スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「みんなで話そう、映画字幕のこと」 

カテゴリ:映像翻訳

先週末の話になりますが、
字幕翻訳者が選ぶオールタイム外国映画ベストテンという本が出版され、
その出版記念のシンポジウムが行なわれました。

字幕翻訳者が選ぶオールタイム外国映画ベストテン字幕翻訳者が選ぶオールタイム外国映画ベストテン
(2011/12/17)
映画翻訳家協会

商品詳細を見る


参加者は、映画翻訳家協会会員とありまして、
映画字幕の、本当に第一線を走る大御所も大御所。
ときどきハリウッドの監督さんや、俳優の通訳としてテレビでの露出度も高い戸田奈津子さんはもちろん
松浦美奈さん、太田直子さん、石田泰子さんなどなど、
本当に、ベテランの方々。

超有名な方を除いては、私など一般の人間は、
書籍で話を読むことはあれど、
ネットでも、顔写真などを探すのが難しくて、
スクリーンの名前でどんな方かイメージを膨らませるばかりでした。
それが、ずらり、です。手が届きそうな、小さなステージを舞台に、

大御所の皆さんが手作りでつくり上げたシンポジウム。
観客は定員100名限定ということで、
ちいさなオーディトリウム渋谷の劇場は立ち見が出る勢い。
そのほとんどが、映像翻訳に携わる方々のようでした。
だから余計に熱気むんむんです。

大御所が、映画の翻訳をするときのポイント、心がけている点などを語るところでは、
やはり人それぞれ思うところがあり、するどい発言が飛んでいました。

超スピードで会話が飛び交った「ソーシャル・ネットワーク」の字幕翻訳者の
松浦美奈さんは、もとの脚本に含まれる内容を入れるように指事されれば
最大限努力するとおっしゃっていました。
練り上げられた脚本や制作者への敬意が感じられました。

字幕の字数制限の難しさのなかで、
要約した言葉を入れるためには、
削除しないといけない言葉なんかも多い中で、
そうした努力をされているのを聞くと、
自分ももっと謙虚な姿勢で字幕に向き合わないといけないな、と反省しました。

まだまだ心に響いた話が多かったシンポジウムでした。

また追々書いていきたいと思います

スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。