スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

身が引き締まる思いの「JTF翻訳祭」 

カテゴリ:今日のできごと

Foxインターナショナルというと、
Glee」や「アメリカン・アイドル」といった
アメリカの人気番組を放送しているところとご存じかと思います。

今日は、FOXの制作会社の方のお話を聞きに
JTF翻訳祭に出かけてみました。

いやますます精進しないといけないと、
身が引き締まるようなお話を聞きました。

今は、衛生やケーブルでの英語⇒日本語の映像字幕の需要はもとより、
資料映像といって、旅番組などを撮影した何時間分もある映像から
使えるところを選んで翻訳する資料映像翻訳、
それから、日本の作品を海外に紹介する日本語⇒外国語、
それからマンガなどのセリフを日本語から外国語に直す日英の仕事も急増。

さらに、とにかく量が多いので、スピードが求められる、ということです。

30分のニュース番組を、1時間くらいで吹き替えにしてしまうとかもザラだということです。
まあ、こうなると、本当にバイリンガルでないと厳しいですね。

私のようなぺーぺーの映像翻訳者では、たとえばアメリカの60分のドキュメンタリー番組を、
1週間くらいかけて、へとへとになりながらやったりします。
というのも、事実確認だったり、
ただしい専門用語を選んだりしたりするリサーチという仕事もあるためです。

とにかく、翻訳者養成学校の司会の方が力説するのは、スピード
とにかくこれからはスピードだそうです。
耳が痛くて、ノミになりたい気分になりました。

Foxさんの制作者の方が翻訳者に求めるものは、2つありました。
1.映像翻訳をビジネスと捉えている人。
2.クライアントの要望などに柔軟に対応できる人。

ことに①については、誤訳の例を挙げてこう話してくれました。
もし放送局に納品された時点で「1つの誤訳」が発覚すると、
その字幕を修正する費用は、人件費、機器代その他を含め7万~10万かかる。
吹き替え版の修正になると、人件費、機器代その上に声優さん代が入るので、10万~

もちろん翻訳者もプロなので、
そういうシビアなことまで、きっちり考えられるビジネスマインドを持って欲しい、ということでした。

「持って欲しい」と思っていることは、そう思っていない人が多い、ということなのでしょうか…?
慎重に慎重を重ねても足りない仕事だと、あらためて思いました。
(もちろんどんなお仕事でも同じことでしょう)。

それから、「手がける放送局の番組はいつも見てほしい」ということも。
それは当然のことでしょう。
画面の配置とか、ロゴが出るところとか、字幕の言葉遣いとか、
やはり各社特徴がありますから。
やはり第一線で活躍している人はマニアックですよ。
あの番組は、ここにロゴがある。
クリスマスの時期には、ポインセチアの葉っぱが角に出てくるとか。
それを知って、翻訳会社に豆知識として提案できるかできないかで、
翻訳者の評価が変わってくる」ということです。

それは確かにそうですねぇ。痛いところをつかれます。

ちょいと、そういう提案ができる人とできない人では
信頼の置き方も変わってきますよね。

ああ、また長くなりすぎました。ごめんなさい。
本日は、忘れないように、
講演会の内容を書き留めておこうと思い、書きました。

お付き合いありがとうございました!


おまけですが、市ヶ谷の地下鉄の1番出口を出て、アルカディアに行く途中にある
タイ料理ティーヌンで、ランチをテイクアウトしました。
ガイパットガパオラーカオ760円(鶏挽肉のバジル炒めのせご飯)
ここ、おいしかったです! 超オススメ!




スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。