スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「年をとって嬉しかったこと」とは? 

カテゴリ:今日のできごと

同じアパートの住人に気の合うKおばさんがいる。

おととしご主人を亡くし、今はひとりでパートしながら、
お友だちとスキーに行ったり、趣味に興じて
忙しくしているそんなおばさんが、この前
「めまい病」という病気で倒れ、今は少しゆっくり家で過ごしている。
そんなKおばさんと立ち話をしていたら、

「会長を引き受けたんだって~? 偉いわね~。
みんな年寄りばかりだから助かるわよぉ。
私も手伝うことがあったらなんでもやるから言ってね」と激励を受けた。

なんだか
「若い人にお願い」って言われて怒ってたことが情けない気持ちに

それから、Kさん続けて…

「そうそう。こんなに年をとってからねすごくうれしいことがあったのよ
お宅のご主人が、この前、私ンところに来て言うのよ。
『あまり無理しないでくださいね。
ボクは夜はいつも家にいますから、
もし何かあったら声をかけてください。車もありますから
どこにでも送ってきますよ』って。
そんなこといってもらえるなんて、年とってよかった~って思ったのよぉ」

あとでそのことを夫に伝えると…

「へえ~そんなふうに喜んでくれたんだ。
ボクとしては普通のことだよ、本当の気持ちだし。
ミャンマーでは珍しくないよ、習慣みたいなものだよ」とサラリ。


日本にもそんな関係で付き合える人たち、たくさんいるのかもしれないけれど、
私はなんとなく遠慮したり、距離をおいてしまう。
「何かできることがあったら言ってください」って言っても
実際何ができるだろうと引けちゃうところもあったりして、
『夜はいつもいるし、車をいつでも出す』とか具体的に言えないよな、って。

彼の場合は、社交辞令って概念はない。手助けする、といったら、するのですね。
要領が悪くてバタバタしてるのをみると、「ただ使われてるだけじゃん」って私は思っても、
夫はへっちゃら。

ニコニコ喜んでくれているKさんをみていたら
なんだか、私もうれしい気持ちになった。
夫は、いいなぁ、うらやましいなと。

(仕事の締め切りが過ぎて、ちょっと余裕がある今日です)。

スポンサーサイト

自治会会長繰上げ就任!? 

カテゴリ:今日のできごと

先週の日曜日のこと。
奇数月におこなわれるアパートの階段掃除に、夫が出てくれたのはいいが、
帰ってきたらなんと、自治会長を引き受けてきた。
え~~~! 寝耳に水ー

今年の会長さんが、お母様の介護のため引越しをするので、
「お若い人にお願いしたい」と言われてOKしたのだという。

誰かがやらなければならないので、引き受けたのはしかたないが、
階段掃除に顔を合わせた人が言う
若い人にお願い」という文言が私は嫌い。

こういうときのおばさんたちって凄みがあって
にじり寄ってやれやれという態度に出る。
前に私も一度やられて、怖かった

毎日が忙しいのは年には関係ないし、
そもそもみんなパートや、趣味に飛び回っている人たちだし、
それにうちは、2年前に役員やったばかりだしっ。

夫も、「若いって言われてももう43なのに。って思ったけど
ほかの人は60歳、70歳なんだよなー」とあきらめモード。

さらにおととい引継ぎが終わったらこれはどうするあれはやってくれる?
みんな自分の仕事を人に回そうとばかりにやってくる。

顔見て話すと、みんな私より年上なので
つい親切心から了承してしまい、結局やることが二つ増え、三つ増え…。

そんでもって
「ボクがやるから大丈夫」と言っていた夫は結局毎日仕事で、
庶務をおこなうのは全部ワタシですっ

でも自治会役員会出席は夫の役目。なんでもおばさんの中に男一人だそうで、
モテモテだと、ほくほくしている夫。
しかし、相手はおばさんとはいえ、母国語ではない言葉で
役員会を進めていると思うと、すごいもんだと思う。

でも、
「半分くらいの内容はよくわからない」と言っていた。
それで会長って済むのかしら?

