題にしていくべきだわ。(苦笑)

税金を払わせるためには、それに見合うしくみを、体制を市民と共に納得のいく形でつくりあげなければいけないもの。
今日子ちゃんも声を大にして、疑問は投げるべきよ。頑張れ!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。