スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

携帯をめぐる世代間衝突? 

カテゴリ:今日のできごと

姪っ子が家族に加わってから、はや3か月以上がすぎた。

ちょっとしたすれ違いも、修正しつつ、
もはや、もう「自然」な暮らしになっている。

それもこれも姪っ子が気遣いのできる子だからだろうな、と
思うこのごろである。
私のような怠け者の癖に、要求だけは人一倍の
日本人とよく一緒にいてくれるものだ、と思う。

最近、姪っ子は、携帯を変えた。
今までうちの娘の携帯を使わせていたのだが、
「自分のが欲しい」と言い、契約をしてきたのだ。

うちの娘のなら、無料で使えるのに、と夫は最初反対をした。

「勉強もきちんとして、仕事もしているし、ひとつくらい自由があってもいいんじゃないの?」というと

「今日子がそんなことをいうから、ボクは彼女に何もいえなくなる」と切れるのである。

夫の気持ちもわかる。

「なぜお金を使いたがる? 借金もあるし、
稼いで仕送りをしようという気持ちがないのか?」

「僕が来たころは、何が何でも日本で稼いで、親を楽させて
一旗あげて帰る、という意識が強かったから、
100円の缶ジュースさえ買うのを惜しんだんだ」と。

でも、それは彼女には通じないんだよね。

世代も違うし、育ってきた環境も違うし、日本に来たときの苦労も違うから。

携帯を変えたい理由を、私は、
自分の携帯じゃないから、電話やメールを使うのに気を遣うからかな、と
思ったのだけど、そうじゃなかった。

「写真がきれいに撮れる、もっといい携帯を使いたいの」

私は噴出してしまった。

私たち夫婦は、携帯は、使えればいい、というタイプ。
そうきけば、なるほどな、とも思った。

若いし、今流行のものを使いたいのだろうね。

私は、自分できちんとお金を払って使うんだし、いいと思うけど、
まだ夫は釈然としないようで、延々と言い続ける、と言っている。

「彼女の考えは僕とは違うけれど、
いい続ければ、少しは考えもきちんとしてくるはずだ」ということである。

すごい根気(?)である。 

こんな感じで、私も何かしら感化されてきているんだろうか、と思うと
恐ろしい。



スポンサーサイト

体調管理票 

カテゴリ:子育て

先のブログのメッセージで、
お友達が、
お子さんのクラスで体調管理票を出すようになった、と書いてくださいました。

そうなんですよね、うちもです。

毎朝の体温と、頭痛のあるなし、セキのあるなし、吐き気のあるなしなど、
6項目くらい。

あららーと思っていましたところ、
読売新聞にもそんな記事がありました。

「うちの夫の会社では、子供がインフルエンザになった家は、
『インフルエンザに感染していない証明』を持っていかないと出勤できない」と。

感染していない証明ー?! 

証明もらいにいった病院で、感染する危険だってなくはないのに。

うちみたいに、39度を超えずに済んでしまったケースでは
みんなに「インフルエンザ?」って聞かれて、
どう答えればよいか迷うのである。

インフルエンザだった場合(もう確かめようがないけれど)
登校するためにはインフルエンザ治癒証明(というのかな?)をもらわないといけない。
それがないとなんとなく、気まずいような。

いろいろインフルエンザには面倒なことがつきまといます。




今週は3年生が学級閉鎖 

カテゴリ:今日のできごと

こんな話ばかりで失礼します。

先週6年の娘のクラスが学級閉鎖。
今週は3年の息子のクラスが学級閉鎖。

来週の27日は運動会だというのに、
組み体操や、演技種目の練習ができていない子供たち…
どんなんなるんだろう。

うちの二人は風邪を引いて、
セキや鼻水でぐずぐずしている。

熱が38.4度以上上がらないので、医師も検査のしようがない、と
検査をしてもらえないのである。

まっこうからインフルエンザにかかってしまった子供たちは、
急に高熱(39.4とか5とか)がでて、
まる二日くらいうなされて、幻想を見ているみたい、とママたちの話だ。

