スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国へGo! Part4 ~ 福州とアモイ、コロンス島編 

カテゴリ:今日のできごと

IMG_9414.jpg
福州の観光の目玉、三坊七巷。古い建物を再建築、修復して、
お店やレストランなどが入っている。屋内を見られる博物館的な建物も。
スゴイ観光客の数であった。ここでは、欧米かららしい観光客も2~3カップルみた。
勉強不足かもしれませんが、
中国らしいお土産を買いたい時は、ここでないと買えないという印象があります。
だからショッピングにはもってこい。かわいいものがいっぱいで、
一日いても飽きないでしょう。


IMG_9503.jpg
旅も終わりに近づいた1日のアモイへの旅。
ここでは、中国高速鉄道に乗りました。片道1時間半。
アモイは、貿易港として栄えた町です。
アモイから船で渡る小さな島コロンス島が、私が一番行きたかったところ。
いよいよかと、コロンス島にわたる船に乗ったかと思うと…
島を旋回し始めた。なんと100分の遊覧ボートだったのである。

私達は、地元の観光ツアーに参加してしまったので、ルートはお任せ。
内容は、ガイドさんが言っているんだろうけど、私はちんぷんかんぷんだし、
ちーちゃんは、中学2年生どうし娘と盛り上がってて、
船に100分乗ろうが、ルートなんてお構いなし。
貴重な100分を無駄にした。
この船は、ごく近くに望める台湾の領土を見に行く遊覧船だったのである。
乗船は68元(約800円)なのに、このテーブル1席が200元(2400円)。
いい商売である。100分のるから、乗船者はいいカモ。
次々にお菓子やお土産、煙草の売り子さんが回ってきて、疲れた(笑)。


IMG_9559.jpg

100分ボートが終わったら、船を乗換えて、ようやくコロンス島に到着。
ここには、各国の領事館や商社が置かれたために、異国情緒いっぱいの
中国らしからぬ雰囲気の島なのである。
古い屋敷は、おしゃれなカフェやホテルになっている。
いい感じでしょ?

私はここに数日宿泊して、のんびり回りたいと思っていた。

しかし、ちーちゃんのおじいちゃんは、私達だけの旅では
危険だということで、現地のツアーを手配してくれたのである。
ありがたいのは山々なのだが…
そのため、私の願いはかなわず、早足でガイドさんにくっついて回ったわずか2時間で
島を離れることに
それでもやっぱりステキな島だった。また自分で来よう、とひそかに心に思う。

そしてまた、中国高速鉄道。アモイ→→福清。問題なく着いてよかった。


IMG_9631.jpg
ところ変わってここは「湄州島」の、カート(?)。
(カートの広告に出ている女の子は、映画「サンザシの恋」の主役で
脚光を浴びたチョウ・ドンユィ(周冬雨)ちゃん。)

莆田近くの湄州島は、おじいちゃんが言うには、新しく開拓された観光地で、
目玉は台湾、福建省一円であがめられている媽祖(まそ)の祠。
この辺りでは珍しい海水浴が楽しめるビーチもあって
しばし海遊び。


IMG_9661.jpg
前方に見えるのが媽祖廟。

IMG_9670.jpg
で、これが媽祖廟を上った途中から見下ろした景観。

というわけで、これが、中国観光のフィナーレとなりました。
引き続き、田舎の暮らしをアップしていきたいと思います☆
おつき合いありがとうございました!

スポンサーサイト

中国へGo! Part3 ~ 福清の石竹寺 

カテゴリ:今日のできごと

IMG_9358.jpg

福清郊外にそびえる神聖な石竹山。
国の文化財的な存在の観光地らしい。山の上のほうに祠が連なっていて、
見上げると神秘的である。
山のふもとには湖が広がっていて、上から見下ろすとまた美しいのである。


IMG_9337.jpg
これが祠が連なるあたりの写真。
土地の神、勉学の神、とかたくさんの神様がまつられていて
観光客もいた。下からかなりの階段を上るので、ツラい

IMG_9326.jpg
お土産やさんの売り物。らしい、ですよねぇ。



中国へGo! Part2 ~ 高山&福清編 

カテゴリ:今日のできごと

今回は忘れないうちに写真をアップしておきます。

中国はハイウェイが通っていたので、ちょっとした小旅行は車で行きました。
しかし、ちょっとした、が1時間半~2時間の旅。
それに暑いし、疲れることは疲れました。

IMG_9167.jpg
私達がお邪魔した福清の高山にある后地と言う村です。
中国の古い家は、レンガ造りのようで、屋根も赤かったりするので、
ひょっとするとスイスかと見まごう風景も少なくなかった。
のどかでしょ。


