スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父の個展。川越の画廊にて 

カテゴリ:今日のできごと

DSCN1498.jpg


父の個展のオープニングパーティが川越画廊であった。

デザイナーをやっていた父は、
一般的な定年退職の年齢を迎えるここ数年、絵をよく描いている。
というか、またゆっくり絵に向かう時間が増えてきたという感じだ。
地域の美術グループに属して、年に数回展覧会には出品していたのだが、
本格的な個展はこれがはじめて。
今回の作品の中心はミャンマーと北海道。
日差しが痛いような熱帯のミャンマーと
雪の北海道の風景は、色もタッチも対象的だった。
雪が降り積もる北海道と、日焼けをした女の子が描かれるミャンマー。
冷たい風が感じられるようなグレーの画面と、
バガンの乾いた大地を思い浮かべるような黄土色の画面。
どちらも、それでも、郷愁を感じさせる(手垢のついた言葉だけど)
素晴らしい作品群だった(親ばかならぬ、子ばか?でごめんなさい)

オープニングパーティには、
美術部の仲間や近隣の美術館の館長、美術協会の会員さんが集まってくれ、
盛大に祝ってくれた。
美術部の同僚の方たちがお祝いの言葉をくださったなかには、
父のデッサン力の高さ、
仕事に打ち込む真剣さ(時間をかける←のろい、とも言っていたような)
絵の裏側まで描きこむちからがある、などの言葉があった。

また、欧米の影響を受けた画家たちが描くのがドライであるのに対し、
父の絵に「湿気のある(父の友人のコメントより)」のだそうだ。
欧米風に流されない頑固さがある、とも。

DSCN1529.jpg DSCN1537.jpg DSCN1488.jpg

芸術で生計を立てている友人が多いなか、
私たちを育てるために(もちろん自分も生きるためだけど)商業デザインをしながら、
好きな絵を描き続けてきた父。
暇ができれば妻や子どもを置いて一人でスケッチ旅行に出かけていってしまい、
夫婦喧嘩もずいぶんと聞かされてきた。
しかし実は、
こういう絵を描いている父が母は実は好きだったりしている。
それで、自分が構ってもらえなくて、怒っていたんだな、母は。
パーティの料理も、前日仕事を休んでたっぷりこしらえていたし。

だからなんだ、というわけではなのだが、
好きな絵を、これからも、どんどん描いていってほしいな、と
思った一夜であった。

DSCN1531.jpg

スポンサーサイト

コメント

!!

お父様もミャンマーへよく行かれるんですか??
画家・・素敵ですね。
実際に見てみたいです。

私の父もそろそろ定年・・。何やるんだろ・・?

素敵ですね。

 素朴なタッチがほのぼのとして良いですね。直接見たかったです。
 なによりも素敵なご両親ですね。私は両親が他界してるので本当にうらやましいです。仕事ではなく、好きなことに熱中している親の姿も見てみたかったな~。

!!!!!!

malarさん
ミャンマーには、父は一度しか行ったことがありません。
10年前の、私たちの結婚式のとき。
ここに展示した絵はほとんど
バゴーの小さなペヤーでスケッチしたもの。

ちなみに一番下の写真の
中央の女の子の絵は、
私がモデルなんですって(似てないのよ)。
あるいは
10年前の私はこんなだったのかな?

見に来てください♪

母饅頭さん
ご帰国の際、展覧会があったら、
ぜひ遊びに来てください(すごい確率は低いかもしれませんね(>_<))。

両親は、今はなれて暮らせば、
客観的に見て、いい大人だな、と思ったりしますが、
私たちが子どものころはいつも喧嘩ばかり
(だから私の深層心理には、夫婦は喧嘩するのが当たり前って
思っているのかもしれません。正直言って、これは不幸です。どうか私の子供には引き継がせたくないものですが
私の姿を見ていると同じことを繰返してしまうかも…。話がそれてごめんなさい)

確かに仕事以外に熱中している姿は、うれしいです。
(まあこれも、家庭内ではいろいろあるのですが…)
母饅頭さんも、母饅頭さんが好きなこと、
一生懸命やっているところを
いっつも見せて上げられるといいですね。
私も、一生懸命へたくそなピアノ、
練習していますヽ(^。^)ノ

色付きの文字
こんにちわ。
すてきな絵ですね。
次個展開く時、ぜひ教えてください。
あと、日記のコメントもありがとうございます*

!!!!!!!!

結婚式、そちらで行ったのですか!?私も憧れます☆人がたくさん来そうですね。知らない人まで・・。

女の子の絵、今日子さんへの愛情たっぷりですねv-238
素敵です☆

!!!!!!!←もういいって?

malarさん、向こうで挙げたんです。
こっちでは、友人知り合いに来てもらってパーティをして、
一応正式な結婚式はあちらで。
ヤンゴンのレストランで、
知る人知らない人、500人くらい来てくれました。
あれ、すごいですよね…。日本であの形式で行われたら
どうなるのか、と青くなりそう。

最後にお客様を見送るとき、
一人ひとりに「thank you」って言って
握手するんだけど、
この人数なので、顔が痛くなりました(>_<)
malarさんも、近い将来、同じ体験を
されるかもしれませんねv-238

パパに宜しくお伝えくださいませぇ~!

行きたい!行きたい!
って思いつつ・・・結局行けずでごめんなさい!
メールをありがとう♪

土曜日に行こうと思っていたんだけど、その日、大学の学会設立の総会があって、そのこと忘れていたのよね。(><)

今日子ちゃんパパにも久しく会ってないからすっごく楽しみにしていたんだ。
今度またやるときには教えてね。
これを機にちょこちょこ個展が開かれるのを楽しみにしているわ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。