そもそも38.4以上の熱が1日以上(?)でないと
インフルエンザの検査ができない、ってひどいなーと思う。
だって、熱が出始めにいい薬を飲めれば早く治るのにと。
高熱のまま1日待って、ようやく検査、なんて…ねぇ。

ありがたいことに、6年生でインフルエンザにかかった
子供たちのママは、感染していない人が多いようだ。
ママが感染した、という話は、医者では聞いたが、
知り合いにはいないので、
すこしほっとしている。
でも潜伏期間は1週間ほどあるから、油断は禁物なのだけど。

それにしても…夏休みいつづいての2週間の学級閉鎖。
なんとも長い夏休み(汗)。


とうとう学級閉鎖 

カテゴリ:子育て

流行中のA型インフルエンザは、
練馬の学級閉鎖が多いな、とTVを見ながら思っていたら、
1人かかり、
2人かかり、
とうとう今日から娘の6年のひとクラスだけ学級閉鎖に。

40人ほどいるクラス中、14人がお休みで
そのうち8人にA型インフルエンザの症状が確認されたとか。

うちの子は先週風邪でお休みをしたのだが、
熱も上がらず、普通の(?)風邪で済んだのだが、
ここまで広がると、ちょっと怖い。

学級閉鎖は、午後4時ごろまではできるだけ自宅で待機。
4時以降は大人の判断に任せるというゆるいものだ。

塾や習い事はどうなるんだろう。

だいたい4時以降は塾や、スイミングやなにかがある。

昨日は、娘は塾へ行った。
今日も、スイミングに行く…つもりなのだけど。
そういうのはいいのかしら?

学級閉鎖をご経験されたかたは、そのへん、どうご判断しているのでしょうか?

もしかして、塾へ行くのはもってのほか?!

消防車が有料とは 

カテゴリ:ミャンマー(ビルマ)の話題

毎晩、近所に救急車のピーポーピーポーという音が響く。

姪っ子は、
「たびたびあの音聞くね」という。

確かに、「この辺お年寄りが多いから」と答える。

「救急車は、いくらですか?」と姪っ子。

「あれ…お金かからないと思うんだけど」と私。
後で調べてみたら、医師が同行すると診察料が発生することを知った。

「ミャンマーはあるの?」と聞いてみる。

「ミャンマーは、あると思うけど、自分たちで病院に連れて行くのが早いです。
お金を払わないと、動いてくれないから。
消防自動車もそう。
出動はしてくれますけど、水はない、というね。
お金を出すと、水を出してくれる」

「えーっ。じゃ、燃えさかる家を放っておくの?」

「そう。近所の人と水をかけるしかないね」

「えーっ信じられない。
じゃ、前、うち(夫の実家)で小火になったときはどうしたの?
やっぱりお金払ったの?」

「そう。100000チャットだったって」

「100000チャットって、日本円にしても1万円くらいじゃない?」

「そう。すごく高い、信じられないね。
今、学校で、自分の国のいいところを言ってください、という授業をしていて、
私、いいところ、って何だろう、って考えちゃいましたね。
悪いことのひとつは、消防車」

そりゃ、ひどい。びっくりしてしまいました。


アラフォー、ゴマできれいになる 

カテゴリ:美容と健康が第一

今日から私はゴマできれいになるぞ!

