スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2年ぶりに訪れたミャンマー、どこが変わった? 

カテゴリ:今日のできごと

夫のお父さんが亡くなって2年目の今春、お墓参りに行ってきた。

日本からの入国者は放射性物質のチェックがあった。

moblog_157ad9c5.jpg

これはバンコクで、飛行機を降りた際にもすぐ行われており
各国の警戒度がうかがえる。
逆に、日本でこうしたチェックをすることがないので、
自分がどれほど放射性物質を持っているのか(この表現でOK?)分からないので、
いい機会だともいえた。
検査機器がピピッと鳴るとドキリとするのだが、
「これは普通のレベルだから心配ないよ」と係りの人に言われ、ほっとしたものだった。

今回のミャンマー、一番驚いたのは、
停電がなくなっていたことである。2年前までは、
半日ずつ、それこそ順番に電気が来ていた、というような感じだったのだが、
今回は、1日中電気が来ていた。
これは15年余りミャンマーを行ったりきたりしていて初めての経験で、
とても過ごしやすかった。

それからヤンゴンから遠方へ行くバス(の一部)が、快適になった。
これでも走るのか、というレベルのバスを卒業し、
下手すればまだ日本でも走っているレベルの大型バス、
それもエアコンがまあまあ効いているものが走っていた。

スーパーマーケットの部類も増えて、日本食材の棚なんかもあったりする。
という便利な面があり、
もちろんその一方で、物価が上がった
スーパーマーケットは、きれいにパッキングされて、
なんでもあるのだけど、日本の安売りスーパーと同じくらいの価格のものばかりがおいてある。
外の、市場なんかではもちろん、そんな価格ではないけれど、
確実に物価は上がっていて、お金持ちも増え、貧しい人も増えている。

私達夫婦は、子供が巣立ったら、
年金をいただいて(もらえるかどうかわからないけど)
ミャンマーでのんびり過ごそうなんて考えていたのだが、
それが夢になりつつある現実を見て、焦った。

それから、新しい首都のネピドーにも足を伸ばした。
何もない山をざくざく開拓して作った場所らしく、
点々とレジャー施設がある。まずは動物園。

IMG_8723-1_20110408175313.jpg


ここは、
「動物がいるかいないかは別にして世界最大」なのだとか。

その横に、サファリパークがある。
なんで動物ばかり?というと、もともと山奥でトラや熊がいたから、という説がある。

それから民族村(東武ワールドスクエアのノリ)のようなものがあり、
ミャンマー人の人たちが各地から観光に来て盛況であった。

IMG_8759-1_20110408175358.jpg


14州の特徴ある建築物のミニチュアを集めてあって、ミニカーで回る。
中にはホテルなんかも。

噴水公園というのもあり、噴水に映像を流す噴水ビデオが見られたり。
ここは夜のデートスポット。

それからあと見所は…? というと、スーパー。2つのショッピングモールを見学。

しかしどこか街らしくないので、「どこがダウンタウンなの?」 とたずねてみる。
すると、「そういうものはない」とのこと。
なんとなく人の営みを感じにくい。もちろん細かく見れば、
ここに住み込んだ人たちの暮らしは見えるはずだけど。

街の完成は、あと1年くらいで
いろんな機能がまとまるだろうとのこと。
今は、1ヶ所1ヶ所がとても遠くて、まとまりがない印象。

でも、連れてきてくれた運転手くんは、
「ネピドの道路も電気も、ミャンマーで最高だ。
それに民族村に来れば、他の場所に行く必要ないんだ」と目を輝かせていた。

そんなこんなで、「ここは絶対に停電ないんだ」という話を聞きながら
シュエダゴンを真似たパゴダを歩いていたら、その瞬間、停電になって、大笑い。

しかしこの町は、夜美しいようにできているみたい。
パゴダから見た町はきらびやかにライトアップされていた。


また続きはのちほど♪





スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。