スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々にミャンマー料理 

カテゴリ:ミャンマーの食べ物

ミャンマーから日本に戻ってきたゾゾの友人が、
ゾゾの実家から食べ物を持ってきてくれた。
おなじみの魚の辛カラふりかけ(写真右上)と、
牛肉を素揚げしたもの、それとゾゾの好物のポテトチップなど。
なので、それらに合うようにミャンマー風の豚肉のおかずを作った。
DSCN1267.jpg


ミャンマーではわりとよく作るワッターヒン(豚のおかず)と言われるもので、
ピーナツ油で、ニンニク、たまねぎ、しょうがをよく炒めたところに
豚肉を入れ、炒め煮にするだけ。
味付けは塩、胡椒、とうがらし、海老エキスのしょうゆを適当に。

すごく簡単だけれど、私はいつも早めに火を止めてしまい、
ゾゾに文句を言われる。おいしく作るコツは、焦げそうになる
一歩手前までよく炒めることだそうである。

今日は、たまねぎを切らしていたので、ニンニクを多めにして
作った。みじん切りも面倒だったので、しょうがもニンニクも
すりおろしてしまった。でも、結構おいしかった。

ゾゾは「ああ、久しぶりのふるさとの味だ」とすごく喜んだので、
もうちょっとちょくちょくミャンマーの料理を作らなくちゃな、
と思いました(>_<)
スポンサーサイト

コメント

そういって食べてもらえるって、幸せですね!!
同じ日本人でも、なかなか夫の実家の味にはできないから。

味覚って、伝わりますね。
でも、どうしても私が作るから、私の母の味になっていくので、そうすると子供たちは、うちの実家ではご飯が食べられるけど、夫の実家ではなかなか箸が進まない。
夫の実家に行くたびに困ったなぁと思うのですが、メニューからして違うので、もうしょうがないかなぁと思っています。

味覚の部分では、けっこうバトルはあります。
彼はなんでも辛いのが好きで、スパゲティとか、
ミルクシチューとかに、唐辛子とかどさーっとかけるんです。
昔は、そのたびにケンカしたものですが(>_<)
今は視野にいれないようにしています(*^_^*)

でもご主人のお宅との味って、そんなに違うんだ?
彗星さんのお料理がいつもお上手だから、っていうの
あるかもしれませんよ。
子どもの味覚って、大人より敏感、っていいません?

確かに作る料理って、「母の味」に似てきますよね、
味だけでなく形状とかまで!
うちの母の料理はゾゾは食べますねぇ、角煮とか、ギョーザとか
ゾゾの好きなものをよく作るので。

ゾゾのうちは華僑で、お義母さんがめちゃめちゃ料理がうまい。
最近はゾゾの妹さんたちが作るから、味が…。
お義母さんのテクニックを学びたいものですが、
微妙ですよね、やはり、料理の味って。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。