スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苦労も、忙しさも、楽しみに変える力  

カテゴリ:今日のできごと

夕べは子どもがいなかったので、
深夜過ぎまでジェイコムの番組を、とっかえひっかえ見ていた。
で、朝も、子どもがいないから寝坊しよう!と思っていたのだが、
朝7時に電話が鳴った。

誰だ~?? と寝ぼけた頭を起して声を聞くと
アパートの同じ棟のおばさん。

「朝早く起しちゃって悪いんだけど、今日アルバイトやってほしいの」
「やってほしいの」である。「やってくれる?」ではないので、
すでに決定済みようだった。
「私が40年やってきた仕事なんだけど、
私が出かけると言ったら主人(軽度のアルツハイマーだとか)が
落ち着かなくなっちゃって、出られそうにないのよ」

仕事は、春から中学校に上がる子どもたちが注文した
うわばきと体育着を渡して、代金を受け取る仕事。
販売物を中学校の玄関に並べ、お客さんが来たら、
整理番号から注文の品を選び、上履きをセットにして渡す。

一緒にやるのは、上履き販売のセールスマンと、
この道40年の徳さんというおばさん。手際よく
よく動き、ハキハキしている。で、このおばさん、なんと70歳!
この徳さん、そのハツラツさ、頭の回転の速さ、にこやかな応対、
こぎれいなヘアとメイクで、まったく老人くさくない。
私は最初、彼女のことを60歳くらいだと思ったのである。

この時代、70はもう老人ではない。
私もあと30年元気に働けるんだ、と感じ、嬉しく思った。
しかし、今の健康な70歳は本当に若いなー。いいことである。

本日のお給料、朝9時から12時までで4000円!
なんだか、「働きました!」という実感のあるお金である

うわばき販売のセールスマンは実はアパートのおばさんの息子。
息子さんに、病気のご主人を看病するのは大変なのでは、と聞くと、
「いや、母は楽しんでいるみたいです。
あの人は大変なことや忙しいことでも楽しめるんですね。
上履きを販売するアルバイトしたり、チラシ配りしてみたり。
楽しんですね」とのこと。
朝、私が逃げ腰だったときのくどき文句はこんな感じ↓
「あなたはいつも家で書いているばかりだから、
たまには違う仕事をするのも刺激的よ!」だって。なるほど

はたからみると、介護は大変で、介護している人は気の毒だ、と
思いがちなのだが、そう思っていない人も、もちろんいる。

アパートのおばさんもその一人で、陽気で前向き、活動的である。
そんなおばさんに、急なアルバイトもやってくれる、と
思ってもらえて、声をかけられたのだったら、ちょっとうれしいな。

午後は、ゾゾは、子どもを迎えに私の実家へ出かけていたので、
私はもらった4000円を握りしめ、美容院へ
時間がたっぷりあるので、久々にパーマをかけた♪

おもしろく、のんびりくつろげた週末であった



スポンサーサイト

コメント

わ~なんかいい話ですねっ!
今日子さん、おつかれさまでした。

なんていい話!!
おばさんの口説き文句も素敵です。
私も、なんでも楽しめるようにしよう!!
そう、100歳と思えば、私の人生もまだ半分も終わってないんですね。
ヘアとメイクと、おしゃれ心を忘れないように生きていきましょう。

本当にステキなおばさん、というより、おばさまですよ。
「すてきですね」と伝えると、
「苦労しているから」とのこと。
「兵隊の父親がなくなってから貧しくてね。
倒産もしたし、乳がんもしたしねぇ。
あなたはまだまだ若いから、なんでもやってみてね」と…。
「はい」と返事をしました。
がんばりましょう~!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。