IMG_9232.jpg
ここは、村の集会所付属のバスケットボールのコート。
この手前には、集会所のようなものがあり、中にはステージまである。
こういう施設は、村の裕福な人たちがお金を出して作るのが普通らしい。
寄付をした人たちの名前を刻んだ碑もある。
私がお世話になったちーちゃんのおじいちゃんの名前は、
一番多く寄付したらしく、一番最初に刻まれてあった。

滞在中、この集会所では、敬老会(?)が主催した芸能ショーが行われ、お笑いからストリップ(!)までを堪能。
ストリップになると、かぶりついていた子供たちがかわいかった。
(ストリップは、最後の下着はつけたままだったけど、かなり激しかったわ)。
子供が見るのを、別に大人は止めもせず、一緒に楽しんでいて、
小5と中2を連れていた私のほうがあたふたしてしまったが、
結局、一緒に楽しんだ

ここには、日が落ちると、村人が集まってきて、ぼーっと座って、子供が遊ぶのや、
来たり去ったりする人を眺めているというのが毎晩の様子。
海からの涼しい風に吹かれて、一日の疲れをほぐすという感じだ。
親が出稼ぎに行っているのか、高齢のおじいさん、おばあさんが、小さな子を
追いかけて面倒見ていたりするのも、珍しくない。




IMG_9277.jpg
福清の町。古い塔の上から映す。目抜き通りは片道三車線ある大都会。


IMG_9298.jpg
福清にあるお寺に併設された劇場。ちーちゃんが言うには、お金持ちの人たちだけが見られる
劇を行う場所だとか。中の装飾はかなり優美。

IMG_9290.jpg
福清の旧市街。骨董品の店などが並んでいた。


中国へGo!  Part 1 

カテゴリ:今日のできごと

ご近所づきあいの縁で、中国は福建省の福清の田舎に滞在する機会に恵まれた。

福建省は、お義父さんの故郷でもある。
まだお義父さんが生きていた頃に、一緒に中国に行こうという話をしたことがあるが、
病気がちになってしまったことから、願いはかなわなかった。
そのとき、お義父さんは、私に古い手紙の封筒をくれたのである。
そこには、福建省福州の住所と、兄弟の名前が書かれていた。

その手紙を、今回のホストファーザーに見せると、
役人に知り合いがいるから探してくれるというのである。
もしかしたら、遠い親戚に会えるかもしれない。そんな期待もあった旅であった。

残念なことに、夫は、4月にもミャンマーへ行くために休んだので、
休みが取れず、子供2人と、私が行くことに。
成田から飛び立ったのは、娘の同級生の女の子ちーちゃんを合わせた4人。

うちは、もちろん誰一人中国語が分からないので、
言葉は、このちーちゃんの通訳が頼り。

成田から約3時間20分で、福州の空港に着く。

ちーちゃんのおじいちゃんが迎えに来てくれていた。
以前日本でもお会いしたことがあり、笑顔のステキな白髪の80歳。

ミニバンに乗ると、後部座席でおもむろにスイカを切り出すおじいちゃん。
豪快である。
食べ残った皮を手に持っていると、
「ここは日本と違うから、窓を開けて捨てていいんだよ」という。
後ろめたい気持ちで、外に投げさせてもらった(ごめんなさい)。

空港からおよそ1時間半で、福清の高山というエリアに到着。
海岸にほど近い、高台の1軒である。
車が家の前に入ると、爆竹がパンパンパン。
帰宅を歓迎する印なのだという。

自宅では、ホストマザーが満面の笑顔で迎えてくれた。

この家のおじいちゃんは、この村では、評判の名士で
風水師として名をあげたのだという。
村の道路や集会所、遊び場の建設のために多くのお金を寄付していることから
一目置かれており、政府の役人とも親しいのだとか。

この日から家にいるときは、朝昼晩、食事からお風呂まで、本当にお世話になってしまった。

IMG_9165.jpg

みんなで食卓を囲む。

IMG_9164.jpg

海がすぐそばだから、海の幸が山盛り!