偉大な作曲家を身近に感じた夜 

カテゴリ:今日のできごと

「のだめカンタービレ」の千秋や「神童」ののピアノの吹き替えなどで
活躍するピアニスト清塚信也さんのコンサートに行った。

ピアノのコンサート、というと、どうしてもかしこまってしまって、
咳をするのもはばかられ、曲を理解するのも「むずかしい」なんて
思うので、なかなか足を運びにくいのが、本音。
でも、彼のコンサートはとても笑いあり、感動あり、豆知識ゲットあり、と
充実し、楽しかった。

ショパンは、身長170センチで体重は50kgにも満たず、病気がちで、
シャイだったこと。
同時代のライバルのリストは、巨漢で、女好きで、
指がドから12こ先の鍵盤のソまで届く巨大な手の持ち主だったこと…など
偉大な作曲家の物語をまるでゴールデンタイムのドラマのあらすじでも見るように
おもしろおかしく聞かせてくれ、演奏する曲に込められた
作曲家の気持ちや、曲が作られたころの時代背景を身近に感じながら
曲に耳を傾けた。

クラシックに疎い私のようなものだと、こういうのが、とてもうれしい。
これから聴く曲の雰囲気が身近に感じられるから。
ウィットに富んだ話にもグイグイ引き込まれた。

今日のコンサートは、
私と子どもがお世話になっているピアノの先生の計らいで
ピアノを弾く手の動きやペダルを踏む足の動きなどもよく見える席でみることができた。
お誘いを受けたときにも「追っかけがいるのでいい席は即売り切れ」とお聞きしていたが、
納得しました!! 私も、ブログをリンクしちゃおう♪





夫が私に言わなかったこと 

カテゴリ:今日のできごと

夫の占い好きを笑っておいてなんだが、
私も身のふりようを考える参考として、友達の紹介で占いの先生を紹介してもらった。

この先生の占いは、四柱推命、算命学、気学、風水ほかさまざまな占術を合わせたものだが、
それはすべてではなくて、毎日私たちが考えて、行動して、選ぶことで、結果は変わってくるという。
だから、例えば夫が「お金持ちになる」と運勢に出ていても、
そこにいたるまで種をまいて、努力しないと、実らないということ。

意外だったのは、夫がミャンマーで聞いてきた話と、
先生から聞いた話にはずいぶん同じ点が多かったことだ。

たとえば
・私たち夫婦は、誕生日が近いせいなのか(?)とても考え方や行動パターンが似ていて、
似ているから摩擦がおきる。でも離婚はしない。
だから離れて、少しの接点を持って暮らすのも悪くない。
・子供は2人。ミャンマーでも子供は2人、といわれ続けて、
もし可能なら3人目を、と思う私たちの気持ちは納得いかないところもあったのだが、
四柱推命には、夫も私にも、男の子、女の子一人ずつ、出ているという。

さらに、意表をつかれこと。それは、
なんと夫には、先生いわく「淫靡に輝く星がある」ということ。だから、
彼を好きになる女性の存在が見える、ということなのである。
だから離れるのはいいけれど、野放しにしてはいけないと、釘を刺された。

この話を帰ってから夫にすると、
「ミャンマーでも言われたよ。でも絶対ないと思ったから言わなかったんだ」。

なんと、あんなにベラベラ喋り捲る夫が、このことは私に伏せていた。
後ろめたいことでもあるのか。そして

「でもそういうことはあるんだよ。ぼくが昔の彼女とつきあっているとき、
もうひとりぼくをすごく好きだっていう子がいて、ちょっとかわいそうだった。
その子はまだ独身らしいけど」

しかし続けて
「でも、向こうが好きになることはあっても、ボクにはない」(←こういうところが単細胞

でもなんらかの思惑があって、私に黙っていたことがあった、というのが、
意外だったし、おもしろい、と思うところだった。

なんとなく、いろいろすっきりしたし
反省して姿勢を正さなければいけないことも、改めて考えた。

毎日の暮らしかたも、話すことば一つも、全部選び方ひとつ。
一人ひとりの選択は、家族や周りにじわじわと影響を与えるから、
もちろん、よりよい選択をしていきたい、という気持ちにはうそはない。

