スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミャンマーに電話したら 

カテゴリ:今日のできごと

お土産のお礼の電話をミャンマーのお義母さんにしたら、
お義父さんの(75歳)の調子がよくないことを知った。

つい先だって、意識不明になって病院に3日間入院していたらしい。
去年あたり脳溢血(たぶん)で倒れててから、具合がよくない。
毎月およそ日本円にして5000円程度の医療費がかかるという。
ミャンマーでの5000円という金額は
日本の価値観からすると3~5万円くらいかな。少なくない、よね。

ミャンマーには、保険、という制度もないので、家族の収入から支払う。
とはいえ、ゾゾのお兄さん(未婚)は仕事をしていないから、
2人の妹の旦那が稼ぐ収入に頼っているのだろう。

(いまだに分からない家計の状況だが、
ゾゾのうちは店先に雑貨を少し置いて、貸し電話をしているだけで、
結構食べているのである。まあ、ゾゾが買ったアパート一室の
家賃が入る、ということもあるし、
お義母さんが毎日やっている宝くじがそこそこ当たっているという
うわさもある。でも、あちこちの家の事情を覗くにつれ、
やはり「どうして食べていけるんだろう」と思うことは少なくない。
でも食べていられるのが、この国のすごいところである。
家計の事情は、つっこみづらいこともあり、わかりづらい(ーー;))

お義母さんへは、ゾゾも仕送りをたまにしているが、十分ではない。
そばにいられない分、父親にそのくらいしかできない、と話すゾゾが
ちょっと気の毒である。
すぐに行く、と言っても、再入国許可だの、手続きも面倒だし、
仕事もあるから、と飛んでいけない思いもあって、
こういうときは、遠くはなれた国にいると、不自由だなと、思う。
(そばに住んでいても、そういうことはあるけれどね)

でも電話口にでたお義父さんは、思いのほか意識もはっきりしていて
「去年の水掛祭りには帰ってきたな。
もうあれから1年じゃないか。早いな。今年は来ないのかい」と
話していた。

今年の水掛祭りには行けないので、残念である。
4月5月はゾゾの仕事はちょっと少なくなるというので、
行ってくれば、と言っているのだけれど、
なにやら、無言でうつむくゾゾであった。ふむ。




スポンサーサイト

コメント

お義父さん、心配ですね。よくなりますように・・
家系の状況っていうのも興味深いですね。
私も義理のきょうだいのおうちのことは、全然わかりません(汗)。

エミーさんも、ときどきご主人のお国へ行ったりするですか?
やっぱり不思議な「家計図」がありそうですよね?(*^_^*)

いつも楽しく読ませていただいてます。夫は外国人で義父の死に目には会えませんでした。すぐに飛行機を手配したので葬式には出席できたのですが、今でも夫にはかわいそうなことをしたと思ってます。こういうときは本当に困りますよね。ぞぞさん、今日子さんの気持ちよくわかります。両親を大事にしてあげてください。

母饅頭さん、メッセージありがとうございました。
ご主人も、やはり死に目には会えなかったのですね。
お気の毒でした。
私もどことなく気持ちが落ち着かないのですが、
ゾゾは私以上なのだろうな、と思うと、かわいそうな気がします。
電話口のお義父さんの口調では、
ゾゾにはもう会えないだろうことを覚悟していたようで、
「具合が悪いときは電話をくれよ」というゾゾに
「帰ってきて何をするつもりだ? 無理はするな」と言っていました。
そんなやりとりを聞いていて喉が詰まってしまいましたが、
でも、私たちもそういう年になったんだなあと、
振り返る機会にもなっています。
ゾゾは自分の親に何もできない分、
うちの両親にしてやりたいと思うのか、
「生きている間に、いろんなところへ連れて行ってやろうよ」と
旅行の計画ばかり考えています。

また母饅頭さんのお話も聞かせてくださいね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。