スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母子手帳 

カテゴリ:今日のできごと

20081108181233
妊婦するともらえる母子手帳。
日本ではお馴染みですが、母子手帳は戦後1948年から始まった制度で、
予防接種以外にも配給の記録としても使われていたとか。
母子手帳の普及の成果もあってか
乳児死亡率はぐっと下がった。
今は自治体が発行しているものの、日本全国で97%のエリアで使われていて
利用者の満足度は87%。
私ももちろん使ったし、今も11歳の娘が予防接種を受けるのに使う。

その母子手帳が世界に広がって、
アジア各国で妊産婦や赤ちゃんの健康に役立っているのだという。

第6回国際母子手帳会議というのが
開催されていたので少し見に行った。
というのも母子手帳を採用してる国は
タイ、ベトナム、ラオスほか15か国あるのに
ミャンマーがはいっていないかったから。
出産の状態はよくないことを見聞きしてきたから
ミャンマーにも広まればいいとも思う。
とはいえ政権のことなどかあって
協力できないのだろうか。
タイやラオスの母子手帳は母子や食べ物(栄養)、乳児のお世話方法などが
カラーで紹介されていて
育児書のような使い方もできる。
一部の妊婦さんは土着の迷信を信じることで
母子の健康状態が悪くなることもなくはないので
こうした情報は利用価値はあると思う!
普及しはじめた国では母子手帳は貴重なものとして扱われるのに
日本では、慣れもあって当たり前のことと思われているのが残念だというパネリストの言葉が、うなづけた。

タイ、インドネシア、ベトナム、バングラディシュのパネリストが来ていたが
時間の都合で各国の発表は聞けなかったのが残念。
タイは母子手帳の普及とともにかなり乳幼児のケアが進んだということだった。

会場の最前列には秋篠宮妃殿下が♪はじめてリアルでお目にかかって、
なんだかうれしかった~!
スポンサーサイト

Tea Break  

カテゴリ:ミャンマーの食べ物

テーブルに片付けきらないお菓子や調味料を入れておくカゴがある。
暇に任せて覗いていたら(片付けろって、感じですよね~)、
出てきたのがミャンマーのティミックス。

DSCN3914.jpg


暇があれば、喫茶店で濃くて甘~い紅茶をすするのが大好きなミャンマーの人たちの、
ご家庭の上備品のようなものでしょうか。

これをカップに入れてお湯を注ぐだけで、
やや渋みのある甘い甘いインスタント紅茶ができあがります

ヤンゴンの夫の実家にいるときは、
お義母さんが毎朝このインスタントパック1つに、
砂糖大さじ1強、コンデンスミルク大さじ2強を入れて、
目覚めの紅茶を作ってくれたものです。
お義母さんがティミックスする紅茶は、いつもとてもおいしい。
(でもときどき薄すぎたりして・笑)

今日のティブレイクは、ミャンマーの香りと甘さに癒されます。

飲んだ後は、ちょっと歯が痛い


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。