スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「妻を愛していたから寂しいよ」 

カテゴリ:今日のできごと

…と言ったのは、うちのアパートのおじさん、というか
75歳くらいだからおじいさん。
白髪白髭で長身で体格がよく、一昔前の俳優のような雰囲気のある
(ちょっとヤクザっぽいけど)カッコいいおじいさんである。
「うちの孫が小さい頃によく似ているのよ」と、
夫婦で、うちの息子をとてもかわいがってくれた。

奥さんが病院に盛んに通うようになって1年が過ぎて、
今月7日に亡くなった。通夜も告別式も済んでから、
アパートの住人に知らされたので今日、お線香をあげさせてもらった。

そしてそのお父さん。
「いや、思った以上に寂しいよ。愛していたからよ。
片付けもなにもする気がでなくてさ。夜は焼酎飲まなきゃ、
立つこともできねぇよ」と言ってタバコに火をつけた。

奥さんは華のあるきれいな人で、よく
「今日は日本舞踊なのよ」とか言いながらいつもおしゃれして
出かけて、明るい、世話好きな人だった。

私が子どもに怒鳴る声が、聞こえるのだろう、
「子どもたちいい子なんだから、あんまり怒んないでね」なんて
言われたこともあった(>_<)

奥さんは6年前に良性の白血病ということが分かって、
合併症を起さないように気をつけていたらしいのだが
ここにきてすい臓に悪性の腫瘍ができたのがよくなかったらしい。

生前から、介護や、通院が大変そうだったが、
「いや、愛してるからさ」って、よく言っていた。
そういわなきゃいられないくらい大切に思っていたんだろうな、と
お父さんの気持ちが痛いくらいに伝わってきた。

白血病という病気は、激しい衰弱があっても、
意識はしっかりしているのが辛い、ということだったが、
「最後まで、『私が死んだら人が大勢くるんだから畳を裏返せ』とか、
『お客さんが来たら接待するように白いテーブルを2台買ってきて』とか
あれこれ指示すんだよ。
押入れになにが入ってるから取れ、と言われたって
こっちはわかんねーだろ、それで間違えると
ずーっとブツブツ言ってんだよな、世話してもらってるくせによ。
でもジメジメした性分じゃなかったからさ助かったけど。
しっかりしていたよ、最後まで」と振り返って話してくれた。
悪いが、ちょっと噴出してしまった。

「俺もすぐ逝くからよ、って言ったら、まだ来なくていいわよ、
なんていいやがって」って笑ってまたタバコをつけた。

そしたら一緒に行ったおばさんが、涙をこぼして
「本とにねー、先に逝ったもん勝ちよね、あたしなんか
旦那が早くに死んだから、小さい子ども3人抱えて、
とにかく育てなきゃいけなかったんだから。
飛行機が落ちて死ぬんじゃなければ
どっちかが先にいくんだから、ほんと逝ったもん勝ちよ。」って。

逝ったもん勝ちって…うなづいていいのか悪いのか。

分かったのは、二人とも、愛していた人に置いてけぼりにされて
悲しくて寂しいということ。でも、生きなくちゃいけなくて、という
やりきれなさ。でも、おばちゃんには孫が9人いて、
それを考えると「まだまだ」と思う、とか希望があるわけで、
お父さんは、部屋にあった自慢の盆栽を見せてくれたり、
メダカを孵化させてるんだ、と水槽の部屋に連れて行ってくれたり。
生きるなかの小さな楽しみを、たくさんもっている。
お葬式の疲れもあって、大丈夫かな…と思って心配したけれど、
盆栽を両手に抱えて自慢する姿を見たら、安心した。
スポンサーサイト

コメント

突然失礼致します。Mixiの宮沢さんのコミュから流れ流れてたどり着きました。^^
一番上の日記を読ませて頂いたのですが、とても感動し、コメントを書かせて頂いています☆
実は私の知人も白血病で息子を亡くしているのですが、その時の彼の気持ちを考えると、きっとこの大家さんと同じ事を思っていたのではないかと痛切に感じました。
シンプルだけどなかなか言えない言葉、それをストレートに伝えられるこの大家さんもきっと相当奥様に愛されていたんでしょうね☆★☆(T^T)

☆さんむー☆さん

メッセージありがとうございます。

☆さんむー☆さんのご友人の方、
ご子息を亡くされるのは、
本当に辛いことだと、思います。
親より子が先に亡くなる事は
最大の親不孝だといいますから。胸が痛みます。

お隣の夫婦は本当に相思相愛のように
お見受けしていたので、さぞかし寂しいだろうと
思います。でも、旦那さんも若くはないので、
疲れと寂しさで、奥さんに続いてしまうのではないかと
最初心配したのですよ、でも、メダカもいるし、
盆栽もかわいがっているようでしたので、ほっとしたんです(*^_^*) 

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。