スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国正月の一日 

カテゴリ:今日のできごと

1月29日は中国正月だったようで、
ミャンマーの親戚と、シンガポールに住むミャンマーの友人から
新年の挨拶メールが届いた。
親戚のメールは、犬がウィングしている動画が添付があった。
それがなんともチャイニーズテイストで、かわいいので貼り付けペタッ♪

20060130011526.jpg



それを家族中で見ながら、ゾゾが
「そういえばミャンマーにいる中国人は3回新年があるんだな。
欧米の新年が1月1日、中国正月が1月29日、
それからミャンマーの新年が4月だろう。忙しいけど楽しいよな」という。
確かに3回だ
ゾゾのお父さんは、今はほぼ寝たきりになってしまったけれど、
私たちがミャンマーにいた1996年の頃には、
もち米の粉に砂糖と油をまぜこんだ甘い餅を作って振舞ってくれ、
そのほかに、8品(全部で9品)の食べ物などをテーブルに並べ、
紙幣を模した紙を燃やして富に恵まれるよう願ったりした。
その後には、お年玉をもらった。

お父さんは今は他人に譲った小さな床屋を営んでいた。
「値上げはしない」という信念を持っていて、
竹ざおではないが、20年前のお値段的に、すごく安く髪きりをしていた。
早朝から夜まで立ちぱなしで働いているお父さんからいただくお年玉は、
もちろん日本円に換算するとわずかなのだけれど、
すごく、重く、価値あるものであった。

中国正月とはいえ、ゾゾは特に祝うつもりもなかったが、
たまたま幼馴染のHくん家族が遊びに来た。
ミャンマー土産のヤギ肉の乾物と、
おなじみすっぱい葉っぱの炒め物チンマウンジョーをつまみながら
思いがけなくにぎやかな中国正月の夜を過ごした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。