スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漢字を習う(^_^)v 

カテゴリ:これってあり? な夫の話題




娘が小学三年生になって、習う漢字も多くなってきたので、
通信教育の付録についていた「三年生に習う漢字一覧表」を貼った。

張った場所は、トイレ…。はしたなくてゴメンナサイ。
だって、夫をはじめ、娘、息子ともに長居をするので、
一番集中できる場所だと思うからです。
逆に、それを貼ったために、さらに長くなったような…。

ところでここ2,3日前に、虫眼鏡が置かれるようになったので
ゾゾだと思って聞いてみた。
「なんで虫眼鏡なの~?」
「みかこの漢字一覧表はボクにぴったりなんだよ。
レベルが。でも、よく見えないんだよな…。だから虫眼鏡、
ゆうり(息子)も喜んでるよ」
って、トイレでのブームになっていたわけだ。

私がメガネをかけていて、目が悪い人はかわいそうだ、とか
言っているし、
人に会えばいつも年より若く見られれてホクホクしているのに、
しかし、やはり、年には勝てないってことである。

三年生にもなると、娘もだんだん日本語が上手になってきて
(ミャンマー語は話せないのでどうしようと思っているけれど)
ゾゾの右腕になってきた。
「これはなんと読むの?」
「ワリザン」とか…。
ゾゾは頼れる人間が一人増えた、と喜んでいる。
(私に聞くと、うるさがられるから

だから、私もトイレの中で、小学三年生の漢字一覧を
ぼーっと眺めたりするんだけど、
難しい漢字を習っているのだな、とつくづく思う。
高学年になった子どもたちが塾から帰ってくるのが10時過ぎ、なんて
話をママ友だちから聞くと、えーーーーー!と思うものね。

果たしてそれがいいのか、どうなのか。
でも、輝かしい未来のために、必要なことなのか。

私は勉強が好きじゃないから、ミャンマーなんかに行っちゃって、
競争社会からは抜け出したい、って安易に思ってしまうのだけど、
ミャンマーの子どもたちって、すんごい小さいときから、
やはり塾なんかに行っていて、とても真摯に学びと向き合ってるから、
国が変わっても、同じかな、とも思うし…。

ふうっ。って感じ。
スポンサーサイト

コメント

子どもの教育問題は頭が痛いね・・・

中高一貫教育とか、私立受験4人に1人・・・
などと言ったニュースを聞くと毎回、どうしたものやら・・・
とつくづく考えてしまいますね。

子どもにはお受験地獄は経験させたくないと思いつつ・・・
私立大学に席を置く母としては
教授が
「今の大学生は戦後というと湾岸戦争後のことと思っていたり、
キューバ危機やベトナム戦争など全く知らない」
といった嘆きを聞くと、エスカレーター式にあがる私立大学にも疑問を持ってしまう。
かといって公立学校の先生の不祥事などのニュースを聞くとそれはそれで悩んでしまう・・・。

どの選択が子どもにとって一番なのかはわからないけど、
とにかく自分のことは自分で決められる子どもに育ってほしいと思っている。

そのときの選択が仮に結果として間違っていたと思っても
自分が選んで選択したんだから・・・と人のせいにしない、自分に責任を持てる大人ににね。

しかし・・・漢字は確かに難しい。
私なんて3年生の漢字でもわからないのがいっぱいのはずよ。(^^;

パパの個展のお葉書ありがとう♪
必ずどこかで駆けつけるわ!(^^)

漢字

我が家でも悩みの種です。長女が一年生、今のうちからしっかりと教えようと思っているのですが、普段の勉強(英語)が遅れ気味だから、つい後回し。こっちでも大学の数が少ない分、ある意味日本以上の詰め込みスパルタ教育かもしれません。

ホント難しい(~_~;)

youmeさんは、でも、自分も学生をやっていて(やってるからこそ?)
忙しいにもかかわらず、よく子どもの教育のことを考えていて、
偉いなーと思いますよぉ。
私なんか日々の宿題をこなすのに精一杯(T_T)/~~~
でも振り返ってみると、私、親と一緒に宿題やったことなんか
なかったなーと思うの、やった?
だから、子どもに任せればいいのかなーなんて思うと、
学校でも
「おうちでも見てあげてください」ということを言われるし…。

将来的に自分で道を選べるように、
いろんな世界を体験して、知っておくのは大切よね。

くーーーしかしなかなかそっちまで
手が回らないのよね…辛いわ(-_-;)

個展は、無理しないでね、遠いし。
これからブレイクすればいいなーと
狙ってます!!!!!! v-8

母国語は…スリランカの言葉?

母饅頭さん
そう考えると、お子さんは3ヶ国語を
同時進行してるんですか!?
日本語、英語、シンハラ語それともタミール語なんですか?
(母饅頭さんも、もう3つの言葉を
操るんですね! すごっ)

なるほどーーー。

そう、東南アジアの国の子どもたち、
かなり勉強しますよね。ミャンマーも、
ほんの一握りのエリートになるために、
幼稚園のころから塾らしきものに通っていますもん。

母饅頭さんは、現地のインターナショナルスクールですよね。
でも、普段はスリランカの言葉で話をするのでしょう?
日本語、とか?
(自分ちの状況をほっといて
およその言語事情が知りたい私v-398

我が家は

 家では日本語、学校は英語、ご近所や親類、メイドたちとはシンハラ語ですね。英語が一番苦手なようで、末っ子はシンハラ語が一番話しやすいようです。長女は4歳でひらがなの読み書きしたので今でも本を読んだり出来ますが、次女はもう4歳半だと言うのに自分の名前のひらがなしか知りません。
 どれもが中途半端にならないか心配です。
 あ、そうそう、私はシンハラ語と日本語のバイリンガルです。英語は中学生程度ですね...。

すごい~~~!

なるほどー。子どもたちは微妙ですね。
でも、子どもの言語に対する耳って
とても柔軟なんですよね?
すぐにトリリンガル(っていうのかしら?)になっちゃうんでしょうね。
日本語は、母饅頭さんの腕に
かかっているとか?! 

シンハラ語は、日本で習われたのですか?
すごいですねぇ。
私はミャンマー語も英語も小学生3年生並かな(笑)。
なにもかも中途半端(>_<)
だから子どもも勉強ができなくて
当然なのかな~って
心の中で思ってます(いひっ)。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。