スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初・Billboad Tokyo  

カテゴリ:今日のできごと

東京ミッドタウンにある
ビルボードライブ東京に行ってきた。

いままでは音楽の好きな友達と、こっそりブルーノートに
行ってみたりしたけれど、ビルボードライブは初めて。
それも、家族でだし。

昨晩のアーティストはダン・ペンさん。
サザン・ソウルという音楽の立役者といわれる大御所だそうだ。

ダン・ペンさんがギターと、相棒のボビー・エモンズさんの2人の舞台。
私たちの席は、ステージのまん前。

息子(10歳)も娘(13歳)も、ライブレストランはもちろん初体験。
演目は渋すぎるし

もちろん夫も初体験。

ライブレストランというものは、かしこまって聞かないといけないという
イメージがあったらしく、
普段はがぶ飲みするビールもチビリチビリと背筋を伸ばして
おしとやかにしているのが、隣にいてちょっと笑いたくなった。
でも、贅沢なひとときを味わえたのは、嬉しかった様子。
「こういうことがあると、生きててよかった、って思うよな」とひと言。
いつもご苦労様です、という感じでございます。

さて、子供は、
夜のステージだし、英語はチンプンカンンプンだから、
コーラやポッキーを食べて1時間半を過ごす。
夏休み明けたその日だったから、久々に早起きをして眠そうでもあった。
(こんな家族が、最前列に座ってていいのだろうかとハラハラしつつ)

会場は、六本木という場所柄、外国人のお客さんもいたようで、
ヒューッ! イェイ! オーケー! 
みたいな合いの手が飛ぶ。なんだかカッコいい。
そんなふうにうまく音楽を聴けるようになったらいいな、なんてことも思った。

最後には、ステージ後ろの暗幕が開き、
六本木の夜景が背景になった。なんと優美なライブ☆

外に出ると、水花火というのが行われていた。
六本木の空を噴水とレーザー光線が彩るといえば分かるかしら。
水が吹き上がる瞬間はかなり迫力があり、
遠巻きに見ている観客も水しぶきを受けていた。

時計は9時過ぎ。
まだまだ眠らない六本木でした。

スポンサーサイト

麻布十番祭り 

カテゴリ:今日のできごと

ひょんなことから
その日知り合った2人の女性と
麻布十番祭りを見に行くことになった。

1人は音大を出てイタリアのトリノでオペラを歌うという若い子。
1人は国内外の旅行のアテンドのプロの女性。

そのアテンドのプロの知り合いであるというインド人が経営する
インド料理、メキシカン、タイ料理なんでもありの麻生十番の店で食事をした。

小一時間たったころ、
オペラ歌手の彼女が、隣の席の老年のアメリカ人(?)から名刺を受け取った。
もとは老年が、彼女がナチョスを食べている写真を食べている写真を撮って、
「もう、勝手に撮っちゃいや~ん」なんていうやり取りからそうなったのだが、
オペラ歌手は、美しく、身長も180くらいあって、若く、ツケまつげもばっちり。
アテンドのプロと私はまあ、ふつうの“中年”?

でも中年であれ、若者であれ、私はこういうナンパというのは
経験ないなーと思うと、美しいってことはやはりいいなぁと改めて思ったのである。

通り過ぎる人、みんなオペラ歌手をチラ見するほど若く、美しく、背が高く、目立つ。

行く末が見えるようだと思った。

レストランで気に入れられてパトロンがつき、
豪華なデートを重ねてあちこちのパーティに出ていたら
そのパーティ会場で、どこかの国の御曹司に見初められ、電撃結婚をして
一生何不自由ない生活をする。
美しいだけで生き抜ける人たちってうらやましい…

一方、私は歳だし、チビだし、ショートカットの髪はパサパサで、
顔にシミは多いし、まつげも短いし。
まあ、昔からモテた試しはなかったと思い、あーあ、と思うのだが、
こういうようなときのために分相応という言葉があるのだ、と
自分で納得させるのである。

その一方で、美しくなる努力は必要なのだ、とひそかに思う今晩の出来事でした



夏休みの宿題 

カテゴリ:今日のできごと

世田谷美術館のザ・コレクション・ヴィンタートゥール
<スイス発―知られざるヨーロピアン・モダンの殿堂>を子供と見に行った。

うちからは遠いし、用賀駅からも遠い。普通なら行かないのだが、
娘(中学)の夏休みの宿題に美術鑑賞というのがあって、
終わっていなかったので、足を伸ばしたのである。

90点の絵画、日本初公開であった。
ゴッホ、ピカソ、ボナール、ジャコメッティ、モランディほか
よく知られた画家の名前が並んでいた。

来館している子供たちも多く、美術部なのか(?)
メモ帳になにやら一生懸命メモをしていた。

子供とは、どの作品が一番好きか、なんてくらいしか
話せないのだが、それぞれに好きな絵、好きな理由などが違ってて
おもしろかった。子供にもしっかり個性があると分かる(もちろんだよね)。

帰ろうと思った矢先、チラシを見直したら、
小中学生を対象にしたギャラリーガイドという企画があるのを見つける。
1時間、ボランティアガイドさんがついて、企画展の展示を解説してくれるのだ。
私にはできない素晴らしい解説をしてくれるのだろうと期待して2人を送り出した。
中学生は少なかったので、娘とボランティアのおばさん、マンツーマンである。
息子も、小4は2人だったのでほぼマンツーマン。ありがたいことである。

おばさんのほうは、絵画を見るポイントや、
画家が生きた時代の解説や事柄を熱をこめて話してくれたそうだ。
娘の宿題はこれでほぼ終わったといえる。

ともあれ、映画館にはいっても、美術館への足が重い私だが
子供が案外楽しんでいたので、今後は美術館にもせっせと行ってみたいと思った。
夏休みの宿題がなくても(汗)

盲目のピアニスト三宮麻由子さんのトーク&ピアノ演奏 

カテゴリ:今日のできごと

私の知り合いで、知的でお料理上手で、
モンテッソーリに詳しい女性が、
すてきなイベントを企画しています。


盲目のエッセイスト・ピアニスト 
三宮麻由子さんのトーク&ピアノ演奏です。
場所はカフェスロー(スローライフ、スローフード、スロームーヴメントの発信地)。
9月11日(土曜日)6:30~8:30
スローな夕べ」です。

私も娘と一緒に行ってみようと思って予約しました。

サイトから予約できます。

もしご興味のあったら、ご一緒にいかがですか。



日本アセアンセンターのお祝いのイベント 

カテゴリ:ミャンマー(ビルマ)の話題

ごぶさたしております。

今年も最初で最後の西伊豆に行ってきました。
岩地海水浴場に行きました。
ここは砂浜のビーチと岩場がほどよく混在していて、
カワイイお魚が見られました♪
来年も行きたいスポットになりました。

それはさておき、
私も本日知り合いのサイトで知ったアセアンセンターでのアニバーサリーで
イベントが行われているようです。
私は残念ながらいけませんが、
アセアンにご興味のある方はいかがですか?


日本アセアンセンターでは、ASEAN設立記念日をお祝いして、
8/9(月)~12日(木)の4日間
ASEAN Anniversary」を開催します!
http://www.asean.or.jp/ja/ajc/about/event_hall/2010/ASEAN_Anniversary2010


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。