ミュージカル鑑賞♪ 

カテゴリ:今日のできごと

以前仕事でお世話になった編集者の女性が退職し、
彼女は今は、ちょっと自分のやりたいことをしたい、と言って、
カウンセラーの勉強をしている。また、仕事がなくて時間があるから、と
区民のためのミュージカルサークルに入って歌って踊っている!
大人になっても、いつも新しいことにチャレンジして
楽しめる、って素晴らしい!

で、本日は、その彼女も登場するミュージカルレビューがあり、
子どもたちも一緒に文京シビック大ホールに行った。

出演は東京ミュージック&メディアアーツ尚美ミュージカル学科の生徒と
友人のような区民の人たち。

友人は学生や区民だからあまり期待しないでと、言っていたが
大ホールはほぼ全部埋まっていて、
いや、なかなか華やかで、見ごたえのあるレビューだった。

子どもも、興味を持つかちょっと心配したが、
ストーリー性もあるからか、身を乗り出して見入っていた。
もちろんオーケストラの演奏があるので、音楽も素晴らしかった。
友人が踊ったのは、「キャバレー」の有名なシーン。
「この年になってぴたっとしたズボンを履くのは恥ずかしい」と
言ってはいたが、カッコよくキマっていた。
練習がとても楽しい、と言っていた友人。
好きなことに夢中になれるのは、いいなあ、とステージを見ながら思った。

スポットライトを浴びて気持ち良さそうにソロで歌って踊る子もいれば、
大勢の中でうしろ~のほうで踊って、すぐ引っ込んでしまう子もいる。
それはもちろんだし、そういう役割があって、ショーが華やぐのも分かる。でも。

友人は話す。
「ときどき、専門学校の学生たちと一緒に練習するんだけど、
みんな2年間みっちり時間とお金をかけて
ミュージカルの勉強をしているけれど、
オーディションを受けまくっても、採用されるのは本当に一握り。
それでも踊るのを諦めきれない人は、結局クラブとかで
踊るようになっていく。クラブが悪い、というわけではないけど、
ものすごく厳しい世界だって、思うわけ。
オーディションに落ち続ける子たちを目の当たりにすると
胸が痛いわよ。趣味でやっている分には楽しいけどね」

なるほどね。どの世界も、厳しいのであるね。

帰りは、文京シビックホールの展望台に上がってみた。
サンシャインシティのエレベーターは有料だが、ここはもちろん無料。
それでも、結構ぶらぶらしている人も多く、見晴らしもよかったですよ。
機会があったら気晴らしに上がってみてね♪ 



スポンサーサイト

コメント

私もミュージカル観に行くの好きですよ~。
知り合いでミュージカル俳優の人もいますが、やっぱり
大変なんですね~。本当に一握りなんだ・・・・

エミーさん! コメントありがとうございます!

エミーさんは、本場(?!)アメリカの迫力ある
ミュージカルが見られるんでしょう~!?
お嬢様もダンス、やっていらっしゃるのでは…?!
いつかステージを見せていただきたいですヽ(^。^)ノ

ミュージカル、私も好きですよー!
私はバレエをやっていたんですが、同じお稽古場に四季のオーディションに挑戦するって言ってた友達がいました。単身岡山から出てきて、レッスン費を捻出するために高円寺の風呂なしアパート(!当時20歳前後でした。女の子です~)で夜のバドガールのバイトとかショーダンサーしながらがんばってました。今はどうしているんだろう・・
プロになって食べていくって本当に大変なことと思います。
華やかな世界だけに、きびしいんですよね。
今日子さんのお友達も裏表をよくわかってらっしゃるのでしょう。でも、ダンスってほんとにいいですよね。
私も双子が少し大きくなったらまた再開したいなー。

へえ!バンビさんもダンスしてたんですね、
だからスリムで締まったスタイルなんですね。
四季なんて、夢のようですね。
でも夢があれば、お風呂なんか、あってもなくても
問題ない、ってわかります!

私も、I'm singin' in the rain♪♪とか、
すご~く憧れていました☆が、夢と現実を早くから気づいており(T_T)/
チャレンジもまだ。
でもやってみたいなぁ。まあ、当面、カラオケで発散します。

バンビさんは、ぜひ再会して、ショーに呼んでね~♪

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)