スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ティボーから小石川後楽園へ 

カテゴリ:今日のできごと

4年ほど前にミャンマーのティボーという町で知り合ったイギリス人の女性が、
日本に遊びに来るたびに連絡をくれる。
旅先であった人と、また会うというのは、あまりないことだけれど、
なんとなく楽しい。今回は2回目で天気がよかったので、
日本庭園の小石川後楽園に誘った。

DSCN3808 小石川後楽園

私も初めて訪れたのだけど、平日なのに散歩をしている人が案外いた。
東京ドームで音楽のリハーサルをやっているのが、ゴンゴンという音が始終響いていた。

彼女は、イギリスの大学を出た後、日本へ来て英語を教えながら、
5年間、「命の電話」のボランティアし、その後、タイの村で
HIVの患者さんのケアに当る。そしてもっと人助けがしたいから、と
英国で看護師の免許を取得。今は、タイとミャンマーの国境で病院や、
子どもたちのケアにあたっている。
Neo Humanist Foundation

彼女の口癖は、
「私はすべてが十分。服もある、食べることもできる。あとは人の役にたちたい」
そういう彼女の話が、こころから出てるものだと伝わってきて、
うらやましい気持ちになる。

彼女は、イギリスもそうだけど、日本は格好に気を使いすぎる、と言っていた。
買っても買っても気持ちが満たされないみたい、って。
私も、そうだね~と。テレビや雑誌で、きれいな服や、バッグや、かっこいい仕事や、
かっこいいインテリアとか、そんなのばかりやってるから、
そうじゃないと、なんか「私、ダメな人間みたい」って感じちゃうって。

すると彼女は、笑って、「そうそうそう、私、全然大丈夫。
テレビないから。雑誌もみない。私はもう十分」と、また言った。

後楽園茶室blog

庭園を眺めながらお抹茶をいただく。

今彼女が滞在している場所は、タイのバンコクからバスで8時間くらいのSangklaburiという町。
家は、足元はコンクリートで、窓はがたがたして
水は突然止まると3日くらい来なくなるし、停電もめずらしくないというのだが
(ヤンゴンよりひどいかも…汗)
「周りを見ると水も、電気もない家がほとんどだから
自分の居場所は豪華絢爛」。

だから、まったく私たちは持ちすぎる、求めすぎる。
もちろん、生まれた場所も違えば、環境も違うから、比べることはできないけれど…
私も彼女の生き方に親近感が持てる。

ここにいると、人と比べて、うちはまだだめ、私はこんなんじゃダメ、恥かしい、
みっともない、情けない、そんなことばかり考えている。
上を見れば上があるし、下を見れば下がある。
だから比べることには意味がないとわかっているのに。

彼女の「もう十分」という言葉がずいぶん見にしみた。
スポンサーサイト

秋のアート 

カテゴリ:今日のできごと

ママ友だちの一人が、フラワーアレンジメントのプロで、
機会が合ったらアートフラワーの講習を受けてみたいと思っていた。
それがようやく叶って、秋のアレンジメントに挑戦。

artflower.jpg

どうですか、この秋色♪
我が家の中で唯一秋を感じさせる存在です。
ちょっと楽譜とか、電子ピアノがチラっと見えたりして、ここだけ見ると
超かっこいい~~♪ 

けど、この左側にはお菓子のかごがあったり、
電気のコードが絡まっていたり、
足元にランドセルが転がっていたり、ため息が出そうな現実があるのだけど…
ま、それは忘れて、
最近は、ピアノの練習をするたびに癒される毎日。

アートフラワーは、枯れないし、造花よりもリアルで、
花の柔らかなニュアンスが感じられるのが魅力。

実際1つ作ってみたら、ハロウィンにはかぼちゃを添えるとか、
クリスマスバージョンもほしいとか、
お正月バージョンも作ろうとか考えたりして。また楽しみが広がりました。

ハロウィンといえば、来月の末。

お友だちからのプレゼントに、我が家は一足先に盛り上がりました。

ハロウィン

かぼちゃのとってについてるスイッチを押すと
ぽよよよよ~っていう音がして、オバケが映し出されるグッズ。
(写真では白い光になってるけど…汗)

こうして、秋も少しずつ深まるこのごろ。蚊が少なくなって、
うちもようやく、夕方もお香をたかずに過ごせるようになりました。
ほっとひと息。



財布を忘れてブルーなサザエさん 

カテゴリ:今日のできごと

ついてないな。
アホなのである。

今朝夫を送り出して、
まだ子どもも起きてこないので
あわよくば二度寝♪と思いきや、電話。

「お金と免許証忘れたから持ってきて」との呼び出し。

ほぼパジャマのまま届けに行く。

わたしもよくやることだから、気持ちはわかる。
だから珍しくガミガミ言わずに届けて、見送る。

午後自分の仕事で出かけたら、
駅のエスカレーターで財布を忘れてたことにきづいた。

私には誰も財布を届けてくれないし。
こういうときに限って
雨だし
歩きにくい靴履いてたりして。
あー足、痛っ

今度バックごとにお財布入れておこうかな。「万が一財布」とか…。

はい、似たもの夫婦とはうちのことです(涙)。

皆さんそういうことありません?

