としまえんの休日 

カテゴリ:今日のできごと

知人からとしまえんのフリーパスタダ券を譲り受け、
5月いっぱいしか使えない、というので、
今日、ゾゾが子どもと、ミャンマーから遊びに来ている友人を連れて、
遊びに行ったようだ。

朝の雨も、昼からは上がって、行楽びよりになったよう。

夕方帰ってきた子どもたちは、アレに乗った、コレに乗ったと
報告してくれたのだが、よく聞いていると、
屋内の遊戯場に子どもだけを遊ばせて、ゾゾと友人は
ジェットコースターに乗った、と発覚。

↑ゾゾには、こういう、なんというか、無責任、というか、
「子どもは屋内で遊んでりゃ、危なくないだろう」という
危機感のない行動が、前々からあって、
聞くたびに腹ただしい!(遊びに連れ出してくれたのは感謝するが)

それに昨今は子どもに関する事件が連発しており、
自分だって娘が小学校から帰るほんの5分の道のりに
危険を感じているにもかかわらず、
子どもを放っておいて、ジェットコースターかよー

と、言うと、
「いや、受付のおねえちゃんのそばにいたから大丈夫だよ」
だと。なんてヤツだ!!!!

まあ、そんなに悲劇的なことは身近に起こらないと思うのは
しかたないけど(みんな、そう思っているはずでも…)、
ディズニーランドの人さらいみたいな話を聞くと、
やはり、子どもを放っては置けない。
ディズニーランドで、子どもが誘拐される話って、
本当なのかしら? 実情は知らないけれど、
小さい子が、トイレでスポーツバックに入れられて…
って話。4,5年前の安田成美のドラマでそんなのやってたし、
知り合いも、
「え、そうだよ、ディズニーランドは気をつけないと」
なんていうから、ワタシ、かなり怖いんですけど…

とにかく、もういい加減、自分が乗りたいからって、
子どもを放っておくのはやめて~~!ってこと!! って、言うと、
「今日子たちは小さい頃から、いろんな遊びをしていたから
もう飽きているだろうけど、僕たちは、ミャンマーで
こんな遊びなかったから、今が遊びどきなんだよ」なんて
お涙頂戴の話にすりかえるゾゾ。くーーーー! 
スポンサーサイト

コメント

わかります~~。

はじめましてですね♪
今後ともどうぞヨロシクです。

うちの旦那も遊園地とか行くと自分が遊びたくて~だし、ゲームセンターも何もかも自分優先!子供は私が言わないと放っておかれちゃう。ちょっと前は3人で遊園地行って普通だと自分の欲求我慢するだろうに1人でジェットコースターに乗りに行ったりしてます(゚Д゚;)
トイザラスも好きで(笑)子供より自分がって感じ。本人も「あんたはいいよ、昔からこうゆうおもちゃいっぱい遊べてたかもしれないけどオレは小さいときこんなおもちゃなかったから・・・」といいます。
どこも一緒ですね(笑)

でも本当に最近は子供に関する事件が多いので怖いです!昔は誘拐=裕福なコだけ&身代金請求だったのが今は殺されちゃう!!怖い世の中になったものですよね。お互い気をつけましょう!!

どこも同じ!?

ぽぽちさん、メッセージありがとうございます!!
しかし、笑ってしまいました!
お隣さんも同じだったんだ、って感じで、
なんか許せちゃいます(現場では許せないけど…)。

ほんとこの辺も露出魔が多いみたいなんですよ、
ぎょっとしちゃいますよね…。
気をつけましょう!

今が遊びどきなんて笑ってしまいました。確かにそうかもしれないですけど、今の日本は本当子供には危険が多いですよね。私たちがスリランカにいる理由のひとつがそれですから。
 でも、私も久しぶりに遊園地行きたくなちゃった~!

子思いだなー。


子どもの安全のために、スリランカ、とは。
人間形成のためにも、そのほうがいいかも。
確かにミャンマーでも、こうした物騒な話はあまりないし、
(とはいえ、情報が管理されているし、
その手の情報を拾う記者もいないことを考えると、
人さらいのような事件は起こっているような気がするけど)
とにかく、一歩出れば、「おー!どこいくの?」と
声を掛け合える人たちがいる、っていいですよねー。

スリランカに、遊園地はあるんですか?

ヤンゴンには遊園地!ありますが、
日本の中古で「まぢー?!」というものなので、
乗るのが怖い。
最近日本で流行っている屋内型アミューズメントなんていうのは、
酷暑のヤンゴンには前々からありましたけどね(*^_^*)

スリランカの遊園地

ありますよ~。首都に一つ。でも夕方の5時開園(南国らしいでしょ)、デパートの屋上遊園地の規模ですね。一度子供を連れて行きたいのですが、開園時間が遅いのでなかなかいけません。行ったらブログに乗せますね!

楽しみにします~

確かに!
ミャンマーも夕方から空くのだったかな?
あるいはうちの親戚が昼間仕事だから、
夕方しか行かなかったのかな…?

楽しんできてくださいね!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)