ヤギ肉を使って 

カテゴリ:ミャンマーの食べ物

先日ミャンマーからのお土産には、ヤギの肉の乾物が入っていた。
そのままではパサパサ、ぽろぽろで臭みがあったので、
お義母さんが教えてくれた方法で揚げてみました。
↓揚げる前
DSCN1313.jpg


とはいえ、省略法ですが…。
お義母さんが言うには、ニンニク、たまねぎ、唐辛子などを
カリカリに炒め、その中に肉を入れて炒めるいわゆる
油返し的な料理にするといい、ということ。

しかし、夕食後に、ちょっとしたつまみにするために、
ごく簡単に食べたかったので、99ショップで売っている
乾燥ニンニクをカリカリに揚げ、その油でヤギ肉をざわざわと炒め、
最後に混ぜ合わせて塩と、味の素で味付けをした。

写真はあんまりおいしそうではないけれど(いつもパッキン入りだし(>_<))、
結構おいしかった♪
↓完成品
DSCN1312.jpg

↓ヤギの肉、と書いてあります。
DSCN1316.jpg

スポンサーサイト

コメント

うわー!

うわー!・・・よくわからない(笑)
こういうエスニック?料理って、本場の味を知らないから
作り方聞いただけじゃ、ぜんぜん味の方向性がわかりませんよね。
その点、今日子さんのところはゾゾさんがいるから
正解がわかるからいいですよね。
本見て、いろいろ作るけど、まったく誤解している食べ物って
わりと多いと思う我が家です(笑)

笑! 
写真もよく見えないでしょう? 
クリックすると大きく見えるようにする方法が、
いまだに分からない私。ごめんなさい(>_<)

確かに作り方からは味が想像できませんよね、
味の素、なんて入れているし(ミャンマーの味は
もしかしたら味の素の味かも…汗)。

お分けしたいと思うんだけど、
この土産は、ちと賞味期限があやしそうなので
(ミャンマーには「賞味期限」というシステムないし…
ゾゾは賞味期限なんてあってないものと思っているし)
もっとおいしいものができたらお分けしますねぇ!

エスニック料理だと、もしかしたら違ってる?っていうとき、
ありますよね。お土産にもらう食べ物とかも。
やはり食は現地で味わうに限りますかね。

ミャンマー料理ってどういうものかあまり想像できないのですが、ちょいちょいと作ってしまわれる今日子さん、すごいですね!私も時々エスニック作りますが、義母や義姉のおいしさにはかなわず、家ではもっぱら日本料理です。

へえ~ヤギ肉・・。
羊とはまた違う感じですか?

母饅頭さん、うちの義母、義妹も、料理、うまいです。
なかでも義母さんの料理は絶品ですが、
最近はあまりやらなくなったので、寂しいです。
母饅頭さんのご主人とか、おこちゃまたちは、
日本料理、好きなんですね。
でも、海外で日本料理って、すごく難しくないですか?
ミャンマーで、ご馳走してみたい、と思って作ると
必ず、「日本料理ってこんななの?」って顔されて
悲しい思いをします。

エミーさん、実は、私もよく違いがわからない…。
でも、ヤギ肉はけっこうミャンマーでは食べるかな。
スルメみたいに細くさいて、乾物になったのとかも、
「ヤギ」だと聞きますんで。
けっこう旨みがありますよ。
揚げてから2日たった今朝、先日の残りを食べたら、
ほどよく油が固まったせいか(いいのか悪いのか)
コリコリして「うまいー!」と絶叫してました(*^_^*)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)