というのも、

化粧品のKOSEと、雑誌のESSE主催のイベントに参加。

ゴマが発芽した芽から抽出したエキスを配合した
基礎化粧アイテムのラインナップのプロモーションなのだけど、
アラフォーまっただなかの私は興味津々。
目の下のたるみとか、
毛穴がびよーんと伸びてほおが垂れ下がっているとか、
シミ、そばかす、くすみなど、
アラフォーの痛いところをフォローしてくれるアイテムだというから
ちょっと使ってみたい。

なんと贅沢なことに、新商品のローションと乳液をいただいた。

090902_123026.jpg

これを1か月使ってみれば、ふっくら柔肌になるだろうということなので、
楽しみながら使ってみよう~♪

KOSEの新商品をいただけるだけでなく、
このイベント、至れり尽くせりの豪華なものでした。
日本庭園が美しい白金台の八芳園で行われ、
ゲストに今をときめくモデルの黒田知永子さんや、浜内千波さんが登場し、
トークに花を咲かせた。
じっさい、化粧品を使ってみての感想が中心だったので、
トークはもうちょっとお二人に暮らしぶりや美容について聞きたかったなぁ。
黒田さんはテレビや雑誌で見るより顔が小さくて、
本当にお人形のような顔立ちで、まさに輝いて見えましたよぉ。
浜内さんは、食のプロですが、1年で46キロやせたつわもので、
この人のトークは、さえていました。ファンになりましたっ。

浜内さん、こんなことをおっしゃってましたね…

「私は30歳くらいまで見向きもされない時代をすごして、
40代になって少しずつ認めてもらえるようになりました。
だから40代はほんとうに輝くときだと思います。
私にとってはチャンス、チャレンジ、チェンジの3Cに挑戦する毎日」
とか、

「主人とコーヒーを飲みながらチョコレートを半分ずつにして食べるんです、
確認し合いながらね」


って、うぉおおおお、なんと仲むつまじいっ。つめの垢をせんじて飲ませて頂きたい

それにしても、46キロやせる前は100キロあったという浜内さん。
もうすぐダイエット本も出版されるそうなのだけど、
100キロあったころは、生理が止まってしまって、
貧血のために輸血をしていたりしていたのだとか。
太っていることに生命の危機を感じ、一念発起でダイエットしたんですって。
それにしてもすごいですよねぇ。

お話をうかがっていると、ソフトな口調なのだけど、ユーモアにあふれていた
いろんな経験を積み重ねられたきた温かさが感じられる人でした
ダイエット本、ぜひ読んでみたい♪

食のプロの浜内さんは、ゴマについてこんなふうに言ってましたよ。

「ゴマは抗酸化作用があるので、さびにくいからだを作ってくれます。
血中のコレステロールを下げて、血液がサラサラになります。
カロリーが高いと思われがちですが、
ちょくちょく摂取することで、脂肪を燃やしやすい体質にしてくれるですよ」。

みなさん、おいしいゴマ、たっぷりいただきましょうねぇ。

黒田さんは、見ているときれ~いですが、
口を開くと案外、さっぱり、ボーイッシュな感じで、
旅行では、東北に麺を食べる旅をしたいとか、
あそこでなにを食べたいとか、食べる話ばかりしていましたね。
ちょっと身近に感じましたが、美しかったですねぇ。
10月からのドラマに出るそうですよ☆

すてきなこともおっしゃっていました。

「最近、ボケたんじゃないか、っていわれるんですけど、
そうじゃない、って思ってることがあるんですけど…
忘れることが大事だと思うんです。
なにかひとつに引っかかっていると、前に行けないことがある。
だから前に足を踏み出すために、ちょっと忘れてしまおうと。
いや、ボケてるんじゃないんですよ、ホント(笑)」


黒田さんのおっしゃること、わかる気がしました。
いや、実は黒田さんがおっしゃる意味と、違うかもしれませんが…
いつもつまらないところで引っかかっている自分も、
さっさと忘れちゃうことが大事だな、と。
そんなふうに感じ入りました☆



トークが終わると、なんと、スペシャルランチをふるまわれました。
ああなんと豪華な!
ホンジツのテーマであるゴマが味わえる一品も♪

090902_1236~0001

満腹になったら、八芳園内の、
紅葉前の深い緑にあふれた庭園を散策。

美しい人や、楽しいトーク、おいしいもの。ああ、しあわせな一日に感謝!
こういう日って大切ですね。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。