スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「気分は高校生」&「銀座7丁目徘徊」 

カテゴリ:今日のできごと

高校時代の美術の先生の展覧会が銀座で開かれていたので、
画廊にお邪魔しました。

メンバーは、せっかくだからと
当時同じ剣道部で仲がよくて、先生にお世話になった
ケイコとユミも誘って、3人で。

業界人のダーリンがいて、大学院で学ぶユミとはときどき会うのだけど
ケイコとはもう15年ぶりくらい。長男くんは大学受験。
ママは、学校のPTA会長を2期務めていまや顧問だって。
みんな張り切っているのである。

月日が経ったことを感じながらも、先生も、
ユミも、ケイコも、高校時代と全然変わらなくて、逆にびっくり。
先生は、うちの父と同じ高校出身で、先日の父の個展に足を運んでくださって、
そこで私はバッタリ。

「おお、お前、変わらないなー」みたいな。

自分たちの年を忘れ、若い気分を味わったクリスマスイブだった。

ついでに、
銀座のニコンサロンで、エマニュエル・リヴァ写真展を見る。
1956年当時の広島の風景が、ミャンマーの田舎の風景に重なった。
子ども達の笑顔も明るくてあどけなくて魅力的。
エマニュエル・リヴァという人、女優で、写真の腕もいいなんてうらやましい。

おまけに、ZARAと、行列が話題のH&Mにも(笑)。みんな銀座7丁目エリア!
H&Mは行列すらないけれど、中は混んでいて試着も出来ません。
欲しいものがあっても、レジに並ぶ気になりません。

H&Mは、商品の入れ替えが激しいというだけあって、
2週間前くらいに来たときには全然いい服がなかったのに、
今回みたら、あれもこれもいい♪みたいな。
服も、出会いなのね。
スポンサーサイト

なんと意外なクリスマス 

カテゴリ:今日のできごと

それは1週間ちょっと前の話、
お風呂に入る子どもを見送りながら、私は
「クリスマスの日の朝に枕元にプレゼントがあると、
子どもってすご~く喜ぶらしいよ」
と、それとなく夫に伝えた。

すると意外にも、「ほんと?」と本気になって、
プレゼントを準備し、クリスマスに備えた。

イブの夜、夫は子どもに「サンタさんは来るの?」とたずねると
「こないんじゃな~い?」という冷めた答え。

子どもが寝静まると、夫はポツリ。
「子どもはプレゼントがもらえない、って諦めているよ。
子どもたちに楽しみも持たせてやれないと思ったら、
ぼくは涙が出そうになった」

気持ちは分かる。

そういえば、

ちょっと前に、「サンタさんに欲しいものと、その理由を書こう!」というのを
子どもとやったときの息子の手紙…

「ボクはバッティング・セットが欲しいです。
なぜなら去年、頼んだのに、もらえなかったからです」

あっちゃー …でも爆笑でした。

まあ、理由としては、年末から1ヶ月くらいミャンマーに行ってたから
サンタさんは来なかったわけで。

で、今朝は、夫がツリーの下にプレゼントを並べておきました。

さて、今朝は、ツリーの下のプレゼントに気づいた子どもは大喜びで、
それらしいクリスマスの朝。

娘がサンタさん当てに書いたカードに、お菓子が添えてありました。
読んでみると…

「サンタさん、プレゼントありがとう。
※ ここにあるお菓子は、プレゼントと引き換えです」

だって…

サンタさんは見返りは期待してないよー あや、してるかな??

果たして今年のクリスマスは? 

カテゴリ:今日のできごと

あっという間に

クリスマスが間近に迫ってきました。

前も書いたかもしれませんが、
ミャンマーにはクリスマスを祝う習慣はありません(最近はときどき祝ったりする)。
そのため、クリスマスの朝、そっとプレゼントを子どもの枕元においておいて
「わあー!サンタさんからのプレゼントだー!」なんて
子どもを喜ばせたりすることに、夫は違和感を感じるわけです。

そういうのを知っているから、
内緒でプレゼントを用意しよう、なんてなかなかいい出せなくて、
どうしようか迷っているこのごろ。

この時期はママ友達と会うと、上の子も5年生とこともあって
「どう、またサンタさん信じてる?」なんて話になります。
で、まだ、信じている子が多いんですよねー。

おもしろいことに、
「ママのパソコン机においておくと、サンタさんがプレゼントをくれる」というのもあるし、
「ママがサンタさんから振込みしてもらったから、って
お店に行って買ってもらった」とか、なかなかみなさんユニーク。

それでもサンタがいると、信じているのって、かわいいもので、
なんとなく、遊び、として私も枕元に置きたいんだけど、
夫は
「親が買ってあげているのに、いもしないサンタに感謝するのは変だろう」という意見。

ああ、今年はどうしようかなー。

そういえば、夫婦でお互いにプレゼントを交換している人も少なくなくて、
うらやましい限り
クリスマスにプレゼント、なんてもう十数年頭になかったわっ。
これが生活よっ。

え、なに? さみしい? みんなしてるって?

人は人。自分は自分っ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。