豪華中華とアツアツ夫婦をごちそうに。 

カテゴリ:今日のできごと




ゾゾの仕事仲間で、中国人の男の子が夕食に招いてくれた。
夕方、家族4人でぞろぞろ訪ねると、このような豪華なディナーが
食卓に用意されていてびっくり

奥さんは26歳、来日1年余りで、日本語はほとんどできないのだけれど、
口角をきゅっと持ち上げる笑顔がスンごくキュートでカワイイ。
ゾゾの友人も26歳で、ひげをそったらちょっと尾崎豊に似た感じの好青年であった。
「こんなにたくさんお料理を用意してくれて…ありがとうございます」というと、
お友だちと奥さんは、いえいえ、と顔を振り、
「お料理は、気持ちなのですよ」と言い、たくさん食べてください、と言った。
どれも四川風で味の濃い、辛味が効いたおいしい料理であった。

二人は地元の学校で出会って、ずーっと付き合ってきたといい
食事中も、ぴたーーーーーーーっと寄り添い、顔を見合わせて
中国語で何かしゃべっては、顔を赤くして笑いあっていた。
すご~く幸せそうで、ゾゾと私も、結婚前はそんなこともあったかね、と
話した。
「中国の夫婦って、そんなふうに仲がいいの?」とぶしつけに聞くと
「うん、そうよぉ、あたりまえよ~ん」と言った感じの奥さん。
「日本人は違うの?」と言われ…
「うーん。結婚前は熱々で仲のいい人たちもいるけど、
結婚しちゃうと、ちょっと覚めちゃったりするかな~」と私。
すると二人はキョトンとして不思議そうに私を見た。
話が通じて驚いたのか、わからなくて頭をひねったのかわからないけれど、
熱々ぶりは、食べ終わるとさらに加速し、
旦那さんの太ももをなでながら寄り添っていた奥さんの手は、
旦那さんのパジャマの裾をひざまで捲り上げて、
ふくらはぎをスリスリ。顔は肩に乗せてぴーっとりくっついているし、
二人は幸せそうだったが、私は目のやり場に困り、ドキドキしてしまった。

ゾゾは、
「いいねえ、二人は若いからねえ。ボクは自分が年取ったとは思わないけれど、
二人みたいに若い人を見ると自分がふけて思えるよ。
ボクだって、奥さんみたいにべたべたして欲しいんだけど、
うちのはしてくれないんですよ」って、若い奥さんを見てニヤニヤ

今こそ日本も、人前でべたべたするカップルって少なくなくなったけれど、
私が小学とか中学校のころって、まだ「人前でべたべたするな」と
大人が言っていたような気がする。
そういうの、って、中国にはないのかしら?
でも二人はべたべたするのは、普通、という。
一方ミャンマーでは、人前でべたべたするのは、やっぱしタブーかな。
寄り添って手をつなぐくらいはあるけれど、
夫のふくらはぎをスリスリというのは、ありえない。

さらに、
不思議なことに、二人は、パジャマだったのである。
ミャンマー人もそうなのだけど、客が来るのにパジャマ、っていうのが
めずらしくない。その真意を知りたいが、初対面だから聞けなかった。
次にあったら聞きたいと思う

そう、二人ともパジャマだったから、
くっついて、ふくらはぎをなでていると、妙になまめかしく、
「もうそろそろ行ったほうがいいんじゃない?」とゾゾをせかした。
すると、
「そうですね、あまり長くいると、ふたりはなにもできないですからね」
って、その言い方はなんだ?? 
(たぶん休めない、ということを言いたかったんだろうが、
旦那さんも、私も、(奥さんは日本語がよくわからないので…)
ちょっと怪しい意味に取った)。

しかし、ほんわかしたお夕食であった。
若いシアワセなカップルに、ごちそうさま♪

こんなジュースもいただきました。
杏仁豆腐の味がしたミルク風味の不思議なドリンク。
DSCN1207.jpg

これを朝温めて飲むと、おいしいんだって。
スポンサーサイト

コメント

今日子さん こんにちは
ここのところご無沙汰していた分を
一気に読みふけりました。
おもしろい!と、書いてしまうのは失礼なのかもしれないけれど・・・
とってもせきららでよその家庭を覗き見しているような
感じがこちらのブログの魅力ですよね。堪能しました。

canacoさん、こんにちは。
おもしろいって言っていただけるのは、
とってもうれしいですぅ~v-406←うれしなき。
ありがとうございます!!!!

もっと覗き見が楽しんでもらえるように励みますね!!
(最近私たち夫婦はマンネリ、ダンマリなので、
およそのご夫婦のこと書いちゃったりしてますが…)
また遊びに来てくださいね♪

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)