食欲の秋、マッスルの秋 

カテゴリ:今日のできごと

友人からのうれしいお誘いで、
マッスルミュージカル夏公演+北斗の拳コラボ演目」を家族とお友だちとともに観に出かけました

いやこれがものすごい迫力で、120%楽しみました~!
TVでもおなじみの筋肉番付(?)のsasukeなんかに出て勝ち抜くマッスルマンが、
自分のからだを楽器にして、音楽を奏でる、というのがはじまりのミュージカル。
で、
みんな跳び箱を飛んだり、トランポリンをやったり、汗を流すのだろうか、と
思いきや、
オープニングには妖艶な花魁が客席の通路に登場し…
私たちは摩訶不思議な世界旅行にいざなわれるという設定になった。
訪れた場所は、まずは日本から、
ペルー、アルゼンチン、ブラジル、アフリカ、
アメリカ、メキシコ、フランス、オーストラリア、中国と、まあよりどりみどり。

まったく見せ場も盛りだくさんで、まさにスポーツエンターテイメント。
筋肉マンのイメージは、
あちこちのからだの筋肉をもりもりさせてポーズをさせるというイメージがありますが、
そんな時代ではないんですね、と思わされるステージでした。

弘道お兄さんやケイン・コスギはいませんでしたがいやいやなんのなんの
からだをぎゅっと絞りに絞ったいい男がいっぱいいるではありませんか。
もちろん女性も♪
それが舞台で、「きゃー、ここで1人失敗したら台無し~」みたいなショーをしているわけで、
90%は成功に終わるんだけど
ときどき失敗なんかもある。

ところがそれこそが見せ場で、スポーツマンらしいさわやかさ、というか、
潔さで、「よしっ、もいっかいいこう!」「いいぞっ、落ち着けっ」みたいな
空気が漂うわけですよ、舞台に。もうっ、たまりませんね。

いや、想像以上におもしろいショーでした。

私はファンになりました。お気に入りも見つけちゃいました。イヒヒ♪
サイトの出演者を見たら
お気に入りのお名前がわかりました~

脊戸田 英次さん、1983年2月10日生まれ、 172cm、64kg
この人に限って言えば、男子新体操で活躍した人で、
カイロプラクターというところに親近感を感じます(なぜか…)。

お友達は、濃いいところで、カルロスに
やはり南米の血は陽気で、サービス精神旺盛! 
笑わせてくれていましたよぉ。

一緒に妹は池谷 直樹さんに夢中に。

いけませんね、おばさんたちは、何を見ているんだか

(あ、ごめんなさい、おばさんなのは私だけ~~~~

スミマセン大変長くなりひとりで盛り上がりすぎました
でももし機会があったらご覧になってくださいね。損しませんよ~。

いや~今日はマッスルで癒されたし、観劇あとは
NHKのスタジオパークでささきいさおさんの生声を聞いたし、
スリランカフェスティバルでスパイスが効いたチキンカレーを食べておいしかったし、
大満足の1日でしたー。

夫ですか? 
そうなんですよ、あまり舞台を見に行くことがないので、
今日のマッスルは十二分に楽しんでいました。
TVで観ているスペクタクルが、目の前で繰り広げられているんですからね。
それに女性出演者たちは、なんだかケチらずに
こう、肢体をむき出しで踊ってくれていたので、うほうほしていたような…。
もうっすみません


洗濯物の区分けって難しい? 

カテゴリ:今日のできごと

いやいやもう朝夕には秋の風が気持ちいい季節になってしまいましたね。
1年が早いなぁ

この夏は夫の業界は不景気らしくて、夏の間も、家にいたりして、
洗濯物をしまったりするのも手伝ってくれる。

それはありがたいのだけど、
だんだん靴下がなくなるとか、洗ったはずの下着がない、といった事が起こる。

逆に靴下を履こうとしたら、小さい娘のだったとか、
娘の下着が、息子の下着と重ねてあったり…

夫が洗濯物を手伝ってくれるのは少なからずあることだから、
もう、どれが誰のか覚えてもいいころだと思うのだが、
これが、
覚えない。

確かに、大人の下着って、可愛い柄だったりすることもあるし、
コンパクトサイズで、伸縮性がある、というのもあるから、
小さくて子どものと間違えるかもしれないんだけど…
でも3度やれば、十分でしょう?

「区別ができない」のか、
「区別する気がない」のか。

ワタシは、区別する気がないのだと思う。
「手伝ってやってんだからあとはやれっ」と思っていると。
というのは、私の、考え方。

実際の彼の頭にはそんな意地悪な考えは、
まったくない。それも私はよく知ってる。

それでも、人が考えって勝手なもので、
私が思えば、そう見えてきて、一人カッカすることになる。

だから最近はもう誰のがどこにあるのかよくわからない状態。

でも見つけてわざわざ分けるのも、なんだか…。

え? 私がやりゃ、いいことだって? 
でもねぇー、やってくれるなら、きっちりやってもらいたいのに、と思って


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。