こんな思、三日坊主にならないように、どこかに書いて貼くのがいいんだろうけど。


履くズボンがなくなるぅ 

カテゴリ:今日のできごと

ミャンマーから帰ってきて早2ヶ月以上が過ぎ、
料理もまたまんねりの、和なのか、洋なのか、中なのかわからないものの
繰り返しになってきた。

それでも変わっていないのが私の体重。

これまで家で履いていてリラックスできたパンツ類が、
どれも苦しいのである。ベルトがなければはけなかったスラックスも、
ベルトなしでバッチリ履けるのは、いいこと、ではないっ。

恐る恐る体重計にのってみたら、おそろっしや~ぁおそろしやぁ
去年末から+3キロっ!

これまで、ミャンマーに行って5キロ6キロ太ったことはあっても、
帰国すると忙しくてすぐ元に戻っていたんだけど…こ、今回は…。
新陳代謝が悪くなったせいか、食欲にあわせて食べているせいか。

きつくなったジーパンを履いているとおなかが痛くなってくるし、
ジャージだと、宅急便やさんとか来ると恥ずかしいし、もうっ!



占いが当たれば、別離!? 

カテゴリ:夫婦生活

冬にミャンマーに行ったとき、恒例のように夫は占いに足を運んだ。

大切なことを占いに頼るお国柄ということもあり、
夫もかなり占い頼り。
「今年からは運がよくなる、将来的にお金持ちになる」と言われて、
浮かれていた。

が、「ん?」と思ったのは、次の先生の言葉。
伴侶とは、性格も似ていて、相性も悪くないが、
一緒にいると4月ごろに分かれる可能性がある。離れて暮らすと、長く続く

といわれたそうである。伴侶、って「私」。

私は、それはあたりかも、と感じた。
そして今、

このごろ特に、耐え難いと感じるくだらないことが続発している。
もうまもなく4月、だし、もうデッドゾーンに足を踏み込んでいるのかもしれない。

どんなことか、ってもちろんそれはすごくくだらないこと。
「国際結婚」を理由にしたものではまったくなくて、
だけど、くだらないことって、性分の域なので(?)耐え難い。

でもそうなると、
つい、ケンケンキャンキャン指示が多くなり、でも、そんな姿を見せていると
子どもが父親を大事に思わなくなるからいけない、と思っても、
やっぱり耐えられず、自己嫌悪のどうどうめぐり。

だから、やはり離れて住むと長続きするという占いは当たりか。

ストレスフリーになるし、まず遠くにいれば思いやれるというものだ。

…と悩む女性は私だけではないのね。
ちょっと古いけどこんな記事がありました→日本経済新聞 夕刊 社会面
ああ。先立つものもなし。
日ごろの精進が必要ということなのでしょうか。



アジアの料理と歌声と 

カテゴリ:今日のできごと

アジアの料理とダンスや歌を楽しむイベントに足を運んだ。
知り合いから教えてもらった会で、参加費が大人1000円、子ども500円となっていて、
入ると、ミャンマー、バングラディシュ、フィリピン、中国の料理のバイキング、
プラス各国の芸能を楽しむものだった。

会場は、区民施設のワンフロアの一室を借りていて、
事務所机を2個ずつくっつけてテーブルクロスをかけて料理を並べられていた。

フィリピンの若者のヒップホップ、
ミャンマーのバガン時代の踊りを再現したのは、ミンガラードー舞踊団の男性踊り手だった。
地元のグループか、日本の見世物としてはヨサコイ音頭が披露された。

DSCN3309-.jpg


なかでも参加者を釘付けにして、ステージのあとに複数のファンに囲まれたのが
フィリピンのフォーク歌手Lahing Kayumanggi

DSCN3323-.jpg

もともとミンダナオの教会で歌っていて、日本にもコンサートなどで招聘された
グループとか。
伸びるような歌声と、内容は分からないのだけど胸に染み入るノスタルジックなハーモニーが
魅力的だった。たまにチャリティーで歌っているというので、次回が楽しみになった!!