IMG_9157.jpg

これが、薬味。真ん中のは、葉セロリ、っていうのかな? セロリなんだけど日本のよりも茎が細くて
と~っても香りがいい。

IMG_9138.jpg

これ、朝ご飯のメニュー。メインにおかゆが出たり、ピーナツスープがでたり、ゆでピーナツが出たり。
あるいは豆乳と一緒に食べたりも。

IMG_9128.jpg

貝のスープとか。ビーフンとか。お腹がすくことがなかったほど。

背筋が凍るとはこういうこと 

カテゴリ:今日のできごと

お世話になっている知人の方が、
賃貸住まいのわが家を思って、格安物件を紹介してくれた。

閑静な住宅地で、考えられる価格のほぼ半額で、
私達の手が届きそうな物件だった。

物件は築4~5年で、まだぴかぴか。
喉から手が出るような物件だった。

ところがそれは競売物件。知人の方は、
つてで、その情報を得たのであった。

競売の入札をする気持ちを確認されて、
初めて住所を確認し、自宅に帰ってググってみたら…

過去に一家5人惨殺のあった番地と一番違いであった。

事件のあった番地は、いまだ欠番。
だから、買おうとしていた番地こそ、その現場の一部なのでは。

インターネットの情報に感謝。

今の家の持ち主の方は、購入時にこの事実をしっていたのかしら。

「事故物件というのは、気持ちの問題なんだよ」というのはよく聞くセリフだが、
それが「気持ちの問題だけではない」と思わされる出来事だった。

知人にも、夜分にもかかわらず電話。

あごが外れそうなほど驚いていた。

マジで全身が鳥肌だった出来事である。

今日、事実が分かってよかった


本気で自分の頭を殴る時って? 

カテゴリ:今日のできごと

まったく、何をしているのか、頭が真っ白になりました。

パソコンで書類を作る方ならご経験があるかもしれません。

メールに添付されていた書類をベースにして、
文書を作ると、新たにデスクトップとか、パソコンの中に「保存」としておかないと、
気軽に×印を押して、保存しようとすると、消えちゃった、って経験ありませんか?

やりました。久々の文書消去です。

朝一からほぼ半日かけて翻訳していた書類を、
余りの暑さに、「シャワーしないとやってらんなーい」なんていいながら、
保存したつもりでおりました。

シャワーを終えてさっぱりして出てきたら、
文書もさっぱり真っ白。叫んでも戻りません。

「最近使った書類」なんてのを呼び出してみてもダメです。

久々のショックで、思い切り自分の頭を殴り
机を殴り、娘が驚いて飛んできました。「大丈夫??」

ああああ。もういや。

殴り続けても始まりません。最初から打ち直しました。

皆さん、暑さに負けず、冷静さを保ちましょう。

くーーーー

これで季節の絵を描こう! 

カテゴリ:今日のできごと

暑くて連日、家でクサっていましたが、
今日は、新品のアラヴォンの靴を履いて♪打ち合わせに行きました。

珍しく8センチくらいヒールがあるコンフォートシューズなのですが、
これもシューフィッターのお友だちの見立てで、購入。
ヒールの高い靴は運を運んでくれると聞いたことがあるので、
ここなしか気持ちがいいです。

よい靴が運を運んでくれる、いいところへ連れて行ってくれると教えてくれた
運命学研究家の宮沢みち先生との打ち合わせでした。

雑誌や書籍、鑑定で大活躍中の先生です。

  

おもしろそうでしょ??
手相とか人相って本当におもしろいです。
生まれつきの顔だけど、生活のしかたで表情や形が変わるんです。

手相もそう。性格があらわれたり、今の状況が手に現れていたり、
生まれ持った運命が現れていたり。

もちろん自分が望みたい人生があるなら、
生活習慣を直したり、手相に線を引いたりして変えることができるんです。
ご興味がある人は、ぜひ本を手に取ってくださいね♪♪
おススメは左の2点(笑)。なぜかと言うと私が編集を担当したからです~~

で、今日先生からプレゼントしていただいたのが、
「筆ペンイラスト練習帖」。水墨画家である先生のご主人が制作された本なんですが、
カラー筆ペンでさっと描けるイラストがいっぱい紹介されています。

 

暑中見舞いの時期にぴったり!と思って、とっても嬉しかったです♪
水をたらすだけで超立体的になって本格的になる手法や
書き順が書かれているので、スゴク簡単そう。
私もチャレンジしま~す☆

Imageあ


絵手紙を書いてみたいけど、絵が苦手、何て思っている方には、
最適なバイブルになるはずですよ!! 暑中見舞い、残暑見舞い、クリスマス、お年賀など
重宝すると思いますよ~。

ステキな本だったので紹介してしまいました♪ 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。