このイベントは、アジア諸国の在日の人々の滞在を支援するAPFS(Asian People's Friendship Society)によるもので、日本人と在日の人たちとが
お互いに協力し合っていい暮らしを目指そうというものらしい。

今回は、板橋区在住のミャンマー、バングラディシュ、フィリピン、中国の人々や、
近隣の住民が、一緒に楽しんでいるようだった。会の主旨のとおり、みんな本当に楽しそうで、
アットホームなパーティのような雰囲気で、いいな、と思った。

うちの地域にも、ミャンマー人はもちろん、タイ人や中国人、インド人も多いので、
できればいいな、思うんだけどな。


結婚おめでとう♪ 

カテゴリ:今日のできごと

ミャンマーから来て、もう4~5年、
日本語の学校へ行きながらまぢめに仕事をしてきたいとこのMちゃんが、
婚約者の就職が決まったこともあって、
結婚し、彼の住む地方に構えた新居に越すことになった。

その前に、結婚お披露目のパーティが催されて
親しい親族や友人が集まった。こぢんまりとした手作り感のあるパーティで、
若い二人にぴったりの明るくあたたかいムードがいっぱいであった。

夫の、いとこにあたるMちゃんへのはなむけの言葉は、
「夫婦円満の秘訣はお互いにほめあうことだゾ」であった。
「いつも奥さんをほめて、
奥さんはいつもだんなさんをほめていればうまくいくよ」

人は、自分がしていなくても、人には「そうしなさいよ」と言えるのである。
あるいは、彼女たちに言いながら、私にも言っていたのかもしれないな

私は、かわいいかわいいMちゃんと別れがたく、
目じりが下がった幸せそうなだんなさんに、
「Mちゃんをよろしくお願いしますね」と言うと、
「ダイジョブです。大事にします。
イジメラレルのは、いつもボクです」なんて幸せそうに笑った。

明日からのハートが舞い飛ぶような新婚生活が目に浮かぶようだった。






PMSのとき言っちゃいけない「気のせいよ」 

カテゴリ:PMS・更年期障害

生理前になるとイライラする、夫や子どもに当り散らす、など、
人から見ればただのわがままに見えてしまうPMSだが、
これは、「自分が月経前症候群だから、しかたがない」と思って
2週間なり1週間なり耐えられるのと、
「私、頭がおかしいんじゃないか?」と考えて、切れてしまうのとは、
ずいぶん危険度が違う。

婦人科の先生に教えてもらったことだが、
PMSは、最近ずいぶん女性に知られるようになって、
イライラがPMSのせいだ、と自覚して、生活改善や薬で症状を和らげて
イライラ期をやりすごす人も少なくない一方で、
10代から20代後半の女性では、特に、子どもの体から大人に変わる時期の
女の子たちは、
彼氏と激しく喧嘩してしまって自己嫌悪になってしまったり、
自分の顔や性格のいやなところにこだわって悩んでしまったり、
摂食障害になって苦しんだりして、自分を傷つけてしまうとか。

PMSはコーヒーをやめれば軽くなるわ~なんて喜んでいた
自分が情けなく感じてしまった。

基礎体温表などをつけて、自分のイライラ度や、
気分や、身体的な不快感をメモしていくことで、
それが生理前に周期的に現れていればPMS、
そうでなければ、PMS以外のトラブルが隠れていることになる。

お医者さんが気をつけていることは、
PMSが疑われる場合、「気のせいよ」と帰さないことだという。
軽い症状である場合も、軽い安定剤、それがたとえビタミンの類だとしても、
出してあげることで、彼女の救いになるのだという。

私も、娘がそんなふうな症状を訴えたとき、「気のせいよ」って言わないように
注意しないといけないな。案外言っちゃいそうで、